彼女に対して劣等感を抱いてしまう時の原因と対処法

あなたが彼女に劣等感を持ってしまった時、その理由と対処法

付き合っている彼女にいろんな意味で劣等感を感じることがあるかもしれません。

特に男性は相手の職業、年収、社会的地位などで相手との力関係を判断する傾向があります。

もし彼女が自分よりも優れている何かを持っていて、そこであなたが卑屈になってしまったら、彼女はあなたに対し、包容力が足りないと失望してしまうかもしれません。

また、社会的要因でなくても劣等感を刺激しかねない理由もあります。

彼女が美人過ぎて、彼女やあなたの友人たちから、美女と野獣のようだね、と言われたら心地よくないでしょう。

彼女がとても優しく、性格的にも完璧で、誰からも好かれているのにあなたは普通の人だと、それも他人から蔑視されているような気持ちになるかもしれません。

自分がけなされているような感覚は不快なものです。

家柄が違い過ぎる時の対応

劣等感を彼女に抱く時、それは彼女の家柄とあなたが生まれ育った家庭環境があまりに違い過ぎる場合にも出てくるかもしれません。

彼女の実家に招かれ、そこで社会人として大成功を収めている彼女の父親と会った時は居心地の悪さを感じても不思議ではないでしょう。

彼女の父親があなたの両親の仕事、財産を聞くような話をしてくる、あなた自身は将来どんな道を歩んで行こうとしているのか。

父親としては将来あなたに娘を任せられるかどうかを見るための大事な質問です。

あるいは何気なく世間話のつもりで聞いているのかもしれません。

いずれにせよ家柄や彼女の育った環境があまりにもあなたと違い過ぎると劣等感を感じやすくなります。

あなたはそんな時でも堂々としていましょう。

生まれ育ちは変えられなくても、あなたの人間的魅力や礼儀正しさは後天的に身につけられるものです。

彼女が美人過ぎても堂々としていよう

彼女が美し過ぎる時、それは羨望の対象になります。

それはむしろ喜ぶべき点でしょう。

ごく普通の容姿だとあなたは自分について思っています。

しかし彼女はあなたにしかない、あなただけの魅力を見つけて好きになってくれたのです。

一体それが何なのか、彼女は簡単にそれを教えてくれるでしょう。

あなたもそれをを誇りに思い、長所を伸ばし、より魅力ある人間になることを目指しましょう。

嫉妬はジェラシーjealousyとエンビーenvyと英訳では分かれます。

ジェラシーは、そういうあなたを羨ましいと思いながら自分を高めたいという気持ちです。

ジェラシーを持つ友人は打ち解けてあなたに教えて欲しいと質問してきます。

しかしエンビーはあなたを妬んで追い落そうとする危険な嫉妬です。

あなたもきちんと周りの人間を見極めて対処することが必要です。

彼女の社会的地位が高過ぎる時には

彼女の学歴、年収、職業にあなたが劣等感を持ってしまった時にはどのようにしたらいいのでしょうか。

かなり気持ちが動揺してしまうこともあります。

どれについてもそう簡単には変えられないものです。

能力差を見せつけられるような気持ちになるかもしれません。

しかしそこであなたがいじけた態度になってしまうのを決して彼女は望みません。

もしそういったネガティブな対応をしてしまったら彼女の心はあなたから離れていってしまうかもしれないのです。

彼女は持ち前の頭の回転の早さや、高い能力であなたという人間をフォローして、素敵な男性になれるよう、プロデュースしてくれるかもしれません。

彼女に何もかも頼り過ぎてもいけませんが、賢い彼女からのアドバイスはあなたにとって貴重なものです。

社交的で性格の明るい彼女

学歴や職業に関係なく、人柄がよくて友人も多く、世間知が高いので多くの友人に恵まれている女性もいます。

彼女はさまざまなネットワークで人脈を作り、外に出たがる人です。

そうするとあなたは取り残されたような気持ちになり、彼女の行動を束縛したくなるかもしれません。

それは決して彼女が望んでいないことです。

広い知識を持つ彼女は、あなたの隠れた才能を見抜いていてそこに引かれていることが多いでしょう。

あなたがもし彼女に招かれ、男女問わず誰か他の友人に紹介されたら喜んで会い、仲良くしましょう。

彼女の好きな人のことをあなたもまた好きになれたら彼女は嬉しい気持ちになります。

世間知が高い彼女からは生き方そのものを教えてもらうことができるのです。

お互いに尊敬し合える理想的な関係に

彼女に劣等感を持ってしまった時、男としての威厳を見せようとして裏付けのないプライドで上から目線で彼女に接してしまうと彼女は幻滅してしまいます。

気まずい関係になってしまう可能性が高いでしょう。

こういった場合、あなたよりも優れている長所を持っている彼女を素直にほめられれば、彼女はあなたが評価してくれていることを喜びます。

彼女を見下してはいけません。

むしろあなたに必要なのは、彼女よりもワンダウンしたポジションなのです。

教えてくれる?と得意な領域について聞かれれば人は喜んで話します。

そしてあなたにはない魅力を持っている彼女のことを人格的にも尊敬できると伝えられれば彼女にとってこれほど嬉しいことはありません。

男女がお互いに尊敬し合う関係になれれば理想的な交際ができるでしょう。