初デートでボディタッチをやたらとしてくる女性の本音とは ?

初デートでボディタッチをやたらとしてくる女性の本音とは?

ついに念願の初デート!
こちらはドキドキで「手をつなげるかな~」「どこまでいけるかな~」と思いながら向かったが
想像以上に彼女からボディタッチが多かった!
これは、脈あり?それとも遊びなのか?
少し手に触れるだけ、というか、もはやわざと触ってくる?
これは何?
こんな風に戸惑ったことのある男性のみなさん。

今回はそんな女の子の心理をひも解いていきます。

女心と秋の空という言葉がある通り女心は簡単に移り変わります。

そして10人の女の子がいたら10人分の考え方があるので、その子の本質をしっかり見抜いて、ハートをがっちり掴んで次のデートにつなげていきたいですね。

女性のなかのボディタッチの存在感

「ボディタッチ」はスキンシップに一部です。

スキンシップとは、互いの身体や肌の一部を触れ合わせることにより親密感や帰属感を高め一体感を共有し合う行為を指す言葉です。

女性同士でボディタッチは頻繁に行われます。

なかには、腕を組んだり、手をつないでショッピングする女性たちもいます。

彼女たちはレズでもバイでもありません。

ただ親密な友人関係から自然な流れで触れ合っています。

触れ合っていると安心するからです。

しかし仲の悪い間柄では絶対に行いません。

相手のことが好き という前提がある場合でしかスキンシップは行われません。

寂しさからボディタッチをする女

好きな相手でだったら女性同士だとボディタッチは頻繁に行われますが、男性にも同じ感覚でボディタッチをする女性はあまりいません。

必ず何か思惑があるのです。

そして男性にボディタッチを頻繁のする女性には特徴があります。

「寂しがりやな女の子」
このタイプの女性は基本的に自尊心が少なく、満たされることがありません。

その寂しさをボディタッチによる安心感で埋めているのです。

そしてボディタッチを繰り返すうちに、男性に軽い女だと判断され、一夜限りの関係に陥ってさらに自尊心が削られ、寂しさが増していくタイプです。

それを分かっていながらもその行為を繰り返してしまう、メンヘラちゃんが多いです。

そしてこのタイプの一番厄介な点が、「あまり好みでない男性にもボディタッチを行って、自尊心を埋めようとする」
という点です。

ここの見極めが難しいところです。

作戦としてボディタッチをする女

寂しがりやではなく、自尊心も満たされていそうなのに、ボディタッチが多い女の特徴として

「作戦をしっかり立てている」
という場合があります。

そしてこの作戦とは、下心が根源の作戦です。

初デートの段階から、積極的に触れて
「私はあなたのことを男性として見ています」
というアピールを行っているのです。

「いつでも準備OKです!」というメッセージでもあります。

また、初デートでは絶対に手をつなぐ、キスもする。

などの持論を持っている女性はそうなるように、仕向けるためにボディタッチを行います。

相手の様子を伺いながらデートを何度も重ねて慎重にいきたい女性には見られない行動です。

そんな女性たちへの対処法

女性のパターンが分かったので、次はどのように対処していくかです。

先に挙げた「寂しがりやな女の子」への対処は、「君は特別だ」というアピールをするに限ります。

「君は他にはいない」「今まで出会ったなかで一番」など歯の浮くようなセリフをしっかり目を見つめて手を握って言うことがかなり効果的です。

要は相手の自尊心を満たせばいいのです。

そして簡単に体の関係に持ちこまないことで、さらに相手の自尊人を高めることができます。

「作戦をしっかり立てている女の子」の場合はある程度その作戦に乗りかかるのがおすすめです。

そうすると彼女のストレスが少なく、デートをすすめることができるからです。

しかしやりすぎると拒否反応を示してくることもあります。

でもこのタイプの女性は何もしないより、何かしてくる男性を好む傾向があるので、しっかり見極めつつその作戦にのりましょう。

女性の本音

いかがでしたでしょうか。

女性のわがままな本音が垣間見えましたか?
自分のデート相手はどのパターンの女子なのか、しっかり見極めたうえで、対応していってください。

ボディタッチは女性のなかで「生理的に無理」「なんか無理」「好みじゃない」などのマイナス判断はすでに乗り越えて
「なんかいいかも」と思っている男性に行うものです。

その「いい」の度合いは十人十色ですが、まず第一審査は絶対に通過しています。

その自信をもってデートに臨んでほしいです。

こちらの持って行き方次第で二人の関係性は変わっていきますよ。

頑張ってください!