彼女へのわきあがる独占欲を抑える方法とは

一人でいる自分の時間を上手に使おう!

趣味や楽しめる何かがあるなら、それに越した事はありません。

人によっては独占してしまう事で、鬱陶しく思われてしまう事もありますよね。

独占欲が強過ぎて嫌われてしまう…なんて、よくありそうな話だと思います。

四六時中彼女の事を考えたり、彼女のすべてを知りたいと思うのもけして悪い事ではありませんが、度を越えると嫌われてしまいます。

自分なりの趣味や一人の時間を楽しく過ごす事ができれば、彼女の事ばかり考えなくて済む上に自分も時間を忘れて楽しむ事ができますね。

独占欲は少なからず誰しも持っているものだと思います。

それを口に出すか出さないか、態度に出すか出さないかの違いなのではないでしょうか。

そこで自分の時間をうまく使える事によって、彼女の時間も自然とできて次に会う時の会話にも繋がりますね!

お互いに信頼しながら、ある程度の自由は大切!

仮に独占欲が強くても、信頼していればそれほど言いたい事もないし喧嘩にもならないと思います。

もし何か言ってしまったり険悪な雰囲気になる場合、それは彼女を信用していないからではないですか?

自分で好きになった最愛の彼女を信用出来ない事程悲しい事はありません。

また、彼氏に信用されていない彼女さんも可哀想。

『独占したい=束縛=嫉妬』のように、けしていい言葉ではなくむしろ、マイナスとも言える状態です。

言ってしまえば、そんなに信用出来ない彼女が好きなんでしょうか?
彼女さんからの愛情はまったく伝わっていないのでしょうか?

そんな事ないと思います。

お互いに愛し合っているから今の関係があり、お互いに想い合っているからこその現在があるのです。

自分に自信を持つ事もひとつの方法!

例えば、独占欲や嫉妬や束縛は親戚みたいなもので、どれかひとつだけって言う事はほぼありません。

どれかひとつを感じてしまったなら、強制的にセットでまわりのものも着いてくるものです。

独占したいから嫉妬する、嫉妬するから束縛する、束縛=独占欲の現れです。

でも、それはどうなんでしょう。

そもそも、自分に自信がないから嫉妬してしまうのではないですか?
自信がないから、余裕を持つ事もできずに束縛して独占してしまうのではないでしょうか?

まず、彼女の彼氏は自分だと言う事を自覚し自信を持ってみてください!
考えてもみたら、嫌いならとっくに別れを切り出されているはすですよ。

好きだから付き合っているんです。

愛してるからそばにいるんです。

もっと彼女さんに愛されている自信を持ってください。

色々な事をプラスに捉える努力をしよう!

独占したいと思うからには、何か不安に思う事があるんですよね?
それをネガティブではなく、ポジティブに考えてみてはいかがでしょう?

例えば、『僕の彼女は馴れ馴れしいから不安』ではなく『僕の彼女は社交的で自慢の彼女!』でどうでしょう。

いくら不安とは言っても、少しの愛想もない無愛想な彼女なんて嫌だと思いませんか?

『傷つく事も平気で言ってくるから…』ではなく『思った事を言ってくれるからわかりやすい!』と言ったように、何でもプラスに捉える事で不安を軽減する事は可能です。

ただ言ってるだけでなく、今あげた例は本当にそうだと思います。

誰にもニコニコ笑顔で接せて愛想がいいのは自慢の彼女ですよ!
言いたい事ばかり言ってるかもしれないけど、溜め込みすぎて爆発して喧嘩になるのも大変だし、知らない間に嫌われてて別れを考えていた…なんてなるより、思った事を伝えてもらえた方がこちらとしても対処できます。

共通の趣味を見つける!

それでもやっぱり独占したい!!
それならそれで仕方ありません。

では、同じ趣味を見つけてみてはどうでしょう?

ただただ独占するなら鬱陶しく思うだけ、ただそばにいるだけでも退屈なだけ。

でも、同じ趣味を持ち同じ時間を共有出来るなら、それって自然と独占できちゃってませんか?

ある程度妥協できるなら、彼女さんの趣味に合わせてあげられればそれはそれでいいと思います。

趣味を一緒に楽しみむ事ができれば、だいたい個々に過ごす時間も減らす事もできますし。

話題に尽きる事もないですし、話に入っていけないなどの疎外感も無いですよね。

そうする事で、実質はかなり独占してるようですが本人は趣味を楽しんでるだけ…の感覚でいられるので、ただ独占欲を出すよりいいと思いますよ!

他人同士だと言う事を忘れないで。

どんなに親しくても他人同士。

でも、他人同士だからこそ、恋愛も結婚もできるんです。

親子や兄弟であっても、性格や考え方はまったく違うものです。

他人同士ならなおさら。

自分の考えばかり押し付けてしまっては、空いても気分は悪くなってしまいます。

相手の意見や考えも聞いて妥協しつつ、お互いに歩み寄る事が何よりも大切な事です。

少し選択肢を間違うだけで、今まで積み上げてきた関係まで壊れてしまうような事だってないとは言えません。

自分の気持ちを伝える事ももちろん大事ですが、相手の事もよく考えた上で言葉を選んで気持ちを伝えてください。

どうしても抑えきれなくなった時は、音楽を聞いたり自分なりのリラックス方法を見つけてみるのも効果的ですね。