飲み会で嫉妬してしまった彼女を慰める方法!

彼女はどんな飲み会に嫉妬する?

彼女が飲み会で嫉妬してしまったら…。

独占欲が強かったり、言いたいことをはっきりと言えない性格だったりと、自分の飲み会で彼女が嫉妬してしまうことって、多々あると思います。

一般的に、彼女が嫉妬する飲み会とは、「女性が大人数参加する」「女性の割合が高い」「飲み会の参加者の情報がない」、といった飲み会が多いです。

彼女以外の女性が多かったり、誰が来てるかわからないような飲み会に彼氏が参加すると、嫉妬する彼女は意外と多いんです。
もちろん、飲み会に彼女が一緒に参加していても、状況によっては嫉妬されてしまいます。

もし飲み会で嫉妬されたら、慰めることが必要です。
この記事では、彼女が飲み会で嫉妬してしまった場合にどうやって慰めるか、飲み会の最中と飲み会後の方法をご紹介します。

彼女と一緒の飲み会で彼女が嫉妬したときに慰める方法

彼女が一緒に参加する飲み会で、他の参加者と仲良くしすぎると嫉妬されてしまうことがあります。
それが女性であれば、当然とも言えるかもしれません。

そんなときは、彼女に対して「俺が好きなのは君だけだよ」という行動をしましょう。
彼女の飲み物がなくなってしまったらすぐに注文したり、料理を彼女に取り分けてあげたり、自分の取り分の料理を少し分けたりしてあげましょう。

「俺の彼女はあなただよ、常に気にかけているよ。」という姿勢を見せることで慰めましょう。
また、もし嫉妬して不機嫌になってしまったら、飲み会の雰囲気のことは忘れて彼女だけと話しましょう。

「場の雰囲気が壊れる」という理由で不機嫌な彼女を放っておくと、嫉妬している側は「私のことは眼中にないのか」と思ってしまいます。

そんな不安を取り除く為にも、彼女が嫉妬してしまったら、彼女に対していつも以上に気にかけてあげて、慰めるようにしましょう。

嫉妬された時に慰める方法その1:飲み会の最中にも連絡する

女性の参加者がいて、その飲み会に彼女が嫉妬してしまった場合です。

この場合は、飲み会の開始、最中、終了直後に、必ず連絡をいれて慰めてあげましょう。
嫉妬していると、放って置かれることでさらに不安が募ります。

もし彼女が嫉妬して、わざと連絡を取らないようにしていても、定時連絡は必ず入れましょう。
その際、「早く君に会いたいよ」という文言を入れ込むのも効果的です。
「飲み会も楽しいけど、君と一緒にいるほうがもっと楽しい」ということを伝えて慰めることが大切です。

その方法は電話でもラインでも良いでしょう。
電話で伝えるのが最も良い方法ですが、彼女がいない飲み会では場の雰囲気もある程度考えなければいけません。

場の雰囲気を壊さず、ちょうど良いタイミングで彼女を慰め続けることが大切です。

その2:飲み会が終わった後に2人で遊びに行く

飲み会で彼女に嫉妬されてしまった場合、飲み会の後に彼女と一緒に遊びに行きましょう。
その際、夜まで遊んで2人で飲みに行くことが必須です。

嫉妬した心をそのまま持ち続けるのは彼女の負担にもなります。
また、嫉妬心があるとどうしても思考が不安になりがちです。

その為、2人で遊びに行って、可能であればそのまま飲みにいって慰めてあげましょう。
その際注意すべきは、慰めの言葉を口にしないことです。

一言謝る程度であれば問題ありませんが、「慰めるためにデートしている」と彼女が感じてしまったら、どこか事務的な印象を持ってしまいます。

「やっぱり、2人で遊ぶと楽しいね。この間はごめんね。」という言葉はしっかりと伝えた上で、飲み会のことを禍根にしないようにデートして、慰めてあげましょう。

その3:彼女も飲み会に行かせてあげる

自分が飲み会に行くことで嫉妬してしまった彼女を慰めるには、彼女も飲み会に行かせてあげることも効果的です。

「私がいるのに飲み会に行って…」と嫉妬されているのであれば、彼女にも行かせてあげましょう。
「このあいだは俺だけ楽しんでごめんね、君も楽しんでおいで!」というように慰めてあげましょう。
彼女を嫉妬させてしまったことに対して、謝罪は必ず行うべきです。

もし彼女がお酒を飲まなかったりするのであれば、友達と遊びに行かせてあげることで慰めてあげましょう。

彼女が彼女の交友関係で遊ぶと、ほとんど間違いなく、飲み会で嫉妬してしまった出来事が話題にのぼります。

そこで愚痴として話してもらって、その後、その2の方法を使って慰めてあげましょう。

おわりに

いかがでしたか?
20歳を越えれば、いろいろな付き合いの中で飲み会に行くことが増えると思います。
その時、彼女が嫉妬してしまうことも増えるかもしれません。

嫉妬してしまった彼女を放っておくと、そういった大事な付き合いの飲み会に行くことすら反対されかねません。

大切なのは、「彼女を嫌な気持ちにさせてしまった。」と考えることです。
誰しも、大切なパートナーが目に届かない場所にいると心配していしまいます。
そして、心配してしまい、嫉妬してしまいます。

いつでも彼女のことを大切にしている、という姿勢を、飲み会の前後に必ず示しておくことが大切です。
束縛や独占を拒否するのではなく、嫉妬されてしまったら放っておかずに、彼女のことをしっかりと慰めてあげましょう。

ご精読、ありがとうございました。