彼女にスマートにかわいいと伝える方法!

女性が言われたい「かわいい」さらっと伝えてときめかせるには?

「かわいいね」「素敵だね」…イタリア人じゃあるまいし、気になっている女性のことをかわいいな~と思っていても、なかなかストレートに口には出せないですよね。女性に引かれないか?気持ち悪がられないか?心配なのが普通なので、安心してください。
しかし、そうやって男性がもじもじしている一方で、女性の方もかわいいと言われるのを待っているんです!
相手をほめることや、かわいいと思っている気持ちを伝えることは、親密になるための第一歩です。
ふたりの距離をぐっと縮めるために、勇気を出して「かわいい」って伝えましょう。さらりとスマートな伝え方のテクニック、お教えします。

ハードル低め!持ち物に「かわいい」

気になる彼女は、普段どんなグッズを好んで使っているでしょうか?その程度の観察ができないようでは、まだまだあなたに彼女に近づく権利はありません。
ペンケースは有名なキャラクターものでしょうか。スマホケースは、どんな色や柄のものでしょう。
彼女の好みがわかってきたら、そのこだわりのグッズを「かわいい」と言ってみましょう。もちろん、目についたときで構いません。目の前にそのグッズがないときにわざわざ「君のあのペンケースのキャラ、かわいいよね……」なんて言ったら怖いです。
まずは持ち物をほめることで、さらっと好意を表に出してみましょう。

少し仲良くなったら、服や髪型に「かわいい」

「顔がかわいい!超タイプ!」なんて、言いにくいですよね。何より言ってはいけません。それが真実だとしても、せめて付き合えるまでは、その言葉は胸にしまっておいてください。
スマートな「かわいい」の伝え方として、ファッションやヘアスタイルについて言う、という方法があります。彼女の髪が湿気でぼさぼさの日や、明らかに手を抜いた服装の日に言ってしまわないよう注意しましょう。今日はなんか気合い入ってるかも?とか、ちょっと髪型変えて来たな?と気づいたらそのときがチャンス。その髪型かわいいね、とさらりと口にしてください。
裏技的に、あえて湿気でぼさぼさの日に「なんかかわいい」と言うのもありですが、これはタイミングや言い方など高度なテクニックが求められるので、初心者はやめておいた方が無難です。

ちょっとしたしぐさに素直に「かわいい」

告白スレスレではありますが、彼女のちょっとしたしぐさ、例えば集中したときに鼻を触る癖とか、話を聞いていて首を傾げる動きとか、彼女の小動物的なポイントに対して「かわいい」と言いましょう。しぐさに対して言えば、本人そのものがかわいいという気持ちは半分くらい伝わり、しかしもう半分はあくまでしぐさがかわいいから言ったとごまかせるわけです。
また、小動物的なポイントじゃなくとも、あなたがかわいいと思えるならばどんなしぐさに対して言ってももちろん構いません。大口開けたあくびがかわいいならそう言いましょう。物を拾うときに足で引き寄せようとした動きがかわいいならそれでいいんです。
自分の偽らざる気持ちで、「かわいい」と言いましょう。

思い切って、ストレートに言う「かわいい」

これはもはや告白に近いので、取り扱いには注意が必要です。ストレートに、臆さず言うことがいちばんスマートなのです。好きだと伝えるくらいのつもりで、しかし、あくまで告白に近いだけで、決定的な告白ではないので恐れることなく言いましょう。
方法としては、ふたりきりのときに、ふと思い出したように言うだけでオッケーです。そして相手が照れ笑いを浮かべたら、それはGOサインです。そのまま告白するか、日を改めて準備をしてから勝負するかはあなた次第です。
注意点としては、ある程度仲良くなってから言うこと。顔見知りレベルの仲ではまだ言わないようにしてくださいね。

たった一言の「かわいい」が、あなたと彼女の距離を縮める!

いかがだったでしょうか?
世界にも広まっている通り、「かわいい」というのは最強の言葉です。女性が大好きな言葉でもあります。
乱発していてはチャラい男だと思われてしまいますが、ツボを押さえてスマートに口にすれば、いっぺんに彼女をときめかせることができるのです。
男性が「かわいい」と言うのが恥ずかしいことは、女性もわかっています。その恥ずかしさを乗り越えて言ってくれるからこそ嬉しいのです。そして、かわいいと思われるのが嬉しくて、あなたのことが気になるようになるのです。
ふたりの心を近づけるための魔法の言葉「かわいい」、ぜひ素直に、スマートに女性に伝えてみてくださいね。