彼女が泣いた時にかけた方がいい一言!

泣いている彼女の気持ちを受け止めるためのかけるべき言葉

彼女と付き合っていくなかで様々なシチュエーションで彼女が泣いてしまうことがあります。喧嘩してしまうこともあれば、彼女が会社で怒られてしまい、貴方に会ったときに悔しくて泣いてしまうことなど色々とあるでしょう。

そんなときにどんなシチュエーションにしろ、何かしらの声をかけてあげることは男として、彼として必要なことです。男は音なの涙に弱いとは言いますが、だからといって優しい言葉だけをかけても良いわけではありません。その言葉により彼女との今後の生活にも関わってきます。では彼女が泣いてしまったときにどんな言葉をかけてあげれば良いのか、シチュエーション別であげていきます。

男ならひくのも肝心!オレが悪かった

彼女が泣いてしまう原因の大きな理由のひとつに喧嘩があります。喧嘩の内容は様々ありますでしょうが、彼女が泣いてしまうということは少なからず貴方にも非はあるのです。もちろん彼女にも非があると言いたいときもあるでしょう。

しかしまずは自分がやってしまったことだけをピックアップして、それを素直に謝ることが大事なことです。貴方が先気に謝ることにより彼女の気持ちも少しは晴れることもあるでしょう。もしそれで謝ったのをきっかけに変な条件を言ってきたらそれはまた別の問題になりますが。彼女の落ち度は考えずに、まずは自分の落ち度を謝りましょう。



好きだからこそ!君のために言ったんだ

これもまた喧嘩ではよくあるパターンです。彼女のちょっとしたワガママが彼の怒りを買ってしまい、強く怒ってしまったということ、経験ある方もいるでしょう。こんなときに彼としては言わなければいけないことを言ったのですが、彼女が泣いてしまうと許してしまうこともありますよね。

ただこのときに「ごめん、言い過ぎた」で終わらせてしまうと今後はうまくいくことは無いでしょう。今後は彼女のワガママを受け続けなければなりません。そうならないように、そして今後の二人の関係をよくするために「君のために言ったんだ」と言うことを伝えましょう。ワガママを受けて自分も辛かったことを彼女にも伝えなければいけないのです。

いつでも僕に吐き出しても良いよ

彼女が泣き出してしまう原因の中で仕事のトラブルもあります。仕事がうまくいかなくて上司に怒られてしまい、我慢はしていましたが彼に会ったとたんに気持ちが出てしまい泣き出してしまうという。彼としては自分の責任でもないのでなかなか良い言葉が出てこないものです。

しかしこんなときは彼女の気持ちを受け止めてあげる意味を込めて声をかけてあげましょう。彼女が辛いときはいつでも話を聞いてあげると言ってあげると、彼女も気持ちを楽にしてくれるはずです。仕事の失敗は誰にでもあることなので、こんなときはお互い様という気持ちを持つようにすると良いですね。

友人トラブル!僕は君の味方でいる

これは誰でも悲しいと感じることですが、友人とのトラブルがあったときは切ないですよね。些細なことで言い合いになり縁が切れそうになったりと。女性であれば、それはなおさらショッキングな出来事と感じてしまいます。それで泣いている彼女を見たら声をかけずにはいられませんよね。

そんなときは彼女を包み込むような感じで、自分は味方でいるということを伝えてあげましょう。友人とのトラブルは経験するとわかりますが、結構な辛さがあります。ただひとつ言うと、時間がたつともとに戻ったりするものでもあります。ですのでほとぼりが覚めるまでの落ち込んでいる期間だけでも味方でいてあげましょう。

男は下にたって支えること

彼女が泣いてしまったときにかける言葉を紹介してきました。泣いてしまう理由にはいくつかあるのですが、どんなシチュエーションでも彼氏としては彼女を支えるための言葉をかけるべきです。自分のための言葉をかけても彼女はなおさら悲しくなるだけですので。常に彼女のためを思うからこその言葉があるのです。

それは優しいときもあれば少し厳しいこともあります。しかしその言葉の裏には彼女のことを思うメッセージを隠しておくのです。そのような言葉をかけることにより、二人の信頼は深まっていくのではないでしょうか。たった一言でも彼女には強く響くのです。