残業で彼女と会えなくなったときに怒らせずに伝える方法とは

残業でデートをドタキャン…どう伝えたら彼女は納得してくれるか

楽しみにしていた彼女とのデートの日、急に残業が入ってそのデートをドタキャンせざるを得なくなってしまうという事態が起こることがあります。

その時にどのように伝えれば彼女は怒らずに納得してくれるのでしょうか?仕事に励む男性に理解のある彼女だとしても、デートをドタキャンされるのはやっぱりがっかりです。

さらにその日のスケジュールがぽっかり空いてしまい、自分の貴重な時間が無駄になったという悔しさや腹立たしさもあります。

そのため、いくら仕事とはいえ開き直って堂々と伝えるべきではありません。

今後のことを考えてもまた同じような事態が起こる可能性もありますから、その都度丁寧な対応ができるようにしっかり頭に入れておいてください。

とにかくまずは謝ること!態度によって印象は違ってくる

残業が決まったら変な嘘や言い訳をせずに彼女には正直に話すようにしてください。

そして、とにかくまずは謝ることが肝心です。

中には「自分だって好きで残業をするわけじゃないんだ!」と意固地になり、彼女に謝るということがなかなかできない男性や謝りたくないと主張する男性もいます。

しかし、約束を急にキャンセルするということは相手に迷惑をかけ、がっかりさせてしまう行為であることは間違いありません。

その点においてはやはり相手に謝るのが筋というものです。

真っ先に謝ってしまうことで、彼女の方も理解しようと自分に言い聞かせて納得しようとしてくれます。

また、自分が悪いわけでもないのに謝るという紳士的な態度を見て、さらにあなたへの印象を良くしたり、信頼を得ることにもなります。

自分も残業を望んでいるわけではないと伝えること

男性の中には部下や上司に頼られると断りきれず、また、そういった人達にいいところを見せようとして自ら残業を買って出るような人もいます。

そうすることで周りにチヤホヤされ、会社からの評価も上がるのではないかと期待しているというずるい考えがあるからです。

恋愛は二の次といったそんなあなたの一面を知っている彼女なら、残業でデートの予定をダメにしてしまったあなたに対して呆れ返ってしまったり、「やっぱり仕事の方が大事なんだ…」と傷つけてしまったりするかもしれません。

そのため、彼女に会えなくなったことを伝える時は、決して自分も残業を望んでいるわけではないと伝えるようにしましょう。

そして、会えない悲しさや悔しさは彼女と同じだという気持ちをわかってもらい、一緒に我慢をして一緒に乗り越えていくようにします。

穴埋めとして別日を用意したり次回のデートに楽しみを作ること

彼女と会えなくなってしまったなら穴埋めを考えなくてはいけません。

特に普段から仕事で何かと忙しく、デートの予定を組めなくて困っているようなカップルなら当然必要なことです。

一度でもキャンセルしてしまうと次はまたいつ会えるかわからないため、彼女はきっと不安に思ったり寂しく感じたりしているでしょう。

それを払拭させるために、できるだけ具体的に別日を用意して会える時間を作ってください。

ただ、またキャンセルとなれば彼女の寂しさや怒りも倍増してしまいますから、確実な穴埋めができそうにないなら無理にそれをするのはやめて、穴埋めをするつもりでいるということだけでも伝えておきましょう。

償いとして次回のデートに楽しみを作っておくというのもおすすめです。

いつもより豪華なお店で食事をするとか、お詫びのプレゼントを用意しておくなどと伝えておけば彼女も楽しみにその日を待てるのではないでしょうか。

残業が決まった時点ですぐに連絡したと伝えること

彼女には少しでも誠意を伝えるために、残業が決まった時点でなるべく早くそれを伝えるようにします。

そして、そのように努めたことを彼女にもわかってもらわなければ意味がないため、残業になってしまうかもしれないという段階からこまめにラインやメールなどをしておければなおさらOKでしょう。

はっきりと残業だと決まったら「すぐに連絡をしなくてはいけないと思って取り急ぎ連絡しました」というような形で彼女に伝えてください。

早く伝えれば彼女に責められないというわけではないですが、そのおかげで他の予定を入れて時間を無駄に過ごすことなくやり過ごせる可能性もあります。

そうすれば彼女も寂しさが紛れますし、他の予定が進んで助かることもあるのではないでしょうか。

残業で彼女に会えない時は真っ先に彼女に配慮すべき

残業で彼女とのデートをキャンセルすることになってしまったあなたの残念な気持ちや腹立たしい気持ちは誰にだって想像できます。

しかし、あくまでもこちら側の都合によって彼女に迷惑をかけてしまうことになるため、自分の思い以上に彼女に対して配慮するということを最優先させてください。

しっかりとした信頼関係があればあなたの気持ちはちゃんとわかってもらえるでしょう。

ただ、それに甘えてばかりいるといつはか気が利かない男だと思われてしまいますし、彼女を我慢ばかりさせることにもなります。

彼女の不満はしっかりと聞いて受け止めてあげてください。

そして、会えなくなったという連絡の際も好きという気持ちをしっかり伝えることで絆を再確認させましょう。