彼女を抱きしめたい衝動を抑えるコツとは

彼女を抱きしめたくなったら場所を選んで行うべし。

彼女を抱きしめたい衝動を抑えるコツは、本音を言うとありません。

彼女を抱きしめたくなるという事は、愛しくて愛しくて、抱きしめたいと思っているので、それを抑えるという事は、本人にとっては、とても苦しい事と思います。

ただ、彼女を抱きしめる際に、気をつけないといけないのは、時と場所を選ばないといけないという事です。

それが結局は、彼女を抱きしめたい衝動を抑えるコツになるのですが、周囲の目を気にする事が、衝動を抑える事に繋がると私は思います。

よく道端で、周りの目を気にせずに抱き合っているカップルはいますが、それを本当にお互いが同意しているのであれば良いのですが、どちらか一方の自己満足の場合に困る事になります。

彼女を抱きしめたくなったら、相手の気持ちになること。

なので、彼女を抱きしめたくなったら、まず相手の気持ちになる事がとても大切です。

彼女が人前で抱き合う事に抵抗がないのであれば、抱きしめたい事を正直に伝えて、その衝動を抑えずに、抱きしめてしまう事も一つの方法だと思います。

しかし、彼女が人前で抱き合う事に抵抗がある人であったら絶対に、その抱きしめたいという衝動を抑える必要があります。

その時に大切になるのが、彼女の気持ちになるという事です。

つまり、もしここで抱きしめてしまったら、彼女は恥ずかしくなって、抱き合う事を嫌がるだろうし、さらには、自分の事を嫌いになるかもしれないという事をしっかりとイメージする事で、その衝動を抑える事が出来るようになると思います。

彼女を抱きしめたくなったら、最悪の事を考える。

つまり、彼女を抱きしめたくなったら、最悪の事を想像して、その衝動を抑える事が大切という事です。

彼女が嫌がる姿を想像し、さらには彼女が自分の事を嫌いになってしまう事を想像する事で、その衝動を抑える事が出来ると思います。

また、お互いに抱きしめたくなった時のルールを決めておく事も大切だと思います。

彼女に事前に、君を抱きしめたくなったら、どのようなサインを送ったら良いのかを確認し、彼女に、どのような状況であれば抱きしめて良いのか、また、どのような状況であれば、絶対に抱きしめてはいけないのかを、しっかりと決めておく事が大切だと思います。

彼女とそうした話し合いをしておく事で、比較的容易に自分の抱きしめたい衝動は抑えられると思います。

抱きしめたい衝動は、ルール作りをする事で抑えられる。

そういう抱きしめたくなった時のルールをきちんと決める事で、抱きしめたい衝動は、抑えられると思います。

なぜなら、こういう場所であれば、問題なく抱きしめられるという事が分かっているので、ここでは抱きしめられないが、あそこに行けば直ぐに抱きしめられるという気持ちの余裕が、容易に抱きしめたいという衝動を抑える事に繋げる事が出来るからです。

それだけ、彼女とのルール作りは、抱きしめたい衝動を抑えるのに大事なのです。

そういうルール作りを上手くする為には、抱きしめるという行為は、何も不純なものではなく、カップルにとっては、ごく自然な行為で、挨拶のようなものであるという事を、彼女に理解してもらう必要があります。

彼女に抱きしめるという行為は挨拶という事を分かってもらう。

このお互いに抱きしめ合う場所を決めるというルールを作るという事は、彼女を抱きしめたくなる衝動を抑える為には、なくてはならないものです。

なので、いかに彼女に、カップルで抱きしめ合う事は、大切な事で、その行為には、一切のやましさもなく、不純さもない事を理解してもらう必要があります。

つまり、抱きしめ合うルールを作る前に、カップルで抱きしめ合う事は、挨拶という事を、理解してもらわないといけないという事です。

その理解してもらうのに、彼氏は全エネルギーを注がないといけないと言っても言い過ぎではないと思います。

彼女を抱きしめたい衝動を抑えるのが、いかに大変かという事は、きっと彼女には理解してもらえないと思います。

なので、全エネルギーを注いで、抱きしめ合う事は、挨拶という事を理解してもらうのです。

男と女の違いが、こういう状況を生む。

若い男性は特に、彼女を抱きしめたくなったら、それを抑えるのに、とても大きなエネルギーがいります。

しかし先程から言っているように、この場所であれば、挨拶のように抱きしめても良いという場所が決まっていれば、抱きしめたくなっても抑える事は容易です。

それは、そこに行けば抱きしめられるという保証があるからです。

そして男性が抱きしめる事をいかに我慢するのが大変かという事は、女性である彼女には、なかなか理解してもらう事は難しいと思います。

それだけ男性と女性の脳は違うからです。

なので、思いっきり抱きしめたい時に抱きしめられる場所を確保する為に、しっかりとカップルが抱き合う事は、挨拶である事を説明すると必要があるという事です。