20代から始める、将来ハゲないための施策とは?

ハゲとモテの関係

ハゲている男性とはハゲていない男性。
女性にモテるのはどちらでしょうか?
好みはあるにせよ、一般的にはハゲていない男性ですよね。

女性にモテるためには清潔感が重要であることは、当メディアにおいて、口酸っぱく書かれていることだと思いますが、ハゲは清潔感に欠けます。
ハゲないようにするには一体どうすればいいのか、一緒に見ていきましょう!

AGAとはなにか?




「AGA」という単語。最近よく見かけるようになりましたが、ご存知でしょうか?

男性型脱毛症(Androgenetic alopecia,   AGA)は、遺伝的背景および男性ホルモンによって主に男性に生ずる病態で,頭頂部や前頭部の毛髪が細く短くなり、外観上、薄毛と認識されるようになる
引用:日薬理誌(Folia Pharmacol. lpn.)13373~77(2009)

ことだそうです。男性型脱毛症のことですね。

実施したアンケート調査結果の推計からすると、「薄毛を意識している男性」は1260万人、「薄毛を気にしている男性」は800万人置「薄毛への対処をしたことがある男性」は650万人、「現在、薄毛の対処をしている男性」は500万人という数字が出されている。この数字から、多くの成人男性が薄毛の悩みを有していることが推察される。
引用:日薬理誌(Folia Pharmacol. lpn.)13373~77(2009)

この報告を読む限り、かなり多くの男性が薄毛に悩んでいることが分かります。
決して今フサフサの髪をしているからといって、全く他人事ではないということです。

「人のふり見て我がふり直せ」という昔からのことわざがありますが、今ハゲていない男性は、予防に努めることで、将来の深刻な悩みを防止できますね。


予防策① ハゲを治すなら、大豆を摂取せよ

某WE●Qのようなインチキ医療メディアみたいなことを書くな。
と思われるでしょうが、きちんとした実験を行い有意なデータが出ているため、このように結論付けられております。

まず、冒頭を引用しますが、やはり、毛髪の悩みはすべての男性に共通のものです。なぜ大豆に注目したかは分かりませんが、節分に大豆を用いるように、やはり大豆と日本人の関係は根強いものだからでしょうかね。

人は年齢を重ねることでさまざまな部分が変化する。そのなかで見た目年齢を大きく左右する要因として頭髪と肌がある。頭髪の老化には髪の毛のボリュームやツヤなどの減少、抜け毛の増加などがある。抜け毛、薄毛の悩みは男性特有のものと思われているが、女性も同様に起こる老化現象である。一方、加齢による肌の変化として、シミ、シワの増加、肌の乾燥などがある。見た目年齢は、セルフイメージを必要以上に落とし、行動や活動の範囲を狭め、ひいてはその人のもっている可能性を狭めてしまうことにもなる。そこでわれわれは、頭髪と肌環境の改善作用を有する食品を探索し、大豆の胚芽に着目した。
引用:Jpn Pharmacol Ther(薬理と治療)vol. 43 no. 7 2015

詳細な実験条件や、方法は省略し、結論へ飛ばさせて頂きますが、以下のような結果となったとのことです。もし、実験方法にご興味があれば、この論文を読んでみるのもいいかも知れませんが、一般的な方にとって重要なことは、実験の結果であり、結論ですよね。

本試験では,薄毛に悩む中高年者の男女を対象とし、大豆胚芽を1日あたり2g、12週間連続で摂取させ、頭髪と肌環境に対する影響を、オープン試験として検討した。その結果、頭髪環境に関して、毛髪密度と毛髪直径において、大豆胚芽摂取による有意な増加が確認された。また、男性被験者のみであるが、抜け毛に対する減少傾向が確認された。

大豆胚芽は、頭髪や肌環境の改善に関与すると考えられる素材を複数含んでいる。すなわち、大豆胚芽に含まれる有効成分は、主としてポリアミンとイソフラボンと考えられ、関連する生理機能がいくつか報告されている。たとえば、代表的なポリアミンの一つであるスペルミジンは、in vitro試験で毛幹の伸張促進、毛髪の成長期の延長等、発毛促進作用が報告されている。ポリアミンを豊富に含む大豆胚芽の摂取が、加齢とともに減少するポリアミンを補填し、毛髪直径、毛髪密度の増加につながったものと考えられる。また、男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが細胞内でII型 5α-リダクターゼによりDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、これが毛乳頭細胞内で作用して起こる。イソフラボンは5α-リダクターゼの阻害活性が報告されており、抜け毛を減少させることにより毛髪密度の増加に寄与していると示唆される。さらにわれわれは、スペルミジンも同様の阻害活性を有し、イソフラボンと併用することで相乗的に5α-リダクターゼ活性を阻害することを明らかにした。
引用:Jpn Pharmacol Ther(薬理と治療)vol. 43 no. 7 2015

