民法ではどうなる?彼女の浮気がわかったらするべきこと

彼女に浮気されたら民法で何ができる?

彼女に浮気されると精神的につらい状態になりますが、落ち込んでいるだけではダメですね。

今後どのようにしたら良いのかを考えなければいけませんが、何をどうしたら良いのか知っておかないと十分な対処ができなくなります。

結婚した後の浮気は慰謝料の請求をしたり離婚するかどうかを考えたりといろいろやることがありますが、恋人同士で一体何ができるのかが知っておきたいところです。

では恋人に浮気された時別れる以外に一体何ができるでしょうか。

ここでは彼女に浮気された時に民法では一体どのようなことができるのかをご紹介します。

彼女が浮気しないことが一番ですが、しかし100%その人が浮気をしない保証がありませんので、万が一の時のために対処法を知っておきましょう。

民法では何もできないことが多い

結婚していると不倫に対しての慰謝料請求をすることができるのですが、しかし恋人同士になるとこの慰謝料請求ができません。

なぜできないのかというと、それは、独身の場合自由恋愛となるからです。

結婚すると様々な義務が発生するようになっています。

扶助義務や婚姻費用分担義務、そして日常家事債務の連帯責任などがあるのですが、これら義務の中に貞操義務があります。

この貞操義務は、配偶者以外との肉体関係になってはいけませんよという内容で、もし配偶者以外と肉体関係を持ってしまうと不貞行為となります。

慰謝料はこの不貞行為に対する請求となるのですが、独身の人にはこの貞操義務というのがありません。

そのため彼女が浮気をして精神的に辛い状態になったとしてもそれに対する慰謝料請求が認められていないため、民法で何かをすることは難しいです。

婚約していると慰謝料請求ができる

彼氏彼女の関係性になると慰謝料請求が認められないけれども、しかし例外があります。

その例外の1つとなるのが、婚約をしている時です。

婚約している時点でまだ独身ですが、しかし、ただ付き合っているのと婚約しているのでは大きな違いが出てきます。

これから結婚をして夫婦になろうとしている時に裏切られてしまった精神的苦痛は非常に大きいですし、婚約破棄をによる問題も様々発生します。

民法では、一方的かつ非がない側からの損害賠償請求が認められており、精神的苦痛による慰謝料請求も認められています。

もし婚約していて彼女に浮気されてしまったのなら、婚約破棄をするだけでなく慰謝料請求並びに結婚にかかる費用請求もして自分にかかる損害を減らすようにしましょう。

同棲をしている場合も慰謝料請求ができる可能性がある

結婚や婚約をしていないけれども長年一緒に暮らしている人たちも結構いらっしゃいます。

実は同棲をしている場合でも浮気による慰謝料請求が認められる場合があります。

同棲も戸籍上は独身同士になるのですが、しかし、3年以上一緒に暮らしていると内縁関係として認められるようになります。

内縁関係は結婚しているのと同等と考えられており、不倫と同様に慰謝料請求ができるようになります。

ただ、本当に恋人同士の同棲の関係なのかを証明する必要があり、3年以上一緒に暮らしていたとしても100%認められるわけではありません。

食費を出し合っていたり家事分担をしていたり、そしてお互いの親との交流を証拠として出す必要が出てきます。

夫婦関係よりも大変となりますが、認められる可能性が十分ありますので浮気され別れることになったら慰謝料請求をしてみましょう。

一体どのくらいの慰謝料が認められる?

単なる恋人関係は厳しい慰謝料請求ですが、婚約をしていたり長年一緒に暮らしていると認められる可能性が出てきます。

そこで知りたくなるのが、一体どのくらいの慰謝料請求が可能になるのかです。

婚約または内縁関係の場合の相場は、数万円程度から多くても300万円ほどと言われています。

不貞行為による慰謝料に比べると実際に認められる金額は少なく、どんなに頑張ったとしても多くて100万円超えるのはなかなか難しいのが現実です。

しかし、婚約の場合は慰謝料だけでなく結婚費用に関しても損害として請求ができるようになります。

自分に非がない場合はかかった費用すべて請求できるようになるため、とんでもない請求額になることもあります。

実際に請求をして裁判をした時にどのくらい認められるのかはわかりませんので、まずは弁護士に相談してみてください。

自由恋愛は慰謝料ではなく次に進むことを考えよう

民法でできる慰謝料請求は、条件を満たさなければ認められることは非常に少ないです。

もし認められる可能性があったとしても、請求が認められる大きな要素がなければ時間の無駄になることのほうが多いです。

時間は止まってくれませんので、彼女とのトラブルが長く続けば続くほど自分の人生が狂ってしまうようになります。

お金よりも、もっと良い彼女を見つけて自分の幸せを掴むほうが良いので、慰謝料請求が難しいと思ったらいち早く諦めることも必要です。

次に進めるのはどのタイミングになるのかは自分次第です。

浮気をされてしまい精神的に非常に辛い状態になってしまうのは仕方がないことですが、いち早く立ち直り次に進むようにしましょう。