初デートでバイキングはせこいと思われる?20代〜30代の女性に聞いてみました!

初デートからバイキングは女性の印象がよくないのか?

バイキングというのは一定の料金の中で好きなものを好きなだけ食べられるので、食事としてはメリットは感じられる可能性があります。

しかし、バイキングそれ自体に魅力があっても、それをデートスポットとして選ぶ場合にはまた話が違ってくるのです。

特に初デートからそういった場所を選ぶというのは、女性の印象としてはあまりよくないという声が聞こえます。

一般的に言えば、初デートの食事をする場所としてバイキング形式のお店というのは、男性にとっては気にならないかもしれませんけど、女性はデートとして訪れるべき場所ではないと考えている人が多くいます。

その本音の理由としてはどういったものがあるのか?知っておきましょう。

バイキングは食べることに夢中になってしまう

バイキングというのは支払った料金以上に食べて、得をするということを本能的に全員が目指してしまいがちなので、どうしても食べることに夢中になってしまいます。

つまり、デートとして訪れたのに、お互いが食べることに夢中になり、もはやデートであることを忘れているみたいな状況があり得ます。

そうなると、2人で来た意味がないので、もっとゆったりとした気分で食事ができるような場所が良いと考える女性が多いということになります。

初デートでバイキングがNGだと考える女性の本音として大きいのはそういった部分がまずあるということなのです。

2人で過ごす時間が少なくなる

バイキングというのは何度も料理を取りに行く作業が必要になり、その度にお互いが離れるという状況が生じます。

全く一緒のタイミングで一緒に場所に取りに行くということもできなくはないですけど、あまり一般的な行動ではないでしょう。

そうなると、バイキングというのは料理を取りに行く行為が積み重なることにより、2人じゃない時間が自然と増えていくことになるので、意外と2人で過ごせる時間が多くないということになります。

2人でテーブルで食べている時間の中にも元を取るために必死で食べる時間が含まれてしまえば、益々デートを楽しむ余裕がないということが言えますし。

せこい印象を生んでしまう

バイキングというのは料金的には得した気分になるということもあり、コスパで言えばかなり良い形態のお店とも言えると思います。

しかし、そういった特徴を持っていることから、女性の本音としてはなんだかせこい印象を生んでしまうのです。

せこいというのは、ケチに近い言い方もできますが、初デートからそういうお店を選ぶと、一気にその男性への評価がせこい人なんじゃ?というものに変わってしまう可能性があります。

ある程度デートを重ねた後に、バイキングを1回挟むくらいであれば、全体のうちの一部なので、それで男性への評価がせこいといったものになる可能性は低いですが、初回からバイキングだと、この人はせこい人なのかもしれないと思われてしまうということです。

食べ放題系のお店はせこいと思われる可能性が高い

バイキングだけに限りませんが、食べ放題系のお店は総じてそういったせこいという印象になりやすいです。

どうしてもお金を少しでも節約したいから、そういうお店を選ぶのではないか?という疑問がどうしても女性の頭の中に存在している状態なのです。

たまにそういうお店を選ぶことは恐らく問題ないと思いますが、そういうお店ばかりを選んでいたり、初回のデートでいきなり食べ放題などのバイキングなどを選択すると、せこい男性と思われて、それ以降の関係が微妙になったりすることもあるので、男性は食事をするお店選びでは気を付けてほしいと思います。

初デートじゃなければバイキングはなしとは言えないが

初デートでいきなりバイキングを選択すると、ケチな人なんじゃないか?せこい男性なのではないか?という印象が強まるというのが、まず女性の本音として大きいです。

そのうえで2人で過ごす時間が削られるので会話がしづらい、食事に夢中になってしまうなどの問題点もありますから、バイキングはデート向けの食事とは言い難い面もあるのです。

ただ、たまにならばバイキングを選択するのは悪くはないでしょう。

問題点はあるとしても、趣向を変えることで新鮮に感じたりしますし、バイキングにも楽しいところはありますから。

たまにならば男性に対してせこいとか、そういう印象になる女性は少ないでしょう。