少し難しい用語も出てきましたね。
要するに、ポリアミンとイソフラボンは髪に良いということです。

大豆を摂取する方法は多数ありますが、中でも、おすすめなのが納豆。昔から身体に良いとされますが、本当です。納豆の良さについてはまた次の機会に回します。高級納豆専門店【二代目福治郎】こちらで購入できる納豆は栄養価の高い納豆なため、きっとあなたのハゲ防止に役立ちますし、スーパーでいつも食べている納豆とは比較にならない美味しさなので、ぜひ一度お試しください。

予防策② 普段使っているシャンプーにこだわる

ハゲとシャンプーの関係は強いです。
筆者は美容室でよく以下の質問します。
「市販の安いシャンプーを使うとハゲやすいとかありますか?」
「高いシャンプーを使えば、ハゲは予防できるんですか?」
筆者は固定の美容室がないため、色々な場所で質問しておりますが、必ず以下の答えが返ってきます。

「市販のTVCMをやっているシャンプーは、美容室で売られている物に比べて間違いなくハゲやすいです。」

髪のプロが言うので間違いないでしょう。
決してマーケティングのためだけに言っているのではありません。
自社シャンプーを作っていない美容師まで、口を揃えてこう言うのですから。

ただ、市販の物でも、ハゲを防止する効果を謳う商品の方がベターのようです。
市販のシャンプーが髪に良くない原因の一つに、洗浄力が強すぎて、頭皮に悪影響を及ぼすとのことです。
もし、今、市販の、良い香りを漂わせているシャンプーをお使いで、薄毛に悩んでいるようであれば、一度シャンプーの変更を検討しても良いのかもしれません。


予防策③ ストレスを減らす




TIAJUをご覧の皆さまは、イケてる男になるために、普段から仕事をバリバリ頑張っているかと思います。
早朝に起床し、スーツに着替え満員電車に乗り、毎朝出社していることでしょう。
自分は一生懸命頑張っているにも関わらず、仕事で上司には評価されず、同期には出世で抜かれたりすると、時折、仕事が嫌になることもあると思います。

そうして、日々自分にストレスが溜まっていくと、自分の頭皮に悪影響を及ぼしてしまうのです。
自分なりの仕事の疲れの癒し方はありますか?

ちなみに筆者は、疲れた時には入浴剤を入れて、湯船に浸かるようにしています。
風呂に入り温まると、人間は副交感神経が優位に働き、リラックスするようできています。
さらに入浴剤の香りの効果も相乗的に働き、癒されるのでオススメです。
注意点としては、お湯の温度をぬるま湯にしておくことです。

余談 ハゲの人の方が賢い?

世間のイメージとして、ハゲている人の方が賢いというイメージがあると思います。
例えば、鉄腕アトムの博士は、おでこツルツルですよね。名探偵コナンに出てくる、あがさ博士もハゲています。思えば、高校の時の数学の先生、ハゲていませんでしたか?

これを研究した人達がいるので、その論文を共有して、この記事の終わりとしましょう。

現代日本人成人445例の脳重量について検討し、男性が1338土114g,女性が1200±115gであったことを報告した。社会通念的には禿頭の人の方が優秀とされている向きがある。また、実際には脳重量がその機能の優劣に相関しないことも自明である。今回われわれは、禿頭の人は脳が重いか否かを明らかにすべく、日本人脳重量について再検討したので報告する。【方 法】浜松医科大学に献体された日本人成人男性210例を対象とし、脳重量の計測を行った.頭皮の半分以上の頭髪が欠失している人を禿頭群、頭皮全域に頭髪を有する人を非禿頭群と分類した。両群間において、60歳代から90歳代の各年代および各群全体における脳重量について比較検討した。なお、統計学的にはt検定を用いて有意差の有無を検討した。【結果】禿頭群/非禿頭群において、60歳代 は1371±93g(n=8)/1321±83g(n=22)(P = O.1682)、70歳代は1387 ±101g(n=40)/1337±91g(n=60)(P=0.0115)、80歳代は1357± 94g(n=24)/1307±84g(n=36)(P=O.0354)、90歳代は1337±78g (n=7)/1300±68g(n=13)(P=0.2841)、全体では1354±95g(n= 79)/1311±85g(n=131)(P=O.0008)であった。【結論】日本人成人男性においては、禿頭の人の脳重量が非禿頭の人に比して有意に大きいことが判明した。これは、禿頭では外頚動脈からの頭皮への血流が少なくなっており、その分内頚動脈による脳基質への血流が増加しているために脳全体の重量として増加したものと考えた。
引用:脳卒中 (0912-0726)30巻2号 Page416(2008.03)

ハゲは脳が重い。ただ、ハゲと賢さとは関係ないみたいです笑