彼女に二股を疑われない方法!

女性に二股だと思われないようにするには?

念願の彼女を手に入れることが出来て、ついつい有頂天になってしまうことは、誰にでもあることです。
ところが、無意識に取っている行動が「もしかして二股に思われているのでは?」と彼女に思われてしまい、原因も分からぬまま距離を置かれてしまうことがあります。

女性は男性という生き物は、「絶対に浮気しないから信じて」と言っていても、本能的にそうはいかないものだと考えている為、女友達だと割り切ってはいても心配になるものです。

女性らしさがなく、モテない女性が職場にいても、その人のマイナスな話題が出ただけで、「その人のことが気になるのかしら」と焼きもちをやいてしまいます。

中でも、女性が一番二股を疑うのが、携帯電話やスマートフォンなど、頻繁にネットを利用している男性を見たときです。
いくら友達や会社の同僚が相手であっても、急ぎの用事ではない限り、目の前で何度もメールを打たれたり、電話で喋り続けられると、さすがに疑い始めます。

疑われないためには、本当に今返信や電話しなければならない用事でないのであれば、相手に「今は手が離せないから、改めて連絡しても良いかな」と一言いい、彼女との時間を思いっきり楽しむべきです。

彼女にあらかじめ親しい人のことを話しておく

相手を好きになると、どんな仕事をしているのか、どういう人とよく飲みに行くのかなど、見えないところでどういう行動をしているのかが気になるものです。

ストーカーみたいだとか、親みたいで干渉しないでほしいと思ってしまいがちですが、彼女は深く模索しようとしているわけでもなく、あなたのことが好きだからこそ、話しを聞きたいのかもしれません。

それなのに、「そんなこと、どうでもいいじゃん」「関係あるの?」と流してしまうのは、不安をあおるようなものです。

例えば、彼女との約束が急な飲み会や出張で中止せざるを得なくなった場合、いくら仕事だからと理由を話しても、あなたのことをよく知らないがゆえに、「本当なのかな?」と疑われてしまいます。

更には、ようやく埋め合わせが出来たと思えば、「この前、本当に仕事だったの?」などとしつこく聞かれたり、誘っても連絡を返してくれなくなってしまうことだって、ありえます。

二股をしていないのに疑われたくないなと思ったら、日頃から自分のことを話したり、よく飲みに行く友達の写真を見せてあげるなど、配慮が必要となります。

女性が好みそうなグッズなどは控えめに

今どき、女性のようにお化粧をしてみたり、女性が好みそうなスイーツショップに通ったり、くまさん系のグッズを使用する感じの男性が増えています。

中には、そこまでいかずとも、エチケットのためとか、かっこよくなるために肌の手入れをしたり、エステに通う男性もいることでしょう。

ところが、美容に力を入れている女性はもちろん、男性は特別なお手入れをしない方が素敵だと思っている女性にとっては、魅力的に見えないことがあります。

「私がいるのに、まだ女性にもてたいと思っているのかな」と嫉妬してしまう可能性があるので、少々美容にかける時間を少なくしたり、お化粧が苦手な彼女の場合は、「もっとこうした方が綺麗になれるよ」といった上から目線なアドバイスは控えた方が良いと思います。

また、彼女が作ってくれた手作りお菓子を「甘いのが苦手なんだ」と言って断っている割には、お菓子を家で食べていたり、旅行先でご当地キャラクターが入ったスイーツを自分用に買って帰るのは止めた方が良いでしょう。

相手が家に遊びに来たり、車に乗せた時にそれを目にすると、他に女がいるのかしらと疑われてしまいます。

むやみやたらにデコメールを利用しない

女性の中には、女性同士だと絵文字やデコメールを使うことで相手の気持ちがわかるから、男性にも使って欲しい、使わないからメールが殺風景でつまらないと感じる人がいます。

だからといって、使うのが苦手なのであればそれを素直に相手に伝えれば納得してくれるはずなのですが、元々デコメールが得意でメールする度に頻繁に使用するのは、誤解を生むことに繋がります。

機種によっては画像が開けないものもあるので、一体何を送ってきたのだろうと不思議に思われることがあります。不慣れなのに、相手の為に必死に送ったデコメであれば喜ばれることもありますが、やたらと女性が使用しそうなかわいらしいものばかり送られても、「誰にでも送っているのかな」と不審に思われてしまいます。

二股しているわけではないけれど、かわいらしいものが元々好きなのであれば、あらかじめ彼女にそれを伝えておくと誤解も解けると思いますが、友達に送る感覚で多用してしまう癖がある人は、少々控えめにした方がいいでしょう。

過去の女性を登場させるのをやめる

例えば、よく自分が訪れるパスタ屋さんの味が好きで、彼女にも食べて貰いたいと思って誘うことがあると思います。

食事中に、素敵なお店だと彼女が誉めてくれて、よく来るのかと聞かれ、「会社の女の子たちと来たことがあるんだよね」と話してしまった経験はないでしょうか。

また、自分の周囲に集まる女性の多くがお酒好きであるがために、あまりお酒の飲めない彼女を見て、「こんなに控えめな子だったなんて新鮮だよ」と誉めたつもりが、あまりいい顔をされなかったといったような場面もよくあると思います。

普通の会話じゃないかと感じますが、相手と比較されるのが苦手な女性もいますし、いくら恋人ではない女性であっても、異性の話しが出たところで不安になってしまう人もいるからです。

「恋人じゃないんだよ」とフォローするのも大切ですが、二股していると誤解されたくなかったら、女性の部分は伏せて、「よく友達と来るんだよね」と話す方が無難です。

日頃のコミュニケーションを大切にする

彼女が出来ると、つまらないと思っていた生活に華が咲いたようで、生き生きした気分になることがあると思います。

ですが、二股をしているわけではないのに、友達同士でしていることが彼女には通用しない場合があるので、注意して行動しなくてはなりません。

女性と男性の思考能力には違いがあるものの、人には個性があるので、相手のことを知らないがゆえに誤解を生んでしまうことが大きな原因と言えます。

そのためには、少しずつでいいので、相手がどんなことを好み、苦手としているのか、日頃の会話を通じて知って行くことが大切です。
また、言わなくてもわかるだろうと相手任せにせず、気になったことは話しあうことも、誤解を防ぐために必要なことだと言えます。