彼女を作りたいけど諦めた理由ベスト5

彼女を作ることを諦めた5つの理由とは一体何なのか

恋愛もまだまだこれからという20代~30代のあなたが彼女を作ることをすでに諦めてしまったのはどうしてなのでしょう。

どうせモテない、または女性を満足させてあげられそうにない、こんな自分への絶望から諦めざるを得なくなってしまったのか、彼女を諦めた方が他の部分でメリットがあると感じてしまったか、原因はいろいろと考えられます。

ただひとつ言えることは、諦めるきっかけとなったことをそのまま信じ切ってしまうべきではないということです。

恋愛はたいていの人が憧れを抱く素敵なものです。

そのキラキラした世界をこんな年齢から諦めてしまうなんて悲しすぎます。

今回は彼女を作ることに諦めてしまった理由に加え、そんな時にどうしていけばいいのかを考えていきます。

女性の前だと緊張してしまう

女性の前だと緊張してうまく話せなくなってしまう男性も多くいます。

あなたもそれが当てはまるならこれまで幾度となく無理をしてきたに違いありません。

彼女を作ろうと頑張ってみた時ももちろんそうですが、学生の頃のクラス内のやりとりや部活の連絡のやりとりなど女性と接する場面はどうしてもあります。

しかし、女性と自然に接しようと思えば思うほど意識しすぎて固くなってしまうあなたがいたはずです。

こんなあなたはもう彼女を作ることを諦めるしかないのでしょうか。

実は、女性の中には自分と接する時に明らかに緊張しているウブな様子を見てメロメロになってしまう人もいるのです。

あなたのモジモジする様子が可愛らしく見えたりきゅんときてしまう女性にとって、彼女を作ることを諦めてしまうということはあまりにももったいないことです。

お金がないのでデートができない

給料が少ないとか借金を抱えている男性にとって彼女を作ることなど贅沢すぎると感じてしまうこともあります。

彼女がいるとデート代やプレゼント代がかかりますし、いずれは同棲や結婚などとなっていくかもしれません。

それなのにお金がなければそれらも叶わず、どっぷり相手にハマってしまった後に別れなくてはならないという辛さを味わう可能性があります。

それが怖くて先に彼女を作ることからリタイアしてしまいたくなるのです。

では、お金がないことをもっと前向きに考えてみてはどうでしょうか。

貯金や節約は目的がないとなかなかうまくいきませんから、その心理を利用して借金返済や充実したデートのためにコツコツとお金をためるという目標を持ちましょう。

それができれば今すぐには無理でもきっと近いうちに彼女を作ろうと行動できてくるはずです。

仕事人間の自分に彼女なんて必要ない

仕事人間のあなたにとって彼女の存在は邪魔なだけ、だから彼女は諦めよう…こんな発想になってしまう男性もいます。

根っからの仕事好きであり、何かに集中すると回りが見えなくなってしまうような真面目な性格の持ち主に陥りやすいケースです。

ただ、仕事人間のあなたが本当に彼女を諦めるべきかと言えばそんなことはありません。

彼女が見ていてくれるからこそ仕事の励みにもなりますし、彼女との未来があるからこそ頑張り続けることもできます。

また、充実した恋愛のおかげで生き生きとできれば仕事だってもっと舞い込んでくる可能性もあります。

仕事人間だからこそ仕事を謳歌するためにも彼女という存在が必要になる時もあります。

愚痴を聞いてくれる、体調を気遣ってくれる、自分の存在価値を高めてくれる、こんな彼女の存在があってこそ仕事人間のあなたは今以上に輝けます。

理想の女性に出会ったことがない

今まで理想のタイプの女性に出会ったことがないというあなたは「これ以上探したって見つかりっこない」と諦めてしまうのも当然のことなのかもしれません。

ここまで何年何十年と運命の相手を追い求めてもダメだったのですから、ここからさらに探したところで年老いる前にそんな相手に運よく出会える気にもなれないのです。

しかし、理想の女性には思わぬタイミングで急に出会うということもあります。

希望を捨ててしまうことによりそんな運命の出会いもスルーしてしまうなんて悲しすぎます。

理想の女性に出会ったことがないならどうしてなのか考えてみてください。

理想が高すぎたというせいかもしれませんし、女性との接点が少なすぎたことが原因だったりもします。

それならその原因を断ち切ればまだまだ夢は持てるはずです。

極度の面倒くさがりやである

極度の面倒くさがりやのあなたは彼女を探すことも彼女ができてからのやりとりも手間ばかりかかって楽しそうに思えません。

確かに自分とは違う生き物と言ってもいいほど女性というのは難しいものです。

恋愛経験が浅くプライドの高いあなたがそれを大変だと感じるのも当然ですし、他にやりたいことがあるなら自分の気力や体力をそちらに注ぎたくなってしまいます。

面倒くさがりなのであれもこれも欲張ってみせることはなかなかできません。

しかし、性格に合わせて生きることは楽ですが自分を成長させないという一面もあります。

面倒くさがりという厄介な性格はこのままにしていてもいいのでしょうか。

彼女を作ろうとすることで強引にでも性格を改善していけるとすれば、面倒くさがりながらでも恋愛に足を踏み入れるべきだと考えてしまいます。