彼女のほしい物を探る方法!

彼女がほしいものを直接聞かずにこっそり用意したいなら

彼女にプレゼントをあげる時、自信を持って「これなら喜んでもらえる!」と確信した上でひとつの物を選ぶのは男性にとって難しいことだと思います。

女性はほしがるものがころころと変わることが多いですし、彼氏の選ぶプレゼントを見て彼氏のセンスや自分への愛情の強さをチェックしている場合もあります。

うっかり的外れなプレゼントを選んでしまい、不利な勘違いをされてしまうなんて悲しいです。そして、何よりも大好きな彼女が一番ほしい物を贈りたいはずです。

今回はそんな男性のために「彼女がほしい物を探る方法」についてご紹介します。直接聞いてしまうのは簡単ですがサプライズがありません。こっそり探って驚きと喜びをセットでプレゼントしましょう!

ウィンドウショッピングにでかける

彼女がほしい物を知るにはウィンドウショッピングがおすすめです。「ウィンドウショッピングに行こうよ」とは誘いにくいため、食事デートの前にぶらぶら歩くのを提案したり買い物があるからと言って付き合ってもらうと自然にウィンドウショッピングがスタートできます。

より多くのデータを収集するためにはある程度の時間と訪問するお店数が必要です。そこで彼女がどんな商品に目を配り、良い反応を見せたかチェックしてください。

彼氏の前では遠慮して「欲しい!」とは言わない女性も多いため、言葉で欲しがるかどうかよりも目線がチェックすべきポイントになります。

手に取ったり値札を見たり引いて遠目から見直すようなしぐさがあれば興味を持った証拠と言えます。

共通の友達から情報を聞きだす

共通の友達がいれば「彼女のほしい物をプレゼントしたいんだけど、何かほしいとかいいなとか言っている物知らない?」と聞き出してみましょう。

女同士の友達関係ではこんな裏工作もすぐに本人に伝わってしまいますので、友達に聞きだす時には必ず「サプライズにしたいから絶対に言わないで!」と強くお願いするのも忘れないでください。

彼女と本当に親しくしているとも友達ならサプライズで喜ぶ姿を想像して約束を守ってくれるはずですし、友達の喜ぶ顔を見るために必死に情報を搾り出してくれると期待できます。

すぐに返答がもらえないような時はせかしてはいけません。せかしてしまうとつい数日前くらいの記憶しか出してもらえそうにないからです。

また、安い物なら彼女自身がすでに購入済みである可能性もあり、こっそり探って買うならそれなりの予算が必要になってきます。

予算を決めて「○円あったら何買う?」と質問してみる

彼女がほしい物をさぐる前にプレゼントの予算をざっくり決めましょう。
例えば3万円と決めたとして、その後に彼女に「3万円あったら何買う?」と質問してみてください。

いきなり聞くと警戒されてしまうこともあるので、金額を変えていくつか質問した中で本命の3万円に対する問いも交ぜるようにするといいですね。

他の金額で聞いた時に出てきた物も無駄な情報にはなりません。好きなブランドやほしい商品のジャンルだけでもわかると選びやすくなります。

ただ、彼氏からもらう物は非日常的な物がいいという夢見る女性もいます。

自分で買いたい物と贈られたい物はまた別というこんな女性には今ほしい物を聞いても結局かぶってしまうという可能性もあるため、贈る直前に購入済みではないと確認してから急いで用意するようにすると確実です。

あれこれほしがってみてリアクションを伺う

彼女がほしい物が何なのかを探るためには店内で自分自身がほしがりさんになってみましょう。
「これいいな!ほしいな!」といろいろな商品を見ながら言ってみます。

すると彼女は「私はいらないな」とか「私もほしい!」と一緒になって言ってくれるので、彼女のほしい物がどういったものなのかがわかりやすいんです。

「ほしいけど高いかな」と言われたら彼女が後日買う可能性も低いと考えてプレゼントの候補に入れておきましょう。
女性の中には彼氏の前で物をほしがるとおねだりしているようで申し訳ないと考え、言うのを控える場合があります。

特にプレゼントをもらえそうな時期だとなおさらです。彼女がこんな警戒心を持たないように明るいノリでほしがりさんになりきってみてください。

彼女がほしい物は物とは限らない

彼女がほしいと思っている物は物とは限らず、例えば一緒に過ごす時間、普段行かないようなお店での食事、柄にもない彼氏からのお手紙など彼女が求めているものは計り知れません。

普段からどういったものに感動する女性なのかということもチェックしておくとこんな時役に立ちます。「何がほしいか」に加え「どこに行きたいか」「その日どう過ごしたいか」も考えるようにしましょう。

旅行パンフレットを見ながら彼女の食べたいものを探ったり、最近会う時間がなかなか取れないなら時間をたっぷり取ってあげるという優しさも彼女は嬉しいはずです。

また、「ほしい物をあげたいから今から見に行こう!」と連れ出してお姫様気分を味わってもらいながら選ぶというのも楽しい時間となりそうですね。

いかに思い出に残るかというのも重視しましょう