公共の場で彼女が屁をこいた時の解決方法!

白々しく彼女の屁こきをフォローしない方がいい

もし彼女が公共の場所で屁をこいてしまったら、古典的には「あっ、俺昨日から腹の具合悪くってさあ、ごめんごめん」と周囲に聞こえるように大声で彼女に話しかけるというのが正解とされてきました。

しかし、どう考えてもわざわざあなたが周囲にそれを聞こえよがしに言うのは不自然です。

彼女と周囲の人々の立ち位置によっては屁の音や匂いが彼女のものだという事がかなり疑わしいと思われてしまう場合もあります。

あまり不自然に演技をし過ぎないで、普通の声で、「あ、ごめんごめん」と周囲がなんだろうなあ、あなたが屁をこいたのかも知れないし、そうでないかもしれないし、まあいいやという漠然とした雰囲気に持っていきましょう。

もし屋外、コンサートや映画に来ているなら、そういう事を自分は気にしてないんだよという意味でそっと手を握ってあげて彼女に安心感を与えるようにします。

その場限りの解決に終わらせない

彼女も人間です。

トイレに行くのも当たり前ですし屁もこくでしょう。

しかしなかなか文化は若い女性が屁をこきまくるのを容認しません。

実は腸の動きが活発なのは20代から30代の女性に多いので、こうした人前でのおならに悩んでいる女の子も多いのです。

彼女に恥ずかしいと思わせずにだんだんと健康状態についてあなたが聞いてあげましょう。

今日はお腹壊しちゃったと聞いたら、いつから?大丈夫?どんな具合?などしつこ過ぎない程度にきちんと心配している事を伝えます。

生理が重い、痛いと言われたら気遣って携帯カイロを用意してあげたり疲れさせないように休ませます。

女の子は普通、自分の体でも生理の事も婦人科の事も知らないです。

ましてやおならが出やすい体質の事は悩んでいても自分ではどうにもならなかったことです。

ここにあなたという一緒に心配してくれる人が出てきたという事だけでも心強くなります。

彼女を馬鹿にしない、味方になってくれて体を心配している人がいるわけです。

さらに踏み込んで彼女の信頼を獲得

おならの事だけではなく、彼女の心身全体を心配しているというメッセージを伝え続けましょう。

ストレスを抱えやすく緊張感が高く、お腹が痛くて漏らしてしまうことがある過敏性大腸症候群(IBS)は整腸剤服用で腸内環境が改善されると好転する事があります。

緊張するとお腹痛くなったりしない?と言うと彼女のおなら症を心配していると伝える事になります。

彼女が悩んでいるのならば内科受診を勧めてもいいでしょう。

IBSは精神的な要因が大きいと言われている病気です。

仕事や彼女が何かプライベートな事で悩みを抱えていないか、親身になってきちんと話を聞いてあげると安心できるようになります。

ストレスを抱えている人は肩こりや腰痛で悩んでいる場合もあります。

彼女の健康状態をいつも心配していて考えているあなたを彼女は自分の事を大切にしてくれる人だと認め、感謝するようになります。

あくまでも彼女を大切に、彼女第一主義に

あなたが医療の専門家でなくてもこの際彼女に健康的になってもらい、心と体に悪いところがないか検査を受け、悪いところを良くしてもらうという事を前向きに考えましょう。

婦人科受診は抵抗がある女性が多いので無理強いはできませんが、生理前に心身の不調が激しいのならば月経前症候群の疑いもあります。

また、好まない人が多いですが歯科に定期的に検診に行くことは大事です。

歯茎の健康は全身の状態と深く関係しています。

虫歯での早食いはダイエットの大敵です。

肩こりや緊張性の頭痛は痛み止めでその場で対症療法だけをするのではなく体の不自然な姿勢から来ている場合もあります。

保険適用ができる整体も多いので評判をよく調べて行くように勧める、また一緒に自分も行ってみてもいいでしょう。

あなたも彼女と同時に健康的になっていきたいと前向きな姿勢を見せたいものです。

これらは彼女が自分を大事にしてもらっているという意識につながります。

彼女に恥をかかせない自然な付き合いを

彼女のおならに対する緊張を解くということも大事です。

おうちデートをする時には、おならを我慢すると体に悪いから、自由にお互いにおならをする事とルール化すると、女の子は結構自然におならをあなたの目の前でもするようになります。

それまではかなり無理をしておならをあなたの前でも我慢していたのかも知れません。

そうなの?と聞くと大抵女の子はうん、と答えるでしょう。

人間だから当たり前の事だし、体質があるし、女の子は男と違って便秘になりやすいからガスがたまるからおならが出やすいんだよと彼女に伝えます。

実際男女でも腸の働きは違うので、あなたよりも彼女の方がおならの回数は多いでしょう。

決してそれを指摘してからかったりしてはいけません。

繊細な子なら泣き出してしまいます。

あなたの前で苦しくてもおならを我慢するように頑張ろうと無理をします。

彼女の全てを大事にしていることを伝える

あなたが好きな彼女は生身の人間です。

いつも自分が思うように自分の体をコントロールできるわけではありません。

完全な人間はどこにもいません。

うっかり忘れ物をしたり失くしたり、勘違いする事も失敗する事も多いのです。

その度に恥ずかしい思いを彼女はするでしょうけれど、あなたはそういう彼女を暖かく見守ってあげましょう。

どんな不完全な部分も含めてそれはあなたが好きになった彼女全体です。

彼女を包み込むようにして彼女の全てが好きな事を伝えます。

彼女のちょっとした失敗をフォロー、心身全体の状態をいつも観察、何かあればすぐに手当てを可能にしてあげましょう。

そうするとあなたは普通の男ではなく、これまでにされた事がないほど大事にしてくれる白馬に乗った王子様のように思われるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

ひなた あきら

ひなたあきら 42歳 フリーの心理カウンセラーです。 30歳の時にうつ病発病、自己治療のためにヒーリング、心理学、夢分析、催眠などを猛勉強しました。恋愛自由人でなぜか女性との付き合いは欠かしたことがありません。