彼女に可愛いと思われたい!?女子の好きな可愛い系男子の特徴

好き嫌いはなし!何でも沢山モリモリ食べる

女性が男性を可愛いと思うしぐさのひとつに、食事で何でもいっぱい食べるというところがあります。
色んなものを好き嫌いなしにモリモリ食べる姿は女性からしたらキュンキュンしてしまうものです。
食べ方が汚いとなれば話は別ですが、いっぱい食べる男性にたいして女性は「お腹いっぱいになったかな」と母性を出してしまいます。
もしこれが彼女の手作りのものとなればなおさらでしょう。
作りがいもあったというものですし、また作ってあげたいと感じてしまうものです。
あまり上品に食べたり少食の男性よりは、沢山食べる男性の方が健康的に映るのです。

頑張っているのにドジしてしまう

女性からすると、頑張って努力している男性のことは素敵だと感じます。
しかし頑張っているのはわかるけど、ときに小さなドジをしてしまう彼は可愛いと感じてしまうのです。
例えば、彼女のために一生懸命考えて手料理を作ったけど、完成して食べてみたらなんか味が薄いなと思い、気づいたら塩を入れ忘れていたなんてことがあれば「おっちょこちょいだな」なんて思いながらも可愛く思えてしまいます。
頑張ってやっていることが解るからこそ、ドジをしたときの可愛さがたまらないのでしょう。
完璧に何でもこなしてしまうよりは、多少ドジをするくらいがちょうどよいのではないでしょうか。

強がっているけど怖がってるの丸解り

彼女が彼を可愛いと思う場所のひとつに遊園地があります。
遊園地のなかでも特にそう思わせるのがお化け屋敷です。
お化け屋敷というと男性は強がってしまいますね。
こんなの怖くないよ何て言いながら彼女を無理やり連れていったりして。
勢いよく手を引っ張って中に入れてくれたのはよいけど、いざ入ってみたら彼女よりも怖がっていたりして。
繋いでいる手が震えまくりなときに彼女は可愛さを感じてしまうのです。
強がって何とか前を歩いてくれているけど、全然前に進んでいないという現実。
結局やっとの思いで外に出られても何となく放心状態な姿に、強がっているけど怖がってるんだなと可愛さを感じています。

たまに見せてしまう落ち込んでいるときの弱音

誰でも完璧に何でもこなせる人などほとんどいないといっても過言ではありません。
どんな人にも失敗や悩むことはありますよね。
しかし男性は彼女の前ではなかなか悩んでいる姿を見せたくはないものです。
仕事で大きな失敗をしてしまっても、それを彼女には伝えずに自分で解決しようと思ってしまいます。
ですので彼女からしたら仕事は順調なのかなと思いますね。
しかしときに落ち込んで悩んでいる彼の姿を見ると、彼女は彼に可愛さを感じてしまうのです。
こんな姿もあるんだなと、今までにない感情が沸き上がるのでしょう。
普段から弱音をはいていてはダメですが、たまに弱音を吐いてしまうのも悪くないかもしれません。

実は好きだった女子的スウィーツ

男性はあまり甘いものをそこまで好みません。
スウィーツといえば女性の食べ物というくらいのイメージすらあります。
別バラと言う言葉もあるくらいですから。
しかしそれでもスウィーツを好んで食べている彼の姿は可愛いと彼女は感じてしまうのです。
食事にいって最後に彼女がデザートを頼もうかとしていたら、彼の方から率先してスウィーツを選んでしまったり、喫茶店でコーヒーとパフェを頼んでしまうなど、俗に言うスウィーツ男子は彼女からしたら可愛く映るのです。
しかも大きめのチョコレートパフェなどをペロリと食べてしまえば、男性が彼女を可愛いと思う以上に可愛さを感じさせるかもしれません。

可愛い彼の特徴は母性本能をくすぐること

彼女が彼を可愛いと思うとき、そのときの彼の特徴と言うと母性本能をくすぐっていると言うことです。
それはどのようなことかと言うと、言葉を変えると男らしくないところだったり足りていないところだったりするのです。
ですので、ただそれだけだとただのダメ男になってしまうのですが、男らしいけどたまに男らしくないところのようなところですね。
しっかりしているけど、たまにやってしまうところなどです。
母性本能は見守ってあげたい、世話したいという気持ちが出てきたときにくすぐられてしまうものです。
ですので完璧だったりすきのない男性ではないところに彼女は可愛さを感じるのです。