彼女と同棲するのに適した間取りとは

彼女と同棲するならどんな間取りがベストなのか

彼女と同棲するならどんな間取りの住まいを選ぶべきなのでしょうか。

広い部屋ならゆったり快適に過ごせますが、その分家賃が高くなって負担が増えてしまった、高い家賃のせいで古い住まいを選ばざるを得なくなることもあります。

狭い部屋なら家賃は安く節約もできますが、収納が少なく不便だったりせっかくの同棲というムードを台無しにしてしまうような質素な雰囲気にがっかりすることになるかもしれません。

また、部屋選びにおいてどこを重視するかという点は性別による違いや個人差も大きいのでそう簡単にはいきそうにないというのが現状です。

今回はそんなカップルのために同棲にぴったりな間取りをご紹介していきます。

狭い部屋にも広い部屋にもそれぞれメリットデメリットがあることを知り、じっくり考えていきましょう。

ひと部屋だけでコンパクト…1R

キッチンを含んだひと部屋だけの間取りとなっている部屋が1R(ワンルーム)です。

ほとんどの場合は一人暮らしの方が選ぶような狭さではありますが、彼女と同棲をしながら貯金を頑張っていくつもりなら安い家賃のおかげでしっかり目的が達成されるのでオススメです。

狭い部屋だと家具を置くスペースも限られるため、質素ではありますが必要以上にものを置かないシンプルな生活ができます。

おかげで掃除も楽になりますし、物欲を抑えた自分達らしい生活にだんだん愛着が湧いてくるということもあるかもしれません。

また、狭いおかげでベッドもひとつしか置けそうにありませんし、常にぴったり寄り添ってラブラブな生活が送れるというメリットもありそうです。

ひと部屋プラスダイニングキッチン…1DK

ひと部屋にダイニングキッチンをプラスした1DKも同棲にオススメできる間取りです。

1Rならお客さんが来た時に室内が全て丸見えとなってしまいますが、1DKなら壁や扉で仕切られているので生活感を隠せて大変便利です。

特に男性側は彼女の洗濯物などが来客者に見られるなんて耐えられないはずですから、1DKは彼女を守るためにもぜひ考えてみたい間取りではないでしょうか。

1DKも基本的には一人暮らし用の間取りと言えるでしょう。

そのため家賃も安めなので貯金に励むこともできます。

部屋にいながらキッチンにいる彼女の手料理をワクワクと待つことができるというのも同棲生活の醍醐味であり、部屋が分かれているおかげでそんな楽しみも広げられます。

ひと部屋プラス広めのダイニングキッチン…1LDK

1DKよりも広いキッチンスペースがある1LDKなら様々な使い方ができるというメリットがあります。

例えばLDKをメインに使い、残りひと部屋は丸ごと収納スペースにしたり仕事部屋にすることだってできます。

これなら荷物の多い彼女も仕事を家で頑張りたいあなたもストレスがなく同棲生活に不便を感じません。

また、部屋に友達や親を呼びたい場合でも寝室を完全に隠すことができるのでプライベートを想像されることもなくなります。

これは恥ずかしがりやなカップルには大きなメリットです。

キッチンスペースが広いという点に注目するなら調理家電をあれこれ揃えて料理を頑張りたい彼女にはぴったりです。

また、1LDKは物件数も多いので部屋選びもしやすいと感じるはずです。

部屋がふたつとダイニングキッチン…2LDK

彼女との同棲でオススメしたい2LDKというゆったりとした間取りは一見広すぎるように感じるかもしれません。

しかし、それぞれが一人で過ごせる時間もちゃんと確立させたいという自立したカップルにはぴったりの間取りと言えます。

いくらラブラブのカップルでも一人になりたい時間もありますし、ケンカした時などに静かに頭を冷やすスペースがあると助かるのではないでしょうか。

また、個人の部屋にしないのであれば趣味の部屋や来客用の部屋にもできるので何かと使い勝手が良く便利です。

2LDKは広さがある分家賃もお高めとなってしまいます。

ただ、同棲生活なら二人で家賃も出し合えるので窮屈ではない暮らしも可能なのではないでしょうか。

カップルが違えばベストな間取りも違ってくる!

あなたが彼女との同棲でどんな間取りの部屋を探すか迷ったなら「何を重視しながら同棲生活をしていくか」ということを考えてみるべきです。

安い部屋で結婚に向けてしっかりと節約をしていきたいのか、古くても広い部屋でゆったり快適に過ごしたいのか、彼女とのラブラブな空間をぶち壊しにしないような広くて綺麗な住まいを望むのか、あなたの希望と彼女の希望をしっかり出し合いながら妥協できるところとゆずれないところをはっきりさせていきましょう。

カップルが違えばその数だけベストな間取りも違ってきます。

自分達らしい快適空間を見つけていくために周りの意見に流され過ぎず二人でじっくり決めていくべきです。

同棲生活の楽しさはそんな話し合いの段階からすでにスタートしています。