元彼女から復縁を迫られた時の対処方法!

あなたにとってのベストの選択をするための対処法、大公開!

別れた元の彼女から「復縁してほしい」という申し出を受けた時、どう対処していいかわからず迷ってしまうということがあります。
元彼女の気持ちはうれしく感じても、自分の気持ちが整理できていないために、はっきりした答えが返せないというケースも少なくありません。
また、自分の気持ちははっきりしていても、元彼女に対する人情から、その答えを言い出せないということもあるでしょう。
元彼女というのは、ある意味で特別な存在だからこそ、迷い悩むものなのです。
では、元彼女から復縁を迫られた時には、どう対処したらいいのか。どう対処するのがあなたにとって良い方法なのか。ここでは、お互いができるだけ傷つかずにすむための、おすすめの方法を紹介することにしましょう。

復縁の意志がまったくないならはっきり断る

元彼女から復縁を迫られた時、こちらにその意志がまったくない場合は、はっきり断りましょう。
やさしい性格の男性にありがちなのが、「元彼女を悲しませたくない」という気持ちから、なかなか「NO」と言えないケースです。あいまいな態度のまま時間が過ぎて行き、結局は断ることになったのでは、かえって彼女を悲しませることになってしまうでしょう。
また、その意志がまったくないにもかかわらず、元彼女の情にほだされてむりに復縁したとしてもうまくいくはずがありません。
あなた自身がストレスを感じることにもなり、彼女を傷つけることにもなるでしょう。
いずれにしても、あなたに復縁してもいいという意志がないなら、できるだけ早く、「ごめん」と断ること。これがベストの対処法ということになるでしょう。
断る理由としては、「実はつきあっている人がいる」というのが、もっとも後に引かない、彼女を納得させられる理由です。



答えを出す期限を決めてペンディングにする

「100%復縁の意志がないと言い切ることはできないけれど、復縁したいという積極的な気持ちにはなれない。どうしていいのか、自分でもわからない」ということもあるでしょう。
その場合は、急いで答えを出してしまうと、後悔することにもなりかねません。
ですから、答えをペンディングにさせてもらうといいでしょう。元彼女なのですから、そのあたりのあなたの心理は理解してくれるはず。ただし、いつまでもペンディングにしておくのはNGです。
彼女を傷つけるだけでなく、あなたも長く悩み続けることによって、心理的に疲れてしまいます。
おすすめなのは、答えを出す期限を決めることです。たとえば、「3日間だけ、考えさせて」とか、「明日には返事をするから」というように言うのです。
ポイントは、できるだけ期限を短くすること。その方が、お互いの精神的負担が小さくてすむからです。

復縁を「OK」する場合は、二人でよく話し合う

考えた結果、結論として復縁に「OK」するという対処法ももちろんあります。それは元彼女にとってもっともハッピーなことでしょう。あなた自身、「元サヤに収まってよかった」と、しあわせに感じるかもしれません。
ただし、二人が幸せになるためには、一つ条件があります。それは、復縁を決める前に二人でよく話し合うこと。
二人の関係は一度壊れているわけです。別れたのには、当然理由や原因があるでしょう。それをそのままにして復縁しても、結局同じことのくりかえしになってしまうこともじゅうぶんに考えられます。
そうなっては、最終的に二人は傷つくことになるのです。
それを避けるためには、何が原因で別れたのか、復縁したらお互い、どんなところに注意すればいいのか、改善すべきところはどこかについて、しっかり話し合っておく必要があるでしょう。

友達としてつきあうことを提案する

自分の気持ちが定まらないまま答えを出して後悔することを避けるための方法があります。それは、「恋人としてではなく、友達としてつきあう」という方法。
考えてみても自分の気持ちがよくわからないというなら、元彼女に「とりあえず、友達としてつきあってみない?」と提案してみてはどうでしょうか。
「それはぜったいにいや。友達にはなれない」と彼女が言うなら、その場合は「ごめんなさい」と答えるしかありません。
しかし、あなたと復縁したいと迫っている彼女は、たとえ友達関係でもいいから、あなたと関係を持っていたいと思うのではないでしょうか。あなたとの関係が完全に断たれるよりは、友達関係でもいいと考えるわけです。
友達関係を続けていくうちに、二人の気持ちが変化することも十分にありえるでしょう。そうしたら、その段階で答えを出してもいいわけです。
これも一種のペンディング方法です。

あなたにとってのベストの選択を

元彼女から復縁を迫られている男性のために、どう対処したらいいのかをお話ししてきました。
大切なのは、あなたの精神的負担をできるだけ少なくすることと、元彼女の気持ちをできるだけ傷つけないことです。彼女を傷つけてしまうことは、あなたの精神的負担になるということもあるでしょう。
と言って、自分の気持ちに背いた答えを出したのでは、結局二人ともがつらい思いをすることにもなりかねません。
あらためて言うまでもありませんが、恋愛は自由です。つまり、あなたがどんな対処をしても、それはあなたの自由だということ。この大原則を認識すれば、心の負担はそれだけでも軽くなるのではないでしょうか。
その上で、あなたにとってのベストの選択をしてください。ここでお話ししてきたことは、その選択をするための「参考資料」なのです。