彼女に全科があると知った時にかけるべき言葉とは

前科持ちの彼女、あなたはどうやって接すればいい?

惚れて夢中になって付き合い始めた彼女、これからの明るい未来をあなたは夢見ていたことでしょう。

ところがある日、彼女の口から出てきた言葉は「私、実は前科があるの」あなたは絶句してその事実をどうやって受け止めたらいいのかわからなくなってしまいます。

あなたは彼女に前科があることを知ってそのまま付き合い続けることができるでしょうか。

これを乗り越えて彼女への愛情を持ち続けられるかどうかという試練です。

将来結婚まで考えている彼女、あなたは堂々と自分の両親に紹介することができるのか、家庭を持って前科者の母親から生まれた子どもは可哀想ではないか、様々な思いが去来します。

あなたは彼女を受け入れることができるでしょうか。

何といって声をかけるべきでしょうか。

前科が交通前科の場合には

交通前科は好んで犯罪者になりたいと思わなくても運やミスで前科になってしまうことがあります。

まず知識として持っておくべきなのは、赤信号無視、ちょっとしたスピード違反、物損事故は前科にはなりません。

彼女がくよくよ悩んでいるようなら、それは青切符を切られただけ、運が悪かっただけと教えてあげましょう。

30キロ以上の速度違反、人身事故は交通前科です。

わざとこの違反をする人はいないわけで、大変だったねと声をかけましょう。

人身事故が相手に一生残るような障害を与えた、死亡事故を起こしてしまった場合にはあまり彼女は語りたがらない、記憶が飛んでその前後を忘れている場合もあります。

これは解離といってショックな出来事を心から切り離す現象です。

あなたがそういった彼女を受け入れて付き合っていく気持ちがあれば、その記憶には触れず、パンドラの箱を開けてはいけません。

犯罪が病的依存にまでなっている場合

前科持ちだけでなく犯罪癖が今でも続いている場合、このまま彼女との交際を続けていくのかどうか悩むことになるでしょう。

例えばクレプトマニアと精神医学用語では言われている窃盗癖です。

万引きをすることに最高の快楽と絶頂感を覚え、彼女の着ているものは頭のてっぺんからつま先まで全て万引きで得た盗品です。

彼女の家に遊びに行ったら、こんな大物をどうやって盗んできたのだろうかと思えるような物を含め、数百万円以上の盗品があります。

こうした窃盗癖を更生させることは専門家でも困難です。

あなたが自首を勧めても彼女は頑として断ります。

彼女にかけてあげる言葉はあまりないでしょう。

彼女とこのことについて真剣に話せるのは拘置所の面会室の仕切り越しでしかないかもしれません。

「今度はもう捕まらないようにうまくやる」彼女のその言葉にあなたは絶句してしまうでしょう。

殺人の前科がある彼女に対しては

殺人の前科がある彼女、懲役刑を受け、現在仮釈放中、こういった彼女にはどんな声をかけるべきでしょうか。

殺人は通りすがりの被害者を選ぶ、いわゆるサイコパス犯罪者はとても少ないです。

女性の殺人はストーカー行為や繰り返されるレイプから逃れるために止むに止まれず実行、それでも実刑判決を受けたということが多いのです。

また、家庭内殺人が殺人の割合のな中では圧倒的に多いです。

手ひどいDVを受け続けた末の殺人は、ほとんど正当防衛に近い態様の実行行為の場合もあります。

こういった同情の余地がある彼女については、辛かっただろうということを十分にねぎらってあげた上で、社会復帰に苦労していることについてもその頑張りを評価する言葉掛けをするといいでしょう。

犯罪文化に馴染んでいる彼女

さて、それでは犯罪文化に物心ついた時から馴染んでいる彼女にはどう対処したらいいでしょうか。

プリン頭に黒ジャージ、キティサンダル、パチンコ屋の駐車場でしゃがみながらくわえ煙草をしているような彼女です。

思春期には暴走族のレディースに加入していた過去もあるかもしれないですし、通りすがりの似たような女性を睨みつけて威嚇するかもしれません。

このタイプの女性は幼いころから愛情に恵まれず、寂しさからレールを踏み外してしまったタイプも多いです。

とても美人で可愛くても自尊心が低く、暴走行為、万引き、ケンカばかりを繰り返していました。

偏見を持たず、たっぷりと愛情を注いであげましょう。

これまであなたと彼女とは生きてきた文化が違うかもしれませんが、愛の言葉は彼女の暗かった生き様を明るく塗り替えることができるかもしれません。

偏見を持たずに接すること

前科持ちの彼女に偏見を持って接すると彼女の元々傷ついていた心はますます傷ついてしまいます。

根掘り葉掘り犯罪のことについて聞いてしまうと、それは警察の取り調べや裁判時の検察官の厳しい尋問を彼女に思い起こさせてしまいます。

更生する気がない彼女と付き合っていくためにはあなたがいつも身元引受人となり、どんなに忙しい仕事の最中でも、けろっとしている彼女の身柄を引き受けに警察署に行く覚悟をしてください。

いずれにせよ前科持ちの彼女は何らかの重いトラウマを抱えていると思って接しましょう。

それを除いては普通の人で、きちんと愛されることを望んでいるのです。

あなたが彼女に対して与えられる最高のプレゼントは愛情ということを忘れないでください。