初デートで女が遅刻!気にやませない男の対応

初デートで女性が遅刻?!本人以上に気になってしまう男心とは

とうとうやってきた気になる女性との初デート。

しかし、待ち合わせ時間になっても彼女の姿は見えず、なんと女性がまさかの遅刻をしてしまいそうなのです。

こんな時、男性は待たされてげんなりというよりも、こちらを待たせていることに焦っているであろう女性の気持ちが気になって心配になってしまうことでしょう。

それなら女性が来るのをただ待つのではなく、どんな表情や態度で迎えてあげると相手が気にやまずにすむのかを考える時間にしてみませんか?

それこそが神対応ともいえる男性からの優しさであり、気にやむ女性にやってあげるべき紳士的な振る舞いです。

女性のミスをきっかけに自分のポイントアップ&イメージアップにも繋げてみてください。

「オレも今来たところだよ」が定番文句

女性が待ち合わせに遅刻して来た時の男性の定番文句と言えば「オレも今来たところだよ」ではないでしょうか。

例えば待ち合わせ時間から15分遅刻して到着した場合、女性は男性を少なくとも15分以上は待たせてしまったと想像します。

しかし、「オレも今来たところだよ」と言われると「彼もちょっとだけ遅れて来たのかしら?」となり、「それならそんなに気にしなくてもいいのかな…」と少しだけ都合よく考えることができます。

どの女性もこんなずるい考え方をするとは言えませんが、中には図々しく「お互い様ね!」と思える女性もいるかもしれません。

遅刻してしまったことを気にやんで元気がなくなってしまうくらいなら、少しくらい自分が我慢して「今来たところ」としてあげるのも優しさではないでしょうか。

ニコニコ笑顔で「会えたんだしもういーじゃん!」

遅刻してきた女性は深刻な表情で「ごめんなさい!」と謝ってくるでしょう。
その時に男性がしてあげるべきなのは笑顔で迎えてあげることです。

そして「会えたんだしもういーじゃん!」と遅刻してしまったことを早々に水に流してあげましょう。

「ぜんぜんよくないよ!」といつまでも反省した態度を見せてくることもありますが、それでも根気強く笑顔と明るい言葉を心がけましょう。

「しつこいよ」と叱りつけてしまうとますます落ち込んでしまうこともあるため、あくまでも明るく対応してあげることが大切です。

態度や表情で会えた喜びをしっかり伝えてあげながら、景色やこの後の予定などに話題を変えてさっさと初デートをスタートさせてあげましょう。

勘違い発言で笑いをとって空気を和やかに

遅刻を気にして落ち込む女性を元気にするためなら男性はピエロになる必要があるかもしれません。

「そんなに洋服選びで悩んじゃった?」とか「ドキドキして前の日眠れなかったの?」なんていたずらな勘違い発言で笑いをとり、空気を和やかにしてあげましょう。

真面目な女性の場合は「ふざけないでよ!」とむっとされてしまう可能性もありますが、もし冗談が通じないようであれば「冗談だよ。気にしないでほしかったんだ」と優しくささやいてあげてください。

いつまでも冗談で返しているとギクシャクしてしまうので早めの判断が大切です。

また、冗談だよと明かす時はとびきり優しく&ちょっとドキッとするような距離感で。

待たせてしまったドキドキを恋心のドキドキに変えてあげるのもいいのではないでしょうか。

早めにラインをして立ち読みしながら待つ

待ち合わせの時間になっても女性が現れないのであれば、そのままじっと待つのではなく一度ラインを送ってみてください。

そして「○○で立ち読みしてるね!」と伝えましょう。
女性は慌てているのですぐにラインを見てくれないかもしれませんが、待ち合わせ場所に着いて相手がいないとスマホを確認するはずです。

そして、立ち読みしているとわかった時に「ただじっと待たせていたんじゃなくてよかった…」と思ってくれるのではないでしょうか。

近くのコンビニや書店、本コーナーなどで立ち読みしながら女性をのんびり待ってあげることで意識せずともイライラせずに済みます。

その方がその後のデートもギクシャクせずに過ごせるのではないでしょうか。

焦る女性の気持ちを想像し、男の余裕で迎えてあげましょう!

デートに遅刻してしまうなんて誰にとっても焦ってしまうような非常事態です。

それが初デートとなるとなおさら、女性は自己嫌悪で待ち合わせに向かう足も重くなってしまうことでしょう。

そんな女性の気持ちをまずは想像してあげるべきです。
残酷な対応をしてしまうと今後自分が同じようなミスをした時に困ってしまいますし、案外小さい男だと思われてがっかりされてしまいます。

女性が気にやまないような男の対応を見せてさらに男を上げてみせましょう!女性が遅刻したということよりもどうやって神対応を見せるかに頭を使っているうちに、遅刻なんて気にならなくなるはずです。

気にしていないフリをするだけではなく、実際に気にならなくなるような配慮が大切なのです。