初デート、ドタキャンされても冷たくしちゃだめ!次は行きたいと思わせる返事とは

初デートをドタキャンされたらショックなのはわかるが

初デートを練りに練って、当日を迎える前にドタキャンされてしまうこともあります。

男性としてはそういったことをされると非常にショックということが言えると思いますけど、そういったことがあっても次のことを考えるならば、冷たく当たってはいけないのです。

ドタキャンをした子とまたデートがしたいと思うならば、ドタキャンを告げられたときの返事にもちゃんと気を遣って、次につなげていかないといけないということになります。

ドタキャンをした子もそれなりの事情があったと思いますから、そういったところを理解してあげて、そのうえで対応をするということが重要なのですが、次は絶対にドタキャンさせないようにするにはどのような配慮をすると良いのでしょうか?

今回よりも次のデートはさらに楽しい内容にする

今回企画していた初デート内容について、ある程度は彼女も知っていたと思いますが、それよりもさらに楽しい内容を考えておくと、だから次は絶対にデートをしようねということを言っておくと良いのではないでしょうか?
ドタキャンされてしまった理由についてはいろいろとあると思いますが、内容がより魅力的であればドタキャンを防げたかもしれないのです。

だから、今回のデートだってそれなりに楽しい内容を考えていたはずですが、次はパワーアップして、さらに楽しいデートにするからという、期待を持たせておくということは重要ではないでしょうか?

美味しいお店を選んでおいたことを告げる

初デートをドタキャンされてしまったときには、彼女がドタキャンしたことを後悔するような、そういった内容の返事をするというのもおすすめです。

例えば、今回予約していたお店はすごい美味しいお店で、なかなか予約がとれなかったみたいな感じで、このチャンスを逃したことがもったいなかったのではないか?と思わせるのです。

そういったお店をわざわざ見つけてくれていたならば、この人とデートをすればかなり期待が持てるお店に行けると、そこで美味しい食事ができると、そういう思いになる可能性があり、次は行ってみたいと思ってくれる可能性が高まると思うのです。

こちら側がデートをしたかったという気持ちをとにかく伝える

初デートをドタキャンされてしまったときには、自分がどれだけデートを今回したかったか?という部分を伝えると良いでしょう。

相手を悪い気にさせるような、罪悪感を感じさせるような伝え方ではなく、自分とのデートをそんなに楽しみにしてくれていたの?と思わせるような伝え方が良いと思いますけど。

そういったことを伝えれば、それだけ楽しみにしてくれていたならば、その気持ちに応えないといけないと思ってくれる可能性があります。

こちらの気持ちに応えたいと思わせるような返事をするというのがポイントになりますから、そういったテクニックも知っておいてほしいと思います。

ドタキャンされたことを残念がりながら彼女の褒める

初デートをドタキャンされると、当然ながら男性はショックですが、そのショックな気持ちを伝えつつも、彼女のことを褒めると向こうも多少気分がよくなる可能性があるのです。

例えば、〇〇ちゃんのあのキュートな笑顔が見たかったのに、すごい残念だみたいな感じで、デートに行けなかったことを悔しがりながら、彼女の何かを褒めてあげると、彼女としては自分のことをそんな風に思ってくれていたんだ?と、印象がちょっと変わるでしょう。

それに褒められると気分が良くなるので、次はデートしてみたい、してあげたいと思えるのではないでしょうか?

ドタキャンをされても怒ってはいけない

初デートをドタキャンされるというのは気分が良いものではありませんが、そこで怒ってしまうと次がないという状況になりかねません。

ドタキャンされたことを怒るような返事をすると、彼女としては次のデートに行きたくなくなってしまう可能性が高くなります。

だから、彼女とまたデートをしたいと思っているならば、それなりの優しい返事を考えていかないといけないのです。

怒っている雰囲気は出さずに、彼女が今度は行きたいと思えるような、期待させつつ、彼女の気分を良くすることができるような内容にしていくと良いのではないか?と思います。