彼女が「ぎゅーして」と言ってくるときの心理とは

彼女が望む「ぎゅーして」の意味とは

彼女が「ぎゅーして」と言ってきたときその彼女の心情はいくつもあるます。

男側からはただ甘えているだけに見えてもその心はいくつもの感情があります。

甘え・慰め・ぬくもりが欲しい・さみしさの紛らわせ・嫉妬・愛情表現などがその行為の彼女側からの心情として考えられます男側はその行動がどの感情にあたるのか理解していることが大切です。

その感情を理解しておけば彼女が何をしてほしいのか、どんな風に接してあげればうれしいのかを理解することが出来ることが出来るからです。

相手を思い彼女を大切に思っているのならそのような感情を読んだうえでの行動も大切になってきます。

その行動に隠された感情や心情を可能な限り理解敷くことが大切です。

甘えたいと心情からの行動

まず甘えの行動の場合です。

これは相手が好きで自分を甘えさせてほしいという感情のもとで動く好意です。

この場合彼女は相手を甘えられる存在だと認識しているという事になります。

つまり男は頼りにされているという事です。

この場合は可能な限り傍にいてあげると良いです。

頭をなでるのもよい行動になります。

間違っても彼女を遠ざける行為はしてはいけません。

彼女は自分を頼りにし、自分の弱さを受け入れてくれると判断していないと甘えません。

女性にとって甘えるという恋は行為は相手を信頼していないとできない行為です。

その信頼には真摯に向き合ってあげることが大切です。

そしてその彼女の弱さを受け入れそっと甘えさせてあげましょう。

慰めとぬくもりを求めて

次に慰め又ぬくもりを求めての行動です。

この反応は一人暮らしや地方から出てきた女性に起こりやすいもののひとつです。

今まで家族と住んでいたのに急に一人で住みことになる。

それは思いのほかつらいものです。

最初は一人暮らしは楽しい又楽しみと考えそうはなかなか感じないのですが1か月から2か月を過ぎると家族や誰かのぬくもりを求めてきます。

それと共に仕事などで何かミスをしてしまうと慰めてくれる人を欲してしまいます。

そういった心情に支配される女性も異性に慰めてほしいと感じる子は異性に触れてほしいと感じるため「ぎゅーして」と言ってくる場合があります。

そういった場合は落ち着くまでそばで支えてあげましょう。

そのうえでその子の話をきいてあげることが大切です。

嫉妬からの行動について

次は嫉妬からの行為の場合です。

この行為はごくごくまれに嫉妬から起こる場合があるのです。

相手の男が女性といるのを見かけた。

女性と二人で話していて笑顔で笑っている。

そういったときに彼は自分の彼氏なのにと感じ嫉妬心がうまれ相手に自分という存在を刻み付けるためにこの行為をするといった場合があるようです。

動物でいうマーキングと同じ行動です。

嫉妬による行動の場合はその行動のなかで多くのことを要求してくるので比較的わかりやすい感情です。

その場合は相手に嫉妬させている原因について考えましょう。

そのうえで自分も嫉妬している彼女に愛情表現で示してあげることで嫉妬からの不安が落ち着き彼女を安心させることがこの心情からくる行動への対処方です。

愛情表現として行われている場合

最後に愛情表現として行われている場合です。

先ほどの甘えとマーキングが重なったときにこの行為を愛情表現として行う場合があるようです。

その場合は自分を受け入れてほしい、自分を知ってほしいといった感情が芽生えているからです。

その彼女がその男に自分をさらけ出している状態です。

この状態は女性側が比較的男側の要求に応じてくれるのでこれもわかりやすいと言えるでしょう。

この場合は男側も彼女にしっかりと愛情を示してあげることが大切です。

その彼女に自分が思っているように彼も自分を愛してくれているという事をしっかり理解してさせることでこの行為への回答となります。

この心情の彼女から好意を受けた時はしっかり自分の愛情表現も示してあげることが大切です

「ぎゅーして」と言う子の心情

女性がこの行為を異性に求める時はほぼ必ずと言っていいほど相手に何かしらの行為を持っています。

その行為を相手に求められたならその女性にとって自分は他とは違う存在だと言われているのと同じです。

ならその求められた行為には答えてあげることが大切です。

その子は相手にその行為を求める時その行為を受け入れてくれるか緊張と不安を持っています。

その子に特別だと思われたなら男側も答えてあげましょう。

その行為は求められたあいては受け入れてあげることが大切です。

拒む行為はその彼女を愛していないという意思表示と同じです。

その彼女を愛しているなら「ぎゅーして」と求められたか必ず答えてあげるようにしましょう。

たとえどれだけ時間が忙しく短い時間になってもその行為をして答えてあげることが大切なのです