彼女とレスに・・・経験者が語る彼女とレスになった時の原因と対処方法

経験から語る、レス解消法について

大好きで付き合い始めた彼女、いつも一緒にいたい。

イチャイチャしていたい。

しかしだんだんとレスになったことはないでしょうか。

思い当たる節があって改善点があればいいのですが、何も理由がなくレスになってしまった時は男としては焦ります。

どんな風にすればまた彼女と心身ともに愛し合えるのか。

レスになってしまうのにはあなたにも思いつかないし、彼女自身も意識的にきちんと気づいていないなんらかの原因があるのかもしれません。

どのカップルもレスになる可能性はあります。

レスにならない方法、レスから抜け出すための方法は何でしょうか。

セックスは男女にとって大切なことです。

デートをする、同じ時間を過ごす、そこで楽しめたとしても物足りなさは残ります。

恋人同士にとって体と心の触れ合いは大事です。

多くの女性と付き合ってきた中で僕自身も何度か陥ったこういった危機について、自分なりの経験から打開策を考えてみました。

タイミングとコミュニケーションが大切

セックスというのは2人の気持ちが一致したタイミングが大事です。

あなたが性欲がたまった時だけ誘って、彼女が寂しくてあなたとの触れ合いが欲しい時にあなたが構ってあげない状態が続くと彼女は不満を持ってしまいます。

セックスの頻度の多さは彼女の気持ち、体調にも左右されます。

それどころではないほど疲れている時に誘われるのが繰り返されると彼女も嫌気が刺してしまいます。

誘い方も大切です。

彼女好みのムードのあるものにして、彼女がリラックスした状態でボディタッチをしてみれば彼女がその時にあなたを求めているかどうかはわかります。

そしてセックスがしたいということもはっきりと口に出して伝えましょう。

漠然とした誘い方だと彼女にも伝わりません。

「きちんと誘ってよ」と言われてしまいます。

セックスそのものについて振り返る

セックスが彼女としては満足できるものとなっているかどうかということを確認することも大切です。

セックスの仕方の好みは千差万別です。

一般的に前戯が短か過ぎて不満を持つ女性は多いですが、長時間過ぎると彼女は疲れてしまいます。

若い女性はエクスタシーを感じたことがない場合も多いのですが、絶頂に達する悦びを知っている子だと、あなただけが気持ちよくなって終わるセックスだと不満が残るでしょう。

女性にとってセックスの持つ意味合いは、性的快感だけでなく肌と肌が触れていて暖かさを感じて安心するという接触欲求、依存欲求を満たすものです。

セックスが終わったあとにあなたがさっさと服を着て、もう終わったから帰る、別のことをし始めると彼女が幻滅する原因になります。

終わった後も彼女を抱きしめてキスをして好きだよと繰り返して伝えましょう。

愛の足りない行為に彼女は不満を持ちやすいのです。

彼女の気持ちに今ゆとりはあるのか?

セックスは心の余裕がないとできません。

彼女が仕事のこと、家族のこと、友人関係で強いストレスを感じているときに誘っても彼女の気持ちに準備態勢はできにくいでしょう。

そんな時には彼女と今すぐにセックスすることを考えるよりも、彼女の抱えているストレスを受け止めてあげましょう。

リラックスさせるためのボディタッチとしてマッサージをするのも効果的です。

精神的に落ち込んでいる人は話していてもなかなか笑顔が出てきません。

体をほぐすことも大切ですが、まずは心をほぐしてあげましょう。

ユーモアは暗い気持ちを助けるための何よりの薬になります。

泣いている彼女、辛そうにしている彼女と話していて、あなたにだから安心して見せられる笑顔を引き出す会話のテクニックも必要です。

心のつながり、信頼関係を大切に

あなたと彼女との信頼関係も大切です。

喧嘩して口も聞けないほど気まずい関係が続いているときにすぐにセックスに至るのは難しいことです。

ただし、怒っている彼女に対してあなたは怒っていないし、彼女を愛しているということを示すためにぎゅっと抱きしめること、キスをすることで彼女の怒りがすーっと溶けて柔らかくなっていくこともあるでしょう。

あなたの日ごろからの彼女との会話ややり取りを振り返ってみることも大切です。

いつも何も彼女に相談しないで一人で勝手に決めつけてしまっていないか、彼女を放置して自分の予定ばかり優先して事後報告だけにしてしまっていないかなどです。

セックスは体だけでなく、心も深くつながっていないとその気になれないものです。

彼女と話し合ってあなたに不満はないか、決して言い返したり逆ギレしないで聞いてみましょう。

焦らず、二人で恋愛関係を再度構築する工夫を

長く付き合っているとなんとなく倦怠期のようになってしまうのでレスになってしまうこともあるかもしれません。

一緒に面白い映画を見たりDVDを見る、確かに楽しめますがそれだけの関係が長続きするとお互いに物足りなさを感じていくようになります。

映画やDVDだけでもあなたが普段は見たがらなくて、彼女が以前から見たがっていたロマンチックな恋愛物があれば、一緒に愛情たっぷりの雰囲気に浸れる可能性があります。

理由なしに一時的にレスになってしまうこともあるかもしれませんが、そこであなたが変なコンプレックスを強く持つ必要はありません。

自分の性器が小さ過ぎるのではないか、挿入時間が短か過ぎるのではないかとか、多くの男性が気にしていることは女性にはそれほど大きな問題ではない場合が多いのです。

そのために卑屈になってしまったり焦ってしまうと逆効果になるので、自分と彼女の関係を冷静に見直しつつ、彼女への変わらない愛情をたくさん注ぎ続けていくことが遠回りのように見えて、レスを克服する一番の早道です。