初デートが終わってから次のデートの約束を取り付けるためのスムーズなプロセス

2回目のデートの約束をする方法について

好意をもっている女性と初デートをすることができました。

自分も楽しむことができたし、相手の女性もそれなりに楽しんでいるようにみえたので次のデートの約束をとりつけようとしても、女性からの反応があまりなく、2回目のデートをすることができなかったと嘆くことがよくあります。

女性は誘われたからとりあえずデートに行ってみようか、というお試しの気持ちでいることがよくあります。

次の2回目のデートで、恋愛の対象となるか見極めることになります。

そこで、2回目のデートにスムーズにつなげていける方法について書いていきたいと思います。

できれば初デートの途中で次の約束をとる

一番確実な方法は、初デートの途中で次のデートの約束をとりつけることです。

約束をとらずに、メールや電話で次のデートの約束をとろうとすると、相手の女性は考える時間ができますので、断りたければ断ることができますし、無視することも可能になります。

連絡がないからとさらに追いかけようとすると、余裕のない男性に見られて、デートの約束ができる可能性が限りなくゼロになります。

デートの約束を初デート中にできれば、男性主導で物事を進めることができやすくなります。

必死にメールなどで連絡を取る必要がなくなりますので、余裕ができます。

初デートがうまくいったなら、ストレートに誘うだけ

もし初デートに独りよがりな考えではなくて、明らかな手ごたえを感じたのであれば、2回目のデートをストレートに誘うようにしましょう。

また2人で会わない?などという感じでいいです。

この時に大事なことは、初デート後に連絡する間隔をあまり多くはあけてはいけないということです。

相手の女性からも、あなたからの誘いを待っていますので、連絡が来ないと、私のことは恋愛の対象ではないのかな?と自分から身を引いてしまい、気持ちが離れてしまいます。

相手のあなたへの好意がみえたのなら、変に小細工をすることなく、ストレートに誘うようにしましょう。

初デートがうまくいかなったら、控えめに誘う

初デートがあまり盛り上がらなくて、もし職場などで顔を合わせる機会が多いのであれば、まだ2回目のデートにつながる可能性があります。

もしよかったら次も会ってもらえないかな?という感じでいいです。

ストレートに誘っても、間違いなく断られるだけですので、何となく誘うだけで十分です。

後は、会う機会がありますので、その機会を利用してあなたの評価を上げればいいだけです。

いいところを見せていれば、もう1回デートに行ってもいいかなと思ってくれる可能性が出てきます。

その時に改めて、デートに行こうとストレートに伝えましょう。

会う機会が多くないなら、自分の素直な気持ちを言う

初デートがあまり盛り上がらなくて、なおかつ普段顔を合わせないのであれば、2回目のデートの約束をとるのは難しいといえます。

しかし、相手の女性への好意があるのなら、ここで諦めてはいけません。

まだ挽回のチャンスはあります。

緊張してうまく話すことができなかったとかデートのプランの立て方がうまくなかったとか自分の思ったことを素直に伝えて、次は楽しみたいからもう一度デートをしてくれませんかとお願いしてみましょう。

相手の女性の反応に任せるしかなくなりますが、何もしないよりは可能性がありますので、試してみる価値は十分にあります。

女性の反応を見て、2回目のデートを誘おう。

初デートの時に女性の反応をみて、それに応じてスムーズに2回目のデートの約束をすることが大切になります。

一番確実な方法は、初デートの時に2回目のデートの約束をすることです。

デートのプランをまた一から考えるのではなくて、初デートの時に相手の女性が好きなものや行ってみたいところをしっかりリサーチして、次のデートの場所を決めていきましょう。

女性の気持ちは簡単に変わってしまいますので、あなたへの気持ちが離れてしまうことがないように、男性としてしっかりアピールするところはアピールして、次のデートへつなげていきましょう。