初デート満足してたらその後連絡ない……ちゃんと余韻をもたせないと!

初デートで終わらせずに次につなげるために

初デートが盛り上がり楽しいなと感じた時には、あなたは彼女とのデートは大成功だったと思い、次も当然二人でデートしてくれるだろうという気持ちになるでしょう。

しかしその後彼女から連絡がなく、こっちから連絡をしても返信がなかったり、そっけなかったりした場合には、そこで初デートが失敗だったかもしれないと初めて気づくことになるのです。

初デートで楽しく盛り上がっていることは大事なのですが、自分が楽しんでいるだけではないのか?彼女は楽しんでいるのか?このデートをどう感じたのか?など

相手を気遣って次につなげようという配慮をすることが大事です。
初デートで余韻を持たせて、次のデートにつなげるためにはどうしたら良いのでしょうか?

初デート中に彼女の気持ちを尊重する

初デートはとにかく楽しく盛り上げて良いムードにしたいと張り切ってしまうものです。しかし自分の気持ちで先走ってしまうのではなく、彼女が楽しめているのかというところに心配りをすることが大事です。

歩きでの移動が多い場合には「大丈夫?疲れていたらお茶でもして休もうか?」と声をかけてみたり、「帰りは遅くなりすぎない方が良いね。何時ぐらいなら大丈夫?」など彼女を気にかけた言動をするようにしましょう。

彼女を楽しませたい、気遣っているという気持ちが伝わると、彼女の方はこの人となら次のデートも楽しめそうだな、安心してデートができそうだなという風に好印象を抱きます。

そして次のデートに誘った時にも、抵抗なく応じてくれることが期待できます。

一緒にいて楽しい、嬉しいという気持ちを伝える

あなたの側が彼女に楽しんでもらえているのだろうか?と不安に思うのと同じように、彼女の側もあなたは楽しめているのかな?と気にかけて心配している場合があります。

「一緒に○○に来れて良かった」「今日一緒に過ごせているのが本当に楽しい」「来てくれてありがとう」など彼女とのデートを楽しみにしていた、デート中も楽しんでいるという気持ちを伝えるようにしましょう。

そうすることで彼女は余計なことを心配せずにデートを楽しむことができますし、自分との時間を楽しく過ごしてくれ、デートを喜んでくれているあなたともっとデートしてみたいなという気持ちになります。

ストレートに気持ちを表現するのは照れくさい、恥ずかしいから苦手という人も、初デートの時は頑張ってみてください。

初デートの時に次につなげる話をしておく

初デートが終わってしばらくしてからデートの誘いをするよりも、初デートの時に次のデートの話をしておく方が、彼女はその心づもりをしてくれますしデートに誘った時に応じてくれる可能性が高くなります。

デートの時に彼女がどんな場所が好きか、何をするのが好きかについてリサーチして、「今度○○に一緒に行ってみない?」など彼女が喜びそうなプランを提案してみてください。

彼女の好みを反映した誘いであれば食いついてきてくれるでしょうし、二回目のデートにつながったら、お付き合いに対して脈ありな可能性が高まります。

初デートの今だけに集中するのではなく、この先にどうしたらお付き合いまでつなげていけるかということを考えて行動していくことが大事です。

初デートではある程度の距離感を保つ

気になる彼女とデートができると舞い上がってしまって、一気に距離を縮めたいと思うこともあるでしょう。

しかし女性の方は最初のデートから、相手の男性がキスをしようとしてきたり、遅くまで一緒にいて体の関係まで持つ気があるなと思うと、引いてしまうことが多いです。

初デートで特別な関係になりたい、距離を縮めたいという気持ちはわかりますが、あまりがつがつしていると、警戒されてその先につながらなくなってしまいます。

彼女の方が初デートは楽しかったな、もっと会いたいなと思うところにとどめておき、あまり初デートで踏み込み過ぎないことが大事です。

少し早目の時間に切り上げて、もう少し一緒にいたかったなと彼女に思わせるぐらいがちょうど良いです。

初デートでの言動が次に大きく関わります

初デートが楽しかったと感じているのは自分だけではないか?彼女も楽しめているか?と考える余裕を持って、彼女を尊重したデートになるように気を配ってください。

そうした気遣いが彼女に伝わると、彼女はあなたと次もデートしてみたいなという気持ちになってくれます。
初デートの時にあまり急に進展させようとせずに、少し余韻を持って終わるぐらいで良いという気持ちで臨み、気長に距離を縮めていこうと思ってみてください。

初デートが終わった後には、「今日は楽しかった。また会うのを楽しみにしているね。」というお礼の連絡をすることも大事です。

そういった誠実な対応を積み重ねることによって、この人は自分に対して本気なんだなと思い、彼女の方も安心して心を開いてくれます。