彼女への甘え方、知ってますか?不器用男子に教える秘密の方法4選

甘えるなんて難しい?恋愛ベタな不器用男子を恋愛上級者に!

男同士ならふざけあえば楽しいですが、女性相手だとどう接して良いか分からなくなった経験はありませんか?彼女が甘えてくるのはいいけど、自分が甘えるにはどうしたらいいんだろうとお悩みの皆さんに、彼女がキュン!とくる、自然な甘え方4つをお届けします。男性が甘えるなんて言語道断!男子は黙って女子を引っ張るんだと言われていた時代はとうに過ぎました。今は男性だってちゃんと甘えて、愛情を伝えられないと女の子はすぐ不安になってしまいます。そう。甘えることは、愛を伝えることでもあるのです。不器用なんて怖くない!とっておきの秘密技です。

並んで座るのは基本!キーワードは「一緒に」

一緒に食事をするとき、いつも向かい合わせで座っていませんか?さりげなく甘えるためには、並んで座るのが正解です。対面式のテーブルだと並んで座るのは不自然ですから、窓際に面した、景色の見えるテーブルを選ぶと雰囲気もぐっとよくなって甘えやすくなりますよ。自分と彼女の料理は別々のものを頼みましょう。そして、「それ美味しそうだね。一口ちょうだい」で、自然と「あーん」ができるのです!外食のシーンだけでなく、自宅でこそ並んで座る機会は多いはず。自宅デートで一緒に映画を見る際は、隣同士に座っている彼女にお菓子をとってもらうように頼んでみましょう。そのとき、選ぶお菓子は個包装のものを選ぶこと。「開けて」と頼んで、拒否する彼女はいないでしょう。お菓子を開けてもらったら、そのまま彼のお口へ「あーん」してもらいましょう!



視線誘導でさりげなく甘える

彼女と過ごす、何気ない一日。彼女に「窓の外に友達が見えた!ちょっと見てくれる?」と窓や外の方へ意識を向ける一言を。自然と彼女の目線は外を向き、立ち上がったり、あなたに背を向けたりする隙ができるはず。そこをすかさず、後ろからぎゅっと抱きついてしまいましょう!背中越しだから顔も見えないので、ものすごく恥ずかしくてできないということもありません。何より、女の子は後ろからのぎゅっ!にとても弱いもの。急に甘えてきたあなたにキュンキュンすること間違いなしです。彼女の視線が後ろまで届かないので、不器用男子さんでも自分で思う以上に甘えることができます。彼女の小さな肩に額を寄せたり、背中に頭を置いてみたり。甘いムードを楽しみましょう!

疲れたフリして狡猾に甘える

仕事や学校で疲れる毎日。そんな時こそ、彼女に癒してもらいたいですよね。本当に体調が悪い時は素直に休むべきですが、少し顔色が悪くなったらしめたもの。やや大げさなほどでもいいので、「ちょっと疲れたから休もう」と言い、二人きりになれるソファ席に誘導しましょう。そのとき、恋愛器用男子なら憧れの「膝枕」を選択し、スマートにこなすことでしょう。ですがいきなり膝枕はハードルが高いですし、彼女に体重をかけるのは重くて気が引ける、なんてことも。そんな時は、「背中合わせ」がおすすめです。彼女の体温や鼓動をすぐ近くで感じられるにも関わらず、顔を見ないので恥ずかしさもそこまでありません。背中合わせが慣れてきたら、その状態で手を握れれば、さらにお互いドキドキして甘い時間を過ごせることでしょう。

憧れのシチュエーション!頭なでなでを実現させるには

甘えたい男子が叶えたい夢とは、やはり頭なでなでが上位に上がってくることでしょう。優しく、包まれるような愛で頭を撫でてもらいたい。でも子供っぽい感じがして、とても素直にそのまま撫でてくれとは頼めない!そんな不器用男子さんにおすすめの方法は、「ゲームの罰ゲームで頭を撫でてもらう」ことです。ゲーム内容は何でもいいのですが、罰ゲームという一見マイナスなイメージを隔てることで頭を撫でることのハードルを下げ、してもらいたくてたまらない!という欲求を上手く隠しながら遊びの範囲内で狡猾に頭を撫でてもらうことができます。とは言え、ゲームに負けたら彼女の指定した何らかの罰ゲームが待っている可能性も。あなたの得意なゲームを持ち込んで、スマートに勝ちましょう!

甘える方法やタイミングは日常にたくさん潜んでいる

不器用男子さんにお伝えしたいのは、男子が甘えるのは決してかっこ悪いことなどではないということ!女性はギャップに弱い生き物です。いつも崩れない姿勢の男性がふとした拍子に見せる、ほんの少しの甘えは心臓がわしづかみにされたようにキュンとくるもの。付き合っているということは、お互いが好きで、お互いの存在が必要不可欠だから。そんな大切な相手と、もっと心を近づけるには「甘える」という隙を、男性側も見せていく必要があるのです。彼女が拒否するのでは?とか、彼女が引いてしまうのでは?という心配はご無用!もしそれで彼女が引くようなら、まだカップルになって間がないか、甘える以前に会話が少ないのかも。上手に甘えて、よりいっそうラブラブな恋人を目指しましょう!