彼女の手料理がメシマズだったら。彼女を傷つけずにうまく伝えるには?

どうにも手料理がメシマズ!彼女に上手く伝えるには?

彼女に手料理を作ってもらうのは、基本、うれしいものですね。

しかし、それも味が一定程度であっての話。

あまりにも「メシマズ」では、単純に苦痛にもなってしまいますね。

しかし「ご飯が美味しくない」とストレートに伝えるのは無理があります。

言われた側はたいへん傷ついてしまいますね。

かといって、とても食べられないような料理を口にし続けるのも、厳しいものがあります。

彼女の「メシマズ」加減について、どのように伝えれば良いのでしょう。

かなり難易度の高い問題ではありますが、交際が長期化していて。

同棲や、果ては結婚まで視野に入っている場合、これは無視できない話です。

無理をして我慢し続けると、最悪の結果を招いてしまうこともあります。

そもそも、手料理が苦手であると言う

世の中には、プロフェッショナルが作った料理のみが好きであり、「手料理」を好まない人もいます。

「コンビニのおにぎりは食べられるが、親の作ってくれたおにぎりはどうも苦手である」といった人も一定数いますね。

「学校給食や社食は好きだが、手作り弁当は苦手」とする人だって少なくありません。

自分がそのようなタイプだと早めに明かしておけば、問題は起きにくくなります。

そもそも、あまり手料理を出してこなくなることが多いでしょうね。

「彼女の手料理を食べることがない」といっても、考えようによっては大した問題ではありません。

彼女側からしても「手料理が好きじゃない人なんだな」と感じるだけであり、傷つくこともないでしょう。

「一緒に料理を練習したい」と言ってみる

特に「料理男子」でもない場合、ともに料理を練習してみるのも良い方法です。

ここでNGなのは「俺も」料理が下手だから、と言うことです。

「俺は」料理が良くわからないので、一緒に作ってみたい、としましょう。

メシマズ女子では、例えば味噌汁を煮込んでしまったりします。

それを「ダメだ」とたしなめるのではなく、スマホやPC、料理本などで確かめながら、「味噌ってあまり煮込んじゃダメなんだな」とか、「知っていく」様子を見せましょう。

スープがどうも生臭いといったときでも、「あ、スープって白ワインとかお酒を入れると良いんだなあ」などと語りながら、一緒に作ってみるのです。

彼女の気持ちとしては「ほめられてはいないが、けなされているのでもない」といったものとなり、不快感を与えないで済みます。

「味の濃いのが好き」と言う

メシマズ女子の場合では、味の濃さの加減がうまくできない場合があります。

薄味料理は、かなり腕がないとできないものです。

そこで「味の濃いのがとにかく好き」と言ってみましょう。

これであれば「マズい」と言っているのではないですし、地域によって味の濃さの好みも実際あるものです。

住んでいる地域が近くても、親のルーツなどによって親しんできた味には違いがありますね。

ある程度濃い目の味付けとしてもらえれば、それほど「マズい」という感じはなくなるかもしれません。

メシマズ女子では「味が濃すぎてしまう」ことにもなりそうですが、「もう少しだけ薄いのが良い」など、「自分の好み」の問題として言えば、彼女が傷つくことはないでしょう。

「少し濃さにうるさくて申し訳ない」とか、自虐気味に言ってもOKです。

料理男子ならば、自分の腕を見せつける

もしあなたが「料理男子」であり味も好評であれば、いつも彼女の手料理を味わうのではなく「交互に料理を作り合う」ようにしてみましょう。

彼女の料理の「マズさ」には触れないようにし、あくまでも自分の料理をしっかり作り、彼女にも食べてもらうのです。

「あれ?彼の料理ってメチャメチャ美味しい。

私は…?」などと感じさせるかもしれませんが、彼女の料理について何もダメだししなければ、直接傷つけることにはなりません。

彼女としては、内心で「このままではまずい…」と考え、あなたに教えを請うたり、あるいは料理教室に行ったりするかもしれませんね。

少々時間はかかる可能性がありますが、彼女の「メシマズ」が改善される期待が持てます。

結構難しいけど、「メシマズ」改善はできる

「メシマズ」彼女について、劇的に料理が上手くなることは、なかなか期待できません。

一種のセンスもあるからです。

しかし、直接傷つけるようなことを言わず、「メシマズ」改善、あるいは「メシマズ料理を食べない」ことは可能なのです。

「何かの味が苦手である」とは個人の感覚でもありますので、「一般的に言ってメシマズだ」と伝えるような表現をしなくても、当然良いのです。

かなり好きな彼女であっても、美味しくない手料理をいつも食べていると、無意識的に気持ちが離れていってしまうこともあります。

これは重要な話です。

やはり、何らかの形で解決は図りたいものです。

また、初めて手料理を振る舞う場合、緊張しておかしな味になってしまうことはあり得ます。

「メシマズ」度は2,3回味わってから判断しましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

sette

アラフォー社会人となっても、心理学・社会心理学の学びを続けています。日本心理学会認定心理士。人間の行動や認知メカニズムを知りたいとの好奇心から、心理学に関心を持ち、はや20年。机上の理論ではなく、実体験もふまえて、平易に楽しくお話します。地味でも効果的なテクニック、大胆な手法、おもしろテクまで。女性の心だけでなく、男性の心にもしっかり着目。コレ重要です。「叶いそうにない恋、厄介な男女トラブル、どうしてモテないのかわからない…」などなど、難しく思える状況も、案外カンタンに打開できることを知ってもらいたく思います。