彼女が5年いないのは恥ずかしいことなのか?隠した方が良い?

5年間彼女なしという状況でも恋愛を始めるコツ

彼女がいない期間が長くなると、次の恋愛に踏み出すのが難しくなってしまう人もいるかもしれません。

でも、女性にしてみれば、5年間彼女がいないことくらい、気にならないものです。

逆に、彼女と別れてばかりという男性には、ちょっと警戒するかも…。

もし今付き合っても、元カノと比べられたり、元カノに戻ってしまうんじゃないかと不安になるからです。

だから、彼女が5年いないからといって恥ずかしく思う必要は全くありません。

これまでの5年間も、きっと何かしら成長できたはずです。

これからいつでも恋愛を始められるように、自信をもっていたいですね。

では、彼女がいなかった5年間はどのように過ごしてきたのでしょうか。

ちょっと整理してみましょう。

元カノのことは思い出になって消化できたか

まず、女性が気になる元カノの存在。

5年間彼女を作らなかった理由が、元カノにあるのでは?と思う女性は少なからずいるでしょう。

元カノが好きすぎて新しい恋愛を始める気にならなかったという場合は、ちょっと引いてしまうかもしれません。

逆に、元カノがひどかったから恋愛がトラウマになっているという場合は、女性の方からアプローチしやすい状況なのです。

恋愛で傷ついた男性というのは、女性としては自分が幸せにしてあげたいと思うので、恋愛を始めやすいからです。

ですから、もし後者が当てはまるなら、隠すどころか自虐ネタとしてアピールしてもいいくらいですよ。

どちらでもなく、元カノのことはいい思い出として、引きずっていないのなら問題なしです。

恋愛以外に打ち込めることがあったか

彼女のいない5年間、何かに打ち込んでいたとしたら、それは素敵なことです。

仕事を頑張ってきたにしても、好きなこと・趣味を追求してきたにしても、それは自分を成長させてくれたはず。

何かに打ち込んでいる人は、魅力的に見えるものです。

そして、恋愛を始めようという気持ちになれている今は、余裕もできて、より素敵な人になっていますよ。

その5年間自分がしてきたことに自信を持ってくださいね。

新しい恋愛を始められるようになってからも、自分の打ち込めるものは持ち続けていた方が、うまくいくでしょう。

恋人に全てを捧ぐ人より、自分の世界を持っている人の方が、確実にモテます。

もし、特にこれといって何もしてこなかったという人がいたら、恋愛の前に何か見つけた方がいいかもしれません。

女性と関わることに慣れよう

恋愛がご無沙汰だと、新しい恋の始め方ももう忘れてしまっていますよね。

そんな人が陥りやすいのが、女性と関わることに極度に緊張してしまうこと。

せっかくいい人が現れても、そんな状態では仲良くなれるチャンスも失ってしまいます。

そこで、いざ恋愛が始まっても大丈夫なように、女性と関わる機会を自分で作り、慣れておくことが大切です。

合コンやイベントに参加したり、趣味の集まりに顔を出したりするのは気軽にできておすすめです。

人と会話することに慣れていると、初めて会った人とも打ち解けられるので、恋愛のチャンスがグンと増えます。

やはり、女性としても、一緒にいて楽しい人とはまた会いたいと思うものですので、どんどん女性と関わって慣れましょう。

落ち着いて行動すれば大丈夫

いいなと思える女性と巡り合えたら、連絡先を交換して二人で会ってみましょう。

そこから恋愛がスタートするかもしれません。

気を付けたいのは、相手のペースに合わせること。

しばらく恋愛をしていないと、連絡の取り方や誘い方も忘れてしまっているかもしれません。

焦って自分のペースを押し付けると空回りしてしまいます。

うまくキャッチボールできるよう、相手の出方を見ながら行動してください。

ちょっと自分がリードしながら相手に合わせるように行動すると、失敗は少ないです。

相手の好きなことや好きな食べ物をデート中さりげなく盛り込みながら、自分の好きなものも伝えていくと、どんどん二人の距離が縮まります。

久しぶりな分、新鮮な気持ちで楽しめると思いますよ。

恥ずかしがらず恋愛を始めよう

彼女が5年間いなかったとしても、それまでの恋愛を引きずることなく消化できていて、自分の生活をしっかりと過ごせてきたのなら、全く引け目に感じる必要はありません。

久しぶりの恋愛を楽しむためにも、一人だった間の自分に自信を持ってください。

きっと、あなたの良さをわかってくれる女性がどこかにいますので、そんな人と巡り合えるチャンスを自分から作っていきましょう。

そして、5年前に彼女と別れたこともそれから彼女ができなかったことも、この人と出会うためだったんだと思えるような、素敵な恋愛ができますように。

そのためにも、自分の暮らしをしっかりと続けながら、様々な女性と関わって、いつでも恋愛できる自分になってくださいね。