彼女が怖い!暴力、ストーカー化…本当にあった話3例と対処法

怖い彼女に捕まったらこうなってしまう3つの例

世の中には彼氏に対してとんでもない行動に出てしまう女性がいます。そのような女性は彼氏に対して極度の依存性を持っている事がとても多いです。

「彼氏は私だけのもの」「彼氏を奪おうとするものは全て的」「彼氏と別れたら終わり」のような感じで、彼氏に依存をし過ぎるせいで、彼氏に対してだけで無く、彼氏の周りの人に対しても多大な迷惑をかけてしまう事があります。

今回はそのような怖い彼女を持ってしまった3人の男性の経験談をご紹介します。もし、あなたの彼女にもコレからご紹介する女性の要素が少しでも当てはまったら注意です。

別れてからも自分を追いかけてくるストーカー彼女

Aさんは大学時代に出会い系アプリで出会った女性と付き合っていました。しかし、Aさんは他に好きな人が出来たので、その女性とは別れる事に。
それをキッカケに女性のストーカーは始まりました。別れたにも関わらず、その女性はAさんの家に度々来るようになりました。Aさんが「もう別れたのだから来ないでくれ」と言って部屋から出しても、その女性はアパートの前から帰ろうとしない。

Aさんは怖くなって警察を呼んで対策をしてもらったのですが、その女性は次の日以降もAさんの家を訪れます。Aさんがカギをしめて部屋に入ってこれないようにしても「〇〇君~。私よ~。入れて~」と言ってイヤホンを連打し続けました。 Aさんは怖くなって、そのアパートから出ていく事になりました。

彼氏の行動を束縛するヤバイ彼女

Bさんは学生時代から付き合っていた彼女と同棲をしています。しかし、その彼女は極度の束縛癖がありBさんの頭を悩ませています。
2人でデートでデパートに行くときも、若い女性とすれ違っただけで「ちょっと。今あの若い子の事見てたでしょ」と言ってきます。Bさんは全然その気が無いのに、変な誤解をされてしまうので、人が多い所でデートをしたくなくなりました。

他にも、携帯電話チェックは毎回欠かさずされます。携帯に女性の名前が登録されていたら、もう大変。「仕事の同僚だよ」と言っても全く聞き耳を持たず、最終的には「早く携帯からその子の名前消してよ」と言われ、仕事の同僚女性の携帯アドレスを消すはめに。

自分以外の女は彼氏には一切関わらせないという、この彼女の行動は少しやり過ぎですよね。

ヒステリック彼女のせいで寝不足の生活に

Cさんの彼女は精神病を患っている為に、時にヒステリックを起こしてしまう事が多いです。寂しい時は深夜でもお構いなしに電話をしてきて、Cさんが「明日も仕事早いからまた今度話をしよう」と言っても「私と仕事どっちが大切なのよ!」といきなり怒鳴りだします。その為、Cさんは寝不足で出勤をする日が段々と増えてきました。

一緒にデートをしている時も少しでも気に食わない事があったら、人前でもお構い無しに絶叫しながら号泣。
その為、Cさんは彼女とのデートではとても気を使うようになり、デートでは全然楽しくなくなってしまいました。

3人の女性の共通点は異常なまでの依存性

これらの3人の女性の共通点は、彼氏に対する異常なまでの依存性です。彼女たちからしたら彼氏はいわば心の拠り所。そこを邪魔する物は全て敵とみなして攻撃を始めます。
女性は生理の時などは、誰でも心は不安定な物。

しかし、依存性の高い女性達は常に彼氏に対して「他の女に奪われないか」などと不安を抱きながら生活をしています。あまりにも彼氏に対する依存性が高すぎると、視野がとても狭くなり、自分本位の行動に出てしまいます。

そうなると、周りなどは関係なくなり、自分勝手な行動に出てしまい、彼氏や彼氏の周りの人に迷惑行為を行い始めるのです。

怖い彼女の対処法

依存性の高い彼女たちは彼氏の行動範囲を狭めてしまいます。もし過度に干渉をしてきたり、ヒステリックな行動をしてきた場合は彼女の為にも距離を置くのが良いです。

依存性の高い彼女は彼氏が優しくするから自立出来ないのです。なので、1回彼女と距離を置く事が最終的には彼女の為にもなります。

もし、あまりにもヒステリック行動が多い場合は、一緒にメンタルクリニックに行ってあげるのも大事です。依存性の高すぎるのを治すのには、精神のプロフェッショナルのメンタルクリニックに行き、プロからの診断・指導を受けるのが1番効果的です。