振られた彼女を幸せにする男の魅力ある行動5選!

振られた彼女を幸せにすることは自分を大切にすること

自分の幸せの為に恋愛をしがちなのとは反対に、振られた彼女の幸せを願うというのは、それだけで男として人として素敵なことです。

そういう気持ちのある人を、女性だけでなく周りの人は見逃しません。

例え不器用で、気持ちを伝えるのが下手だったり、気の利いたことも言えなかったりしても、そういう相手を思いやる心のある人間こそ、最終的には幸せを得るし、信用されるのです。

では、別れた彼女を幸せにするには具体的にどうしたらいいでしょうか?

基本的には、彼女にしてあげられることはありません。

ただ見守っているというのが一番の方法です。

でも、この人と付き合って良かった、と彼女が思うような男性になることならできます。

色々な原因で別れたとしても、彼女が尊敬できるような男性になれば、そのような人と付き合っていた自分を肯定的に捉えられます。

そこに幸せがくるのです。

振られた彼女を幸せにするために自分ができること5選

行動を起こすとしたら、まず自分に対して起こしましょう。

彼女になにか助言したり彼女の為に何かしてあげることは、無用です。

なぜなら彼女は、一人の大人の女性であり、自分で選択する権利があるからです。

自分に対してできることは以下の5点です。

・自分の仕事に励む
・趣味や勉強を楽しむ
・人生そのものを楽しむ
・一人の時間を充実させる
・他の人に親切にする

楽しむことというのは、その瞬間瞬間を生きることです。

今を生きることは、毎日を充実させますし、ひいては人生を輝かせます。

他の人がどう思うかではなく、まずは自分が満足することが大切です。

仕事には、他人の評価が関わってきますが、それも含めて自分なりの方法や考え方を持って楽しみながらやれたら、評価は付いてくることが多いです。

なぜ自分が楽しむことが彼女を幸せにするのか

自分が楽しむのは自己満足で、他人には関係ないでしょうか?
確かに仕事などでは、途中段階でそう思われることもあるかもしれませんが、本当にこの仕事を成功させよう、実績を上げようと思えば、ただ無暗にがんばるだけでは足りません。

がんばるだけなら誰でも言えます。

そうではなく、顧客や取引先、また会社のことを考えて、工夫することが必要です。

そして、やっている人が犠牲ばかり多くて苦しいだけの工夫ややり方は長続きせず、相手側も最終的には離れていく場合が多いでしょう。

仕事をする側も、出来るだけ楽しく興味をもってやれる方が実績があげられることは、仕事をする人なら感じていることではないでしょうか?

そんな楽しんでやっている姿は周りを巻き込むことができるのです。

そういう人は、人間的にも成長します。

例え全く違う環境にいる彼女にも、いつか彼氏の変化を目にしたり、知り合いから聞いたりすることがあるのではないでしょうか?

そうすれば、彼女はかつて自分と付き合っていた男性がこんなに立派になったと誇らしく思い、自分も負けないようにがんばろうと前向きな気持ちになるでしょう。

一人の時間が充実してこそ、他人に優しくできる

自分が充実していなければ、本当の意味で他人に優しくできません。

例えば必死にボランティア活動することは素晴らしいことですが、もし、なにか引け目や劣等感を覆い隠すように人に親切にしているとすると、余計消耗してしまう可能性があります。

勿論、人に親切にして感謝されることによって、自分もモチベーションを上げられたり、理解を深めたりすることができます。

けれど、限界があります。

つい、自分はこんなにしているのにとか、親切心を踏みにじられたと感じると、怒りに変わってしまうかもしれません。

それなので、他人に親切にすると同時に、自分を満たすことは必要です。

じっくり好きなことに取り組んでみてもいいですし、もし興味があれば読書して見識を深めることもいいでしょう。

自分磨きというと言い過ぎかもしれませんが、子どもの時のように、誰にも邪魔されず好きなことに熱中できる時間をもつことは、他人を許したり受け入れる器を広げることになります。

そうやって自分の器を満たすと、自然と人にも親切にできます。

器が広い人は、自然と人が寄ってきます。

別れた彼女が万一何かで悩んでいたときは、相談しようという気になるかもしれません。

そうしたら、以前より広い視点で彼女の力になってあげることができます。

結果に捉われず、彼女の行く末を祝福する

もし振られた彼女が、他の人と幸せになったとしたら、気持ちよく祝福しましょう。

もし結婚するとしたら、誰かにおめでとうの気持ちを伝えてもらってください。

例えば同じ職場だとなんだかやりづらいかもしれませんが、それまでと変わらずの態度でいることで、彼女も安心して幸せになれるでしょう。

自分が、あの男は到底彼女を幸せにできないだろうと思っても、基本的には、むこうから相談をしてこない限りは口出ししない方がいいと思います。

なぜなら、よほど裏では犯罪まがいの酷いことをやっているのを知っていたり、DVで有名だったりする以外は、彼女の選択として尊重すべきだからです。

冷たいでしょうか?

人生は経験しないと分からないことだってたくさんあるのです。

恋愛だけなら気軽にしますが、結婚する場合は、未成年ならまだしも、普通ならば成人した女性は、きちんと自分なりに考えています。

彼女と過ごしたことは良い思い出ですし、それにより、自分も楽しいこと辛いこと色々な気持ちを経験し、今はより広い気持ちで彼女をみることができるのです。

そこまで、自分を高めることができれば、彼女が他の人と一緒になろうが、自分の元に戻ってこようが、どちらでも良いという気持ちになれます。

自分らしく生きることが出来ていれば、相手の意思も尊重することができます。

魅力ある行動には内面が伴います

大切なのは、魅力ある行動には、内面が伴うということを理解することです。

もしも、振られた彼女を見返そうと思ったり、復縁に執念を燃やして、がむしゃらにやっても、すぐに見透かされます。

しかし、たとえ最初はそういう気持ちが少しはあったとしても、本気で自分を磨いたり楽しもうと思って、様々なことにチャレンジすれば、きっとだんだんと自分らしさを開拓できるはずです。

振られた彼女に幸せになってほしいと思うのは、お互いに嫌な気持ちをもって別れたのではなく、彼女の意思を尊重してのことだと思います。

そんな彼女を幸せにするのは、自分ではないかもしれません。

けれど、彼女の幸せを願う純粋な心は、巡りめぐって彼の元に届き、彼自身がまた、別の幸せを掴む可能性を十分に秘めています。