彼女が喜ぶ!愛が深まるプレゼント3選

まずは…プレゼントとは?何を渡せばいいのか

交際している彼女と結婚したいと思っていても、どうも彼女は結婚をあまり意識していないように感じられることもあるでしょう。彼女が将来の話に興味がなさそうだったり、結婚に関する話をほとんどしないというケースです。その場合、いきなりプロポーズするのは賢明なやり方とは言えません。彼女に「まだ、結婚は考えていないから」と言われてしまうリスクが小さくないからです。ですから、まずはプロポーズのための環境づくりをしましょう。ではどんなふうにすれば、彼女に結婚を意識させることができるのか。ここでは、プロポーズする前に、彼女を「その気」にさせるためのおすすめ方法を紹介します。

アクセサリーは求めていない?

プレゼントのド定番といえば、ブランドもののアクセサリーにバッグといった高価なものを想像されるでしょう。しかし最近の女子は、プレゼントに値段を求めている訳ではないのです。高いものは嬉しさより申し訳なさが勝ってしまうことが多々あります。そして、ブランドが多様化しているこのご時世。有名なものより、アイデンティティを大切にし、自分に似合うものを好む傾向があります。ですので、プレゼントが彼女の好みでなかった場合が悲惨です。そういう場合、メルカリなど、ネットに売り出してしまう方もいるそうです。せっかくあげたプレゼントは使ってもらいたいし、彼女のためになるものがよいですよね。ではどうすればいいのか、お教えします!



お食事がしたい?SNS女子の実態!

InstagramやTwitterにはお洒落な写真がこれでもかと流れてきます。いかにお洒落な写真をアップするのか競い合うのは、もはや女子の日常なのです。綺麗な景色の場所に行き、彩り豊かで上品な食べ物を食べ、その写真を撮ることは、いいバッグを持つことより簡単に、かつ最高の贅沢をアピールできるのです。SNSをそこまで使用しない女性も、違いは周りに発信するかしないかということだけです。おいしいものを食べると誰もが例外なく、幸せだと感じるのです。彼女と自分の幸せな時間をお金で買うと考えれば、この上ない最高のプレゼントなのではないでしょうか?

手作りのものがひとつあること

手作りのもの、とは違います。さすがに、あなたがプロの手作り作家さんでもない限り、お手製のキーホルダーだけポンと渡されても喜ぶことはできないでしょう。手作りというのは、プレゼントに添えられる程度のものでいいのです。例えばお手紙。普段はスマホの文字で会話することが多いのなら、あなた直筆の文字で想いを伝えてみましょう。書くことは改まったことでなくても、手書きというだけで、何度も読み返してくれることでしょう。手紙ならかさばりませんし、取っておいてくれると思います。私事になりますが、お恥ずかしながら、中学時代好きだった彼の手紙を10年あまりとっていました。きっと、あなたの彼女もずっと大切に持っていてくれることでしょう。あくまでプレゼントは、あげることではなく気持ちを満たしてあげることが大切です。

「お揃い」はほっこりするもの

そして何より、先ほどの2つを兼ね備えたものが「お揃い」のものではないでしょうか。マフラーや手袋、靴下…どれも使う度、洗濯する度にあなたのことが浮かぶでしょう。少しお洒落なお店で、手紙を添えたお揃いのプレゼントをもらったりなんかしたら、あなたとお付き合いしていてよかった、と思ってくれることでしょう。先ほどブランドに拘るなかれと言いましたが、この場合は例外です。ペアリングなら、一緒にお店に行くこともできます。付き合い初めてすぐなら重いと思われる可能性がありますが、長い彼女であればオススメです。日常生活のワンシーンにあなたがいるのはとても素敵だと思いますよ。

彼女が喜ぶこと

結局ここまで書いてきたことは、「彼女が喜ぶこと」をしてあげることが大切だということです。サプライズの日が近づく前に慌ててプレゼントを探すのではなく、日頃から彼女が好きなものや嫌いなものをリサーチしておくとよいでしょう。普段、自分主体の会話になっていませんか?さりげなく相手の話に耳を傾けておけばよいのです。その上であなたの彼女にとってベストなものを渡しましょう。そこに、今回紹介したようなちょっとした工夫をプラスしてみてください。心が温まるような、素敵なプレゼントを渡せるよう応援してます!少しでも参考になれば幸いです♪