彼女のぬくもりを感じたい人向けのアドバイス!

彼女とどうやったら上手に付き合うことが出来るのか


男性の考えと女性の考えは全く違います。どうしたら上手くいくかというと簡単に言えば、お互いの価値観を受け入れることです。上手くいかないからすぐどちらかが諦めてしまうとそこで終わりになってしまいます。もちろん彼女にも彼氏の方にも非がある場合があります。

しかしそんなときに彼女のせいだと言ったり怒ったりすると二度とまた付き合うと言われることはありません。どうしたらいいのだろうと考えている人はこれから説明していきたいと思います。

まずはゆっくりのんびり付き合うことも大事ですし、お互いの意見も尊重することも大切です。

男性は自己中にならないことが肝心

特に男性の自己中は女性にはどん引きしやすいです。俺は何でも出来ると自慢しすぎたりこれが自慢だからと言いながら自分のことばかり考えたり自分の思考にふけっている人がたくさんいます。

女性は実は自己中な人が苦手な人が多いからどん引きされやすくなります。そんなときはときどき意見を変えて彼女はどうとかこれから何を食べるかとか気遣ってあげる必要があります。もし気遣ってくれたとき、私のことも考えてくれるんだと優しい気持ちになってくれるしお互いに上手くいきます。

だんだん慣れてくると自分のわがままばかり貫こうとする男性がいますがそれはNGです。

彼女が泣いたときのためにハンカチを用意しておく

確かに彼女は明るいのが一番ですが、悲しくなりなんだか泣きたくなることもあります。デートが上手くいかないと陰でこっそり泣いていることもないとは言えません。そんなときどうしたらいいかというとあらかじめハンカチを用意しておくことです。

陰で泣いているのに彼氏の方はただ黙って見てるだけとか何もしないのはNGです。何も言わないでこっそりハンカチを差し出すと彼女は嬉しくなると思います。そんな男性を見るだけで彼女は男性のことを頼りになると思ってくれるし、愛されているのかなと思うようになります。自分のことばかりしか考えていない男性はNGです。

ご飯は一緒のところで食べること

例えば、彼女がいるときと友達だけの行動ではそれぞれ行動が違います。彼女と親しみを持つためには、ハンバーガー屋へ行っても同じ板を敷いて同じところで食べたり、これあげるよと食べる前に彼女に美味しいものを食べるものからさしだしたりすると彼女と親近感がわきます。

そのとき彼女がOKをしてくれると彼女はある程度彼である男性のことを受けいてれるはずです。一番彼女とぬくもりを味わえる瞬間です。そのときに彼女が拒否をしたりする場合は、まだ親近感というものがないか変わった性格のどちらかです。親しみを持つのはご飯のときです。

自分だけ楽しまないことが肝心

男性だけ楽しんでいるのは女性にとって辛いことです。本当はデートを目的としているのに一人だけ楽しんでいても辛いだけです。ときどき彼女の顔色や様子をうかがってあげることで彼女は喜びます。

自分の好きな趣味ばかりやっていてそれで1日が終わったり、ご飯を先に一人で食べているのは女性から見たらどん引きです。もう少し彼女を気遣う必要があります。そのためには彼女の趣味にも付き合ってあげたり他にも趣味を持つようにしたり積極的になることが肝心です。

自分ばかり楽しんでいても何も意味がないしNG行為なので彼女のことをもう少し気遣うことが必要です。

彼女への気遣い

彼女のぬくもりを味わいたい場合、いつもぬくもりや期待感ばかり考えているのではなくて陰で彼女を支えてあげたり気遣ってあげることが肝心です。男性から見たら女性が男性を支えるものと思いますが、女性から見たらときどきは男性にも支えてもらいたいと思うときもあります。

こんなときに怒ったり、価値観のことを言いだしたりするとせっかくのチャンスが台無しにしてしまうしいい結果になりません。彼女と長く付き合うにはお互いに思いやることです。自分が納得しても納得しなくてもそうだねとか言いながら耳を傾ける必要があります。そうするときっと上手くいきます。