彼女を愛してるなら知っておきたい女の子の扱い方

彼氏から彼女への真剣な思いが伝わる行動とは?

彼が好きになるくらいの女性なら純真な女性であることでしょう。女性はお姫様扱いされることが心地よいもの。例えばレディーファーストは当たり前ですよね。扉を開けてあげるとか、荷物を持ってあげるとか、身の上を守ってあげることは当然のことです。でも社会人になれば、結婚を考えてあげるとか、良き相談相手として彼女の夢を応援することもにシフトする方が賢明です。時にはサポートして時には守るというように。彼女の良い兄であり、恋人であり、盟友であり、親である、そんな役割を与えられたら社会人としてのびのびとできます。やがていつのまにか、必要な人になっているのです。

悩み事には時間を割いて話を聞く

女の子は幼少から1日の出来事を全て親に話したがります。大人の女性でも話を聞いてくれる人を求めているのです。彼氏から彼女への真剣な想いがあり、伝えたいと願うなら、真剣に話を聞くよというメッセージを発信するべきです。答えなんて出さなくてもいいのです。女性は彼氏に機能性を求めて話をするわけでもなくただ受け止めてほしいのです。彼氏に受け止めてもらえると、それだけで安心感が得られて満足できます。男性は彼女のことを、ただ大切な存在というシグナルを発信するべく、彼女の話やニーズを受け止めてあげるといいのです。そこで注意するべきことは、決して自分の我を表に出しさないこと。例えば、話が長くなる?内容が降らないなど。嫌がられていると悟られたら、純真な女性は心を閉ざしてしまいます。

目的を悟られないように接する

たとえ、彼女の体が目的でも悟られることは不誠実な印象を与えます。彼女も同じように体の関係を望んでいても、将来性を感じさせないので隠しておきたいものです。体だけ許したら冷たくなるかもしれないと感じさせてはいけません。彼女のどんなところに魅力を感じているのかについて、言葉で示し信頼関係を築きましょう。彼女がどんな恋愛関係を望んでいるのかということについて聞き込みしておくことも重要です。浮気は許さない、結婚するまで体の関係は持たないなど、様々です。そこで、条件のすり合わせを行い歩み寄ったりと、解決策を模索することになるかもしれません。とにかく彼女のして欲しくないこと、好きなことをリサーチします。

連絡はこまめに取ることが最低条件

仕事が忙しいと男性はまいにち彼女のことを気にかけることができないものですが、女性の本心は違います。女性は大切な存在なら寝る暇を惜しんでも会いにくるだろう、電話やメールが届くだろうと考えています。男女の都合の違いも考慮して、大切な存在ならばまいにち、約束した頻度で取りこぼしなく連絡をすると、信頼度が上がります。連絡をすると言いながらも連絡ミスば一気に彼女の熱を覚まします。もしも連絡ミスが平気という女性ならすでに、どうでもいい男性だという存在に格下げされた限りにおいてです。連絡ミスをなくすことは誠実か不誠実かを見極める目安として絶大な手段です。

結婚を考えたり意識をすること

結婚は女性にとって相手の男性の信頼しているという結果です。男性の愛があれば結婚を考えていないなんてナンセンスなお付き合いになるのです。したがって、本当に愛しているなら彼女の結婚の意志を早めの段階で示しておきまぢょう。時間が経過するほどに女性は失望していくことになります。よく彼氏がお給料が少なくて自信がないからという言い訳で、結婚を言い出せないというのなら、最初から彼女と付き合ってはいけません。女性が幸せになれる相手と巡り合うように、解放してあげる必要がありますよね。大切なら結婚を早急に考えて彼女に伝えてあげましょう。

女性にとって愛とは結婚でしかないもの

女性は子供を産むリミットもあり、結婚適齢期には大変敏感です。結婚の将来が見えない男性からいくら、好きだと言われても、行動で示されても心は動かないと思いましょう。もし、結婚を視野に入れずに楽しむことができり恋愛ならそれはそれ。でも未婚の女性にはタブーなのです。一時的な快楽を求めているようでも、女性は結婚を夢見ている乙女と思うべきです。本当に大切にしたいなら、出会ってすぐにでも結婚前提でお付き合いを申し込むはずです。以上が女性の心理を汲んだアドバイスです。男性はのんきに女性とお付き合いせずに女の華の時期は短いことを知るべきでしょう。愛する彼女にために