初デートするのか?だったら俺の失敗談を活かしてくれ……

初デートの失敗談教えますので参考にしてください

いよいよ意中の女性と初デートがきまりました。
とても楽しみだし緊張もするし、気合いも入ってつい受かれてしまいますね。

しかし、初デートには色んな罠が待ち受けています。
罠というとオーバーかもしれませんが、それだけ予定外のことが起こることがあるのです。私もそれで上手くいかなかったことがありました。
せっかく楽しみにして色々と考えていたのに、結果的にはその女性とは疎遠になってしまう始末です。

皆さんはそんなことにはなりたくないですよね。せっかくのデートなので失敗には終わりたくないものです。

次のデートに繋げるために、そしてもっと距離を近づけるために注意するべきこと。私自信の失敗談を教えますので参考にして生かしてください。

お金はなるべく多目に持っていこう

初デートで一番やってはいけないことはお金の問題です。
ある程度のプランを決めて、これだけのお金があれば大丈夫だろうと予想をたてると思いますが、以外にその通りにはいかないことあるのです。

思いもよらないところで出費があったり、女性が違うところに寄りたいと言い出すかもしれません。食事が思ったよりも高かったり、予想外のことはよく起こります。
そんなときに私の財布は途中で尽きてしまいました。。。

デート代は全額持つつもりでいたのに、最終的には女性にも出してもらうことになってしまい。
こうなると男としてはカッコ悪いとしか言えません。自分で店を選んでおいてお金が足りないって恥ずかしいものです。

ですのでお金はこれでもかというくらい用意しておくべきです。



それは全然オシャレとは言えない

初デートとなるとどんな服を着ていくかも考えますよね。自分のなかでのオシャレ服を探して用意までしていったのに、なんとなく彼女の反応がずっと微妙だったりなんてこともあります。

そうなんです、自分ではオシャレだと思っていても、それは世間的にはオシャレではなかったというパターンです。私もそれで失敗しました。

初デートの後の連絡もなく、こっちからしたらそっけない返事が返ってきてしまいまして。
彼女からは何も言ってこなかったので気になったので、僕はこの事を友達に聞いてみました。

なんか落ち度ある?

そうしたら最初に言われたのが「もしかしてその服でデートした?」と。

そうだよと答えたら、それはまずいと返ってきまして。
オシャレは他人に判断してもらった方が良いです。

スキンシップはさりげないくらいで

初デートは色々と感情が高まってくるものです。楽しい時間を過ごしていると相手の女性ともっと距離を縮めたいと思いますよね。
そんな気持ちが先走ってしまい女性にスキンシップをとってしまうこともあるでしょう。

しかしそれはとても危険な行為となります。

私の苦い経験で、彼女は私に気があるだろうと勘違いしてしまい、結構なスキンシップをしてしまいました。その時は彼女は何も言ってませんでしたが、次のデートは無くなってしまいました。

そのスキンシップは彼女にとっては迷惑だったし、私のことをただの遊び人と判断してしまったようです。

このようにスキンシップをとりたい気持ちもわかりますが、あまり派手にやることは失敗に繋がるので、やるとしてもさりげなくくらいに抑えておきましょう。

ホテルに誘うのは早すぎる

初デートでの失敗談としてもっともたくさんの方が陥りやすいのは、ホテルに誘うことです。
楽しい一日を過ごしてしまうとなおさらなのですが、やはり最後に決めたいという感情も出てきますよね。

そして最高に近づきたいと考えてしまいます。
しかしそれはとても大きな博打であり、できる限りそれはやめた方が良いでしょう。初デートだからこそそこは我慢が必要です。

私の経験ではいい初デートで感じになりホテルに行くことを提案したら「そんなつもりじゃなかった」と完全に嫌われたこともあります。
そしてホテルに誘えたとしても、結果的にはそれが目的だったのかと思われ、結局次には繋がらなかったのです。

結局は紳士的な行動がベスト

初デートの注意点を私の失敗談を含めて説明してきました。
男として初デートは決めたいがための気持ちが強くなり、飛ばしすぎてしまうこともあります。

結果的には紳士的な行動がベストなのです。
それに勝るものはないでしょう。

下心を持ってしまう気持ちもわかりますが、私の経験では初デートで下心を出して上手くいった試しがありません。初デートはとにかく大事な行事なので、色んな人に協力を得てでも上手く行くようにしましょう。

お金の面もオシャレでも、周りの人の意見を聞くことも大事です。
意中の女性との関係を良好にするためにも、初デートにはこれ以上はないくらいの気持ちを注ぎ込んでも良いです。

よろしければ私の失敗談を参考にして望んでみてください。