彼女と同棲したいことを伝えるときに気をつけるべきポイントとは

彼女と同棲したいあなたはどうやってその気持ちを伝えるべきか

大好きな彼女と付き合っていて幸せな状態が続いていると、次第に「もっと一緒にいたい!」「離れたくない!」という思いが強くなり、彼女との同棲を考え始める男性も少なくないはずです。

彼女との同棲が叶えば、彼女と一緒にいる時間が増えるだけではなく彼女の寝起きやお風呂上りまで独り占めできますし、もちろん生活費の負担も軽くなってメリットもいっぱいのように思えます。

しかし、今のあなたの同棲したいという気持ちを正しく伝えることができなければ、彼女には様々な誤解を与えたり熱い思いが伝わらないままあっさりスルーされてしまう可能性もあります。

今回はそんなことにならないように、彼女に同棲したいと思ってもらえるようなベストな伝え方を一緒に考えていきましょう。

決してお金のためではないとわかってもらうこと

彼女に同棲したい胸の内を伝える時、彼女が賛同してくれるためにはどうしたらいいかと頭を悩ませて「堅実な彼女ならきっとお金の面でのメリットを言えばOKしてくれる!」と決めつけ、生活費の負担が軽くなることばかりを強調してしまいそうになったりします。

しかし、それはベストな伝え方ではありません。

それではあなたがお金を浮かせるためだけに同棲を望んでいるように受け止められ、彼女の恋心は冷めてしまいます。

また、「お金目当ての男だったんだ!」とあなたを見る目が一気に変わってしまうなんてこともあるかもしれません。

同棲生活は確かにお金の面でメリットはあります。

ただ、決してお金のためだけではないとわかってもらうために、一緒にいたいという気持ちを第一に伝えるようにしてください。

お金のことも話しておく必要はありますが、それは後からゆっくりでも構いません。

今すぐにと焦ってはダメ!彼女のタイミングがあるなら待つこと

彼女と同棲したい思いが高まっている今、あなたにとっては今すぐにでも同棲生活をスタートさせたいことでしょう。

しかし、彼女はどうでしょうか?転職したばかりで不安や緊張でいっぱいの状態ならそんな時にさらに頭を悩ませてしまうのはかわいそうですし、彼女が一人暮らしをしている現在の住まいがまだ契約して間もないようならとても引っ越す気にはなれないのではないでしょうか。

彼女と同棲したいという思いを伝えることで彼女には熱い気持ちが伝わるはずですが、彼女のタイミングを考えてあげることもせずに強く自分の思いばかりぶつけてしまうと「デリカシーのない人」と判断されてしまうので気をつけましょう。

まずはこのタイミングなら受け入れてもらえそうか彼女の状況をしっかり見極めてください。

わからないようなら会話の中から探りましょう。

それでも無理なら素直に話して「タイミングが来るまで待っていてもいいかな?」と謙虚な姿勢で提案してみることです。

彼女がひいてしまうほど「一緒にいたいから!」を強調しないこと

彼女と同棲したい思いが強すぎて彼女がひいてしまうほど気持ちを強調しすぎるのはイメージダウンです。

「一緒にいたいから!」も好きな相手とはいえあまりにしつこく言われると「そんなに私のことを監視していないと不安なの?」と信頼関係にヒビが入ってしまったり、「依存されてる?ちょっと気持ち悪い…」なんて情けない男のように思われてしまったりします。

むしろ、二人の時間にさらっと「同棲しよっか」なんてさりげなく伝えてくれた方がドキっとする女性もいるくらいなので、過剰に伝えすぎないということを心がけるべきです。

冷静に伝えるには大喧嘩の後やお酒の席などは避けましょう。

気持ちが高ぶっているとどうしても熱くなりすぎてしまいます。

今後の不安を解消するためにルールは先に決めて同意を得ること

彼女に同棲生活を提案する時必要なことは「ルールを先に決めておくこと」です。

ただ単に「同棲しようよ」と言われても彼女は今後の生活がイメージできずに困ってしまいます。

家具はどうする?お金はどちらが出す?もし別れることになったら?と頭の中がごちゃごちゃになってしまい、「このままでいいじゃない?同棲はやめておこうよ」と逃げだしてしまいたくなる女性もいるでしょう。

一度そんな風に機会を失うとまた提案するのにはとても勇気が要ります。

ですから、最初の提案時に彼女の不安を解消するようなプレゼンが必要なのです。

ルールを決める時は自分の意見は言いながらも自分本位になってはいけません。

彼女が何を不安に思っているかしっかりと耳を傾け、ひとつひとつ決めてクリアしていきましょう。

最終的にはあらゆる不安が解消されて納得の上で同意してもらうことが同棲生活をうまく続けていくためにも必要です。

彼女と同棲したいことを伝える時に大切なことは思いだけではない

彼女と同棲したいと思った時、多くの男性はその真剣な思いをわかってもらうことができればきっと彼女はOKしてくれると安易に考えます。

しかし、彼女の方にも理想とする二人の未来図がありますし、同棲ではないからこそドキドキが楽しめるなんておいう乙女心もあるかもしれません。

また、親の手前、結婚前に彼氏と同棲なんていけないことのように考えてしまったり、仕事の都合やまだ話していなかった今後の予定などもあるでしょう。

彼女と同棲したいことを伝えるなら、大切なことは同棲したいという思いだけではないということを理解しておきましょう。

思いをしっかり伝えることはもちろんですが、彼女の声にも耳を傾けてあげることもできない男性が今後の同棲生活をいいものに築き上げていけるとは思えません。