ネガティブな彼女を相手にする最適な方法ベスト5

ネガティブな彼女への最適な接し方とは

せっかく付き合った彼女がいても、実はとてもネガティブな性格だったという方もいることでしょう。ネガティブな方との付き合いは疲れてしまいますね。周りの空気をも変えてしまうような発言をしてしまうこともあります。

しかしだからといって、そんな彼女に反発したり別れを切り出すのも大人げないものです。ネガティブな方にはそれなりのつきあい方もあるのです。どうせなら楽しく付き合っていきたいですよね。それは彼氏である貴方の考え方ひとつでそうすることができるのです。

ネガティブな彼女を理解して、それに対応することができれば疲れることもなくなるでしょう。では、ネガティブな彼女を持ったときの最適な接し方とはどのようなことでしょうか。

それでも彼女の良いところを見つける

ネガティブな人の特徴として、自分の人より劣っているところをオーバーに表してくるところにあります。「私はみんなと違って喋りが上手くない」とか、「私なんかがあの人たちと比べられるものなんてない」などと、自分の弱点を知っているからこその、それを口に出してしまうのですね。

しかし人間なんてものは誰にでも弱点はあります。完璧な人はいません。しかし逆を言えば必ず何か良いところもあるのです。その良いところを指摘してあげましょう。「いつも笑顔で周りが明るくなってるよ」「気遣いができて優しいよ」などと、長所を言ってあげることで、少なくとも貴方は彼女のことをちゃんと見ていると感じさせることができます。

貴方がなぜ付き合っているのか、そこに答えがありますよね。

ネガティブ発言の理由を聞いてみる

ネガティブな発言をする方の内容を聞いていると、周りからしたら「そんな大したことではない」と感じることも多いですよね。彼女のネガティブな話を聞いていてもそう感じることでしょう。

それが周りの人が疲れてしまう原因にもなるわけです。大したことではないのにそんなオーバーに。そう思ってしまうからですね。ですので、なぜそう思うのか深く聞いてみましょう。「自分のことなんか誰も気にかけてくれない」と言っていたら、なぜそう思うのか。本当に誰も気にしてないのか、何人かは仲良くしてる人もいるはずです。

親もしかり、会社の同僚など。そして目の前にいる彼氏だって気にかけている一人です。この事を少しでも気づかせてあげること、励ましてあげるだけでも彼女は楽になれるのです。

自分も少しネガティブに付き合ってみる

ある意味極論とも言える方法ですが、彼女のネガティブに付き合うということもひとつです。彼女のネガティブ発言に対して同意すると共に、自分のネガティブなところも出してしまうという方法です。

「自分もよく失敗して怒られるし」「この前なんか友達に失礼なこといってしまって反省したよ」なんて失敗談なんかも踏まえて話してあげると、彼女も仲間がいると感じてもらえるのではないでしょうか。これはつまり、人は誰にでも不得意なものはあるということを感じさせる方法でもあります。

しかし注意していただきたいのは、ネガティブになりすぎないことです。合わせ過ぎてネガティブのままで終わるのはよくないので、失敗はしたけど、なんとか取り戻そうと頑張っているという感じで終わるようにしましょう。

ネガティブはポジティブの始まりである

ネガティブというとよくないイメージもありますが、決して悪いということでもありません。ネガティブな思考は大事なことでもあるのです。世の中は対比するものがあることにより価値が生まれます。安いものがあるから高いものがある。辛いことがあるから楽しいことがある。

このように、比べるものがあるからそこに意味があるのです。つまりネガティブがあるからポジティブもあるのです。そう考えるとネガティブに考えられるということはポジティブの始まりでもあります。マイナスのものを感じないとき、そこにプラスのものも感じないですよね。

このように、ネガティブというのは悪いことはかりではないのです。それを伝えていくと、そのうちポジティブの考えも持てることでしょう。

まずは彼氏である貴方が彼女を理解する

ネガティブな彼女と付き合っていくのは簡単ではないかもしれません。誰だってマイナスの事ばかり言っている人を相手にはしたくないでしょう。
しかしそんな方と付き合うには、その方を理解することが大切です。彼女がなぜこんなことを言うのか、態度をとるのか解ってあげましょう。

そうすることによりネガティブな彼女にも優しく接することができるのです。ネガティブな方は周りの援助がないとなかなか自分を認めることができません。

しかしそれをまず一番に助けられるのが貴方なのです。貴方自信がネガティブの本質を知り、彼女の味方になることで、良い関係を築くことができるでしょう。ネガティブは悪いことではありません。それも考え方次第なのです。