初デートから脈ありにこぎつけるための手っ取り早い方法

初デートから脈ありの二枚目デートに進むコツ

本来は初デートに漕ぎ付けるまでなかなか難しいものです。

でも友人からの紹介など、信頼できる相手から紹介されたとき簡単に二人でデートをしますよね。

つまり初デートを簡単にクリアした二人は、二回目のデートを約束する関係になりにくいと言えます。

なぜなら、他人本願で出会いを果たしてデートまで行ったのですから当然そのあと自力で関係を構築しなければいけないのです。

ほとんどのケースでは他人からの紹介ということもあり、二回目のデートの約束率は低いです。

でもうまくいく場合があります。

それはというと、どちらかがリーダーシップをとる場合です。

ご縁から脈ありに導く意志とは

初デートで出会った二人が脈ありになるにはお互いの成熟度も必要です。

例えば、女性は男性の印象をこんなふうに思いました。

彼はかなり仕事で疲れている。

それに出会いに対しても主体的ではない。

ノリが悪いし何も感じないと。

それでも彼女は、せっかく信頼できる人から紹介されたご縁だし、一度会っただけでは彼の良さがわからないから二回目も会おうと決断したのです。

彼女の意思が脈ありに導いたポイントです。

太宰治の言葉には、恋愛は意志だといういうな格言が残されています。

まさに女性が意志で彼とのご縁を脈ありにしたという瞬間だったのです。

好きと暗示をかけてしまおう

初デートでは相手のいろいろな部分が見えてきますし、楽しかったかどうかもまた相手に通じてしまうものです。

でも初デートで二人きりになったのであれば、いかなるようにも楽しめます。

強いていえば本当はいやいや出向いたとか、嫌な縁談だったというカミングアウトもお互い様ならあり得るのです。

本音を告白しあい、意外と気があうと判断したカップルが成婚するということはよくあります。

初デートで猫をかぶらないということです。

あるいは相手に本性を合わせてみると気があうかもしれません。

ここまでは真面目に初デートの心構えをまとめました。

いきなりホテルを利用してしまおう

男性の中には初デートでさっそく、女性にホテルに行こうよ。

と誘ってくる人がいますが、女性としたら流されてしまう方が相手の気持ちをつまむことができると考えてしまうものです。

中身は真面目すぎてホテルの前のストリートさえ歩かせないような男もいますが、だいたい初デートでホテルに行ってもいいかなという気分になりますよね。

体から始まる恋ということもあるし、初デートでホテルに入れば二回目は確実にあります。

二人の関係がセフレという関係性に終わるの可能性もありますが、女性側には脈ができることは確かです。

例外があるとすれば特異な性癖でもない限りですが。

キスは脈ありにする簡単な媚薬

男性にとってのキスは心地よいものですよね。

初デートでキスはいきなりですが、ホテルを利用するならもうキスもしておきましょう。

例えば、ホテルに入ってから今日は初デートだからキスして手をつないで寝るだけよ。

というデートプランとキスも体の関係も許してしまうプランでは後者の方が脈ができやすいですよね。

できれば相手を夢中にさせるテクニックがあればなおいいでしょう。

体の相性は早くから確認しておいた方がいいし、相性が悪ければまたあとあと悩むことにもつながります。

だから、早くから見極めておいた方がいいということなのです。

買い物三昧で脈ありをみちびこう

女性を初デートで脈あり女性に変えてしまう方法は何かというと、買い物です。

プレゼントでもいいですが、欲しいものを贈ることで脈が生まれやすくなります。

女性がリクエストするものを買ってあげればご機嫌ですし、あとは美味しい食事を食べれば満足します。

・欲しいものをリクエストすること
・美味しいものを食べること
例えば、女性が知らないビストロに連れて行ってあげるとか、欲しいアクセサリーやバッグを購入してあげるなどです。

そして割高なものであることがポイントです。

某大手海外ブランドのバッグとか、アクセサリーなどを買ってもらうともう相手は脈あり間違いないでしょう。