彼女がヒステリックかどうか見抜く方法!

ヒステリック彼女を見分ける方法と対処方法

女性はホルモンバランスでどうしてもイライラすることがあります。

それなので、ちょっとイライラしているからと言って彼女が元からヒステリックかというとそれは分かりません。

けれど単なるホルモンバランスの問題以外で、いつもイライラして感情の振れ幅が大きいのは、悲観的、虚栄心が強い、被害妄想が大きい、というような性格の問題です。

そしてその性格を形作った生育環境に問題があることも多いでしょう。

もともとの性格+小さい頃の大人の接し方で、本人にとって愛情が足らないと、心が満たされておらず、ちょっとのことで裏切られた気持ちで悲しくなり、それを自分で処理できず、周りに当たり散らしてしまうのです。

同情できる点もありますが、やはりヒステリックな人と一緒にいると、自分のエネルギーを吸い取られるように疲れます。

特に、出来るだけ彼女の気もちに寄り添ってあげようと考えるような優しい男性は、散々に振り回されて終わる可能性があります。

それなので、ヒステリックな女性の見抜き方と、もしそういう彼女と付き合う場合の注意点を考えてみます。

ヒステリック彼女の見抜き方

ヒステリーだと、自分の感情をコントロールできなくなるので、突然怒り出して、キイキイと文句や不満をぶちまけたり物を投げたり、泣き出したりします。

けれど、そんな姿は初めから分かりません。

むしろ最初は明るくて快活と感じるかもしれません。

しかし特徴はあります。

・妙に明るい
・大げさな感情表現
・批判が多い
・人のせいにする
・持ち物などを自慢する。

・身なりが派手。

または、服装や食べ物などにこだわりが強い

等々、被害者意識が強かったり、極端な部分があるなと感じる場合は要注意です。

また、こういう女性は、100か0という考えが強いです。

つまり、ちょっと思い通りにならないと、もう許せないのです。

「今日は忙しいのね」とか「暇になるまで待とう」「そんな時もある」というふうに気軽に考える余裕がありません。

そういうところも見極めのポイントになります。

ヒステリック彼女の言動の裏にある心理とは?

ヒステリックな人に関わらず、心に不自由さを抱えている人は、外ではいつもテンションが高いとか、芝居がかったような明るさがあることも多いです。

本心を隠す為に、明るさを装っているのです。

人の悪口は、初めから全開にして言う人は少ないでしょうが、会話の端々に、会社や上司、同僚などへの不満や、そのせいで自分が大変な思いをしているというのを覗かせる人がいます。

そんな「かわいそうな自分」「頑張っているのに認められない自分」「不運な自分」を無意識にでも表してしまうのは、もしかしたら、自分の思うようにならない現実へのいら立ちと、それを認めて欲しい欲求があるかもしれません。

また、虚栄心が強いと一般的には派手でお金使いも荒そうな外見で分かりやすいですが、地味でも、見えないところにこだわりがある、例えば、美容に過剰なまでに執着があり、こういうタオルでないと駄目とか、この化粧品以外駄目という発言や、こういう男性でないと認められないなどといった、許容範囲が狭い女性も、自分に自信がなく、誰かに依存したい場合が多いです。

それにも関わらず、自分が思っていたのと違うと期待を裏切られた気持ちを、相手が悪いという方向にして怒りを爆発させるのです。

そしてその怒りこそ、自信のなさからくる不安の表れです。

ヒステリック彼女の根本の気持ちは?

ヒステリックな女性にとっては、自分は被害者なのです。

職場で自分の仕事が思うようにいかないのも、彼が仕事で忙しくて自分を放置したことも、喫茶店で注文と違うものがきたことも、思うようにダイエットできないことも、みんな誰かのせいなのです。

もちろん、誰かのせいの場合もあります。

けれど、そういった思うようにならない現実に対しての怒りを、誰かになすりつけたいのですが、自分より強い人や、良く知らない他人にまでヒステリーを起こすと、社会生活が破綻します。

それで、心許せる人に集中して当たってしまうのです。

これは極端な言い方ですが、ヒステリーを起こす人は、少なくとも被害者意識は強いです。

しかし当たられた方はたまったものではありません。

ヒステリックな女性は、当たられた人のことについて思いやる心の余裕がないので、反省はしていても、繰り返しヒステリーを起こし続けるからです。

そしてそのもっと奥には「愛されたい」という強烈な気持ちがあるのです。

愛を渇望していて、親のように何でも受け入れて認めてくれる人を求めていると言えます。

それが愛おしいと思えるような場合を除き、ちょっと厄介だと思われても仕方がないかもしれません。

ヒステリック彼女と付き合った場合の対処法

もし色々な経緯で、ヒステリックな女性と付き合った場合は、それも彼女の一部だと受け入れるしかないでしょう。

怒りや悲しみを他人に当たり散らすというスタイルで表現するのが習慣化している人には、それを止めるのはすぐには難しいです。

ただ、彼女も気を付けようとは思っています。

こんなにヒステリックだと大切な人もいつか自分の元を去っていくことくらいは分かります。

それなので、「イライラしたときは、これを見て」と小さな可愛いマスコットをあげたり、責められてもこちらまでイライラせず黙って聞いていて、落ち着いたらヒステリーの原因には触れず、一緒に散歩に出たり、気分転換に美味しいものを食べたりして、嫌な気分から離れるのを手伝ってあげましょう。

そんな思いやりの心に触れたら、もしかして彼女は変わるかもしれません。

同じ土俵で言い返したり反発するのは効果的な方法とはいえません。

それは、どうしても堪えられないときにとっておきましょう。

人間ですから、それはいくら何でもナシだろ?という時まで神様のように対応することはありません。

暴力を振るうのは論外ですが、断固反論することも必要です。

大切なのは、ユーモアを持つことと、彼女の責めるような言葉に自分の自信を失わないことです。

自分が悪いこともあるかもしれませんが、彼女の一方的な言い分であることも多いのです。

そして、耐えきれないと思ったら、彼女と距離を置くことも大切です。

ヒステリックな女性を近づけない方法

もしヒステリックな女性と付き合わないまでも、知り合いになったら、自分のスタンスをはっきりさせましょう。

例えば、会社や上司の悪口を話しても、下手に合わせてしまったり、彼女のこだわりに興味も関心もないのに、なんとなくつきあいで同調するのは避けましょう。

寂しがりやの彼女は、分かってくれた!と心の中で大喜びして、そういう人にもっと色々と求めてきます。

そして、いつものように勝手に期待して、勝手に期待を裏切られイライラするのです。

それなので、嫌なものは嫌だし、興味のないもの、意見が違うものは、自分の考えとは違うと、はっきりと言った方が余計な期待をさせずに済みます。

嫌がって過剰に避けたり、反対に彼女がっかりしたかなとか、慮る必要はありません。

彼女の考えに対して批判めいた言い方はせず、ただ淡々と、自分はこう思うと、考えをはっきりさせればいいのです。

自分と相手の違いをはっきりさせる境界線を作る方法は、相手のパワーを吸い取るようなタイプを近づけない為の、効果的な方法です。

自分を大切にすることは、相手も尊重することだとわかることは、大人の恋愛の大事な要素なのではないでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

ひなた あきら

ひなたあきら 42歳 フリーの心理カウンセラーです。 30歳の時にうつ病発病、自己治療のためにヒーリング、心理学、夢分析、催眠などを猛勉強しました。恋愛自由人でなぜか女性との付き合いは欠かしたことがありません。