元彼に未練がありそう。彼女の気持ちをふりむかせるには!

元彼に未練たっぷりの彼女に対応するには

彼女と付き合ってどこかに出かけても、おうちデートをしていても上の空でいます。

時折涙を浮かべることすらあります。

当初あなたはどうしたのかと思い、当然彼女に対し、何があったのかと聞くでしょう。

彼女は何でもないのと繰り返しますが、ぽつぽつと、実は別れた元彼に未練があって別れた後もついつい考えてしまって悲しくなると話します。

左手の薬指にはめている指輪も実は元彼からもらったプレゼント、アクセサリーや服も元彼から買ってもらったものだと言います。

あなたが気分転換になるのではないかと思ってどこかデートに連れ出すと、その場所はあいにく元彼との思い出のスポットでした。

ますますさめざめと泣く彼女に対し、あなただけを見てもらう方法は何かないでしょうか。

元彼のどこが良かったのか聞いてみる

あなたにとっては心理的抵抗があるかも知れませんが、まずは彼女から、元彼の情報を聞き出して見ましょう。

出会った時のきっかけ、元彼のどこに引かれたのか、付き合っていた際どんな付き合い方をしていたのか、別れた理由やきっかけなどです。

元彼と付き合って良かったこと、悪かったこと、苦労したこと、元彼とある程度交際期間が長かったのなら、どうしてそれだけ続いていたのかも聞きます。

その際、元彼のどこが気に入って何が好きだったのかを一番重点として聞きましょう。

内心この話は穏やかに聞けないかも知れませんが、大事なことです。

決して声を荒げたり腹を立てて怒ったりしてはいけません。

あくまで冷静になって話を聞きましょう。

あなたが元彼に取って代わって大切な存在になるためには、元彼の持っていた良さを踏まえることが必要です。

あなたなりのあなたの良さを彼女に売り込んでいくことが必要になります。

なぜあなたとの交換を始めたのか?

それから、彼女に対し、なぜそんなに傷ついた気持ちを引きずったままであなたと付き合うことを決めたのか聞いてみます。

実は元彼と別れた寂しさを埋めるためだけにあなたと付き合ったのだと打ち明けるかも知れません。

そこで普通の男だったら激怒する場面かもしれませんが、あなたはあくまで優しい態度で彼女の気持ちに寄り添った発言をしましょう。

可哀想に、辛かったんだね、苦しいね、と言いながらそっと彼女を抱きしめてあげましょう。

あなたは元彼以上に優しい存在で、彼女のどんな気持ちや辛さでも受け止めてくれる彼女の最大の理解者ということを態度と言葉で示すのです。

彼女は、普通の男だったら激怒して別れると言い出すのになぜあなたはこんなにあなたを受け入れてくれるのだろうかと不思議に思います。

その意外性であなたを印象づけることなが大切です。

彼女の持っている恋愛観

その上で彼女の持っている恋愛観を聞いてみましょう。

付き合う男性は、どんな男性がタイプで好みか、男性には何を求めているかを聞きます。

そうするとあなたは彼女との交際の中で男性として何を求められているかがわかります。

そうしたらそのように振る舞い、なるべく彼女が求めている理想の男性に近づく努力をしてみましょう。

もちろんあなたにはあなたらしさがあるので、彼女の求める理想を100パーセントかなえることは難しいでしょう。

それでもいいのです。

あなたがたとえ不器用だとしても、彼女好みの彼氏になろうと必死になります。

元彼の持っていた良さ、彼女の理想の男性像に近づこうとする努力はきっと彼女に好意的に評価されるでしょう。

その中であなたはあなたなりの良さを売り込んでいくのです。

あなたが彼女に与えられるもの

あなたが彼女に対してできることは、あなたが変われる、そして彼女に対して与えることができる事柄の約束です。

それは物質的、金銭的にいろいろなものを彼女に与えるということではありません。

あなたができることで、あなたが彼女の気持ちに訴えかけ、彼女に満足させられることを約束するのです。

この際、なんでも彼女の言いなりになろうとして、できないことを約束することはやめましょう。

保証のない安易な約束は心傷ついた彼女には簡単に見破られ、口先だけだと見抜かれてしまいます。

彼女が元彼と別れた悲しみも受け入れましょう。

そんなにも自分を犠牲にして、自分を大切にしてくれるあなたに対して彼女は感謝します。

彼女の気持ちは元彼からだんだんとあなたに移ってきます。

ありのままの彼女を受け止める

あなたが全て彼女が元彼と別れ、悲しんでいる彼女の空虚感を埋めることには当初難しさを感じるでしょう。

あなたはただ彼女の自然な気持ちの動きをあるがままに受け止めていけばいいのです。

彼女に反対したり、怒りつけたり、彼女の辛い気持ちを無理やり抑え込んでしまうと彼女は誰にも自分の気持ちを話せなくなってしまいます。

どの女性も男性に共通して求めていることは同じです。

女性は付き合っている男性に対してたった一人の理解者でいて欲しいのです。

最初のうちは泣いている彼女を見るとげんなりして、30分も1時間も泣いている彼女を見ると嫌気がさすかもしれません。

それでもその彼女をそのまま受け止めましょう。

悲しいね、辛いねという言葉を優しくかけ続けているうちにあなたが彼女にとって、元彼に代われる存在になるのです。