彼女から返信こないときに行う男の行動!

彼女から返信がこない!こんなときに行う男の行動とは?

離れていてもスマホ1つでいつでもどこでも連絡が取れる時代。

便利な一方で、連絡を送ってもなかなか返事が帰ってこないと気になってしまいがちになりますよね。

特に、男性にとって彼女からの返信が遅いことは、不安な気持ちが込み上げてきやすいもの。

何かあったのかな?嫌われたのかな?など良くないことを連想してしまいがちに。

そんなときについしてしまいがちな男の人の行動パターンはどのようなものがあるのでしょうか。

そこで今回は、彼女からの返信がこないときに行う男性の行動パターンについて紹介したいと思います。

自分では自覚がなくてもいくつか心当たりがあるという人も多いかもしれませんので、女性だけでなく男性も心して読み進めていただければと思います。

きっと返信が来ると頑なに信じること

好きな異性とは連絡を取り合いたいもの。

ほとんどの人が常に肌身離さず携帯しているスマホは、メールやアプリを使えばいつでも気軽に連絡が取れる便利なツール。

誰もがその便利さを把握しているからこそ、連絡をしたにも関わらず數十分返信がなければ不安な気持ちになってしまいがちです。

返信までの時間が長ければ長いほど、こんなときに男性が抱く気持ちは、「きっといまはタイミング悪いだけ、必ず返信が来るから待っておこう」という信じる気持ちです。

この気持ちが芽生えているうちは、返信が届かない状況が1時間以上続いたときに陥りがちな状況。

仕事で忙しかったり、スマホを出せない状況になど場面や状況は様々だからこそ気長に相手を信じて待つという行動をする男性も多いのだとか。

不安な気持ちが増幅し居ても立っても居られない

返信までの時間が長すぎる!と我慢の限界を超えた男性に陥りやすい心理状況としてこのような待ち時間が長いときには目に見えない不安がこみ上げて来るケースが多々あります。

スマホをどこかに無くして困っているのではないか?また、事故にあって連絡が取れる状況ではないとか?など相手の状況がつかめないからこそ頭の中で最悪のシナリオを思い描いてしまい大切な彼女もその状況に巻き込まれたのではとイメージを重ねてしまうことがあります。

一人で頭の中に描いた最悪のシナリオに苛まれ、それ以外のことが何もイメージできなくなってしまう人も多いのです。

それだけ実は気にある相手からの返信がこないというのは男性にとっては居ても立っても居られない大事なのです。

自分が送ったメッセージを読み返す

相手からの返信がこないとき、悪いのは自分かも?という気持ちが湧き上がって来る男性もいます。

何か相手を怒らせるようなことを言ってしまったのではないかと不安になり、よくやりがちなのが自分の送ったメッセージを読み返すことですよね。

自分に何か落ち度がなかったかを確認することで気持ちを落ち着かせるというリラックス効果も期待できるこのメッセージの読み返すという行動パターン。

読み返した結果問題がないことを確認できたときには安心感を得ることができますので緊張の糸は少し緩和することができます。

一時的なリラックス効果となりますがそれだけ男性は返信がこない状況下では神経を張り詰めているといういっても過言ではないのですね。

自分の悪いところを見つめ直す時間

返信時間が遅くなると男性としては、彼女に愛想をつかされているのではないか?と不安がよぎります。

このような不安をかき消すための方法として、男子は自分の悪いところはどこかを見直すようになります。

自分が言った不用意な一言は何かないか?もしくは、もっと彼女のことを大切に扱わなければ取り返しのつかない状況に陥りかもしれないと一人で妄想をしているものです。

だからこそ、ふと返信が帰ってきたときに男性からの返信内容には優しさや気遣いを感じさせる文言が多めに含まれていたりするものなのです。

女性からするとただ返信が遅れただけという些細な理由だとしてもこの返信までの時間で起こった男性の頭の中のシナリオは女性には見に覚えがなく、「どうしたの?」という言葉が出て来るのですね。

女性が考えるよりも男性は小心者

男性にとって好きな人からの返信が遅いだけで不安に駆られてしまう生き物と言えます。

女性からすればただ連絡が遅れただけと思うことでも、待っている男性からすると今後の関係を左右するような一大ニュースのように頭の中では取り扱われているのものなのです。

つまり、心配性であり小心者と言えますよね。

もっと女性のことを信じてもいいのでは?と思うところですが、当本人からすると視野が狭くなり頭の中のシナリオに支配されてしまいがちなのです。

この状況を踏まえて、女性はできるだけ早く男性からメッセージが届いたときは返信をしてあげると良いかもしませんね。

また、うまく利用することで男の人を手玉にとることもできると言い換えることができるかもしれませんね。