仕事は出来ないし、やる気もない看護師の彼女。そんな僕の彼女が安心して転職して、楽しく仕事するようになった秘訣とは?

僕の彼女は看護師です。

皆さんは、看護師に触れる機会ありますでしょうか?

現在入院中の方や、持病で病院やクリニックに外来通院している方なら、関わる機会があると思いますが、

生涯健康、病気なんて1つもなったことないよ、という頑強な人にとっては、看護師が一体どんな仕事をしているかなんて、検討もつかないでしょう。

僕の彼女は2つ年下で看護師5年目になります。ちなみに付き合ってもう4年目になります(笑)

デート場所は色々行きましたね。お台場とかね。ベタベタですが、僕、お台場好きなんですよ(笑)

青海南ふ頭公園とか風に吹かれて、夜景を見るとロマンチックですよ〜。

あとは海外旅行にも結構行ってて。

シンガポールで、チリクラブ食べたり、オーストラリアで一緒にコアラ抱いたり、

とにかく楽しい彼女なんですよ。一緒にいて飽きません。

よくある話で、付き合って3年、なんだかマンネリ化してきて、デート場所は主にお互いの家。

付き合ってても全然刺激がないし楽しくないけど、3年も付き合っちゃってるからお互い別れる勇気も特にない。

みたいな相談とか受けるんですけど、正直全然理解できませんね。

男も女も努力不足ですよ!!

まー、僕の話はどうでもいいですね、すいません。

一般的に、看護師の職業は、以下のようにステージが進んでいきます。

1年目でめちゃめちゃ怒られながら仕事に慣れ、2年目で後輩ができ、仕事への責任感が芽生え始める。

そして3年目になると、下の子からリーダーと呼ばれ始め、周りの看護師を仕切ることになる。

そんな感じで僕の彼女は病棟の患者さんを看護しておりました。

今は転職して違うところにいるんですが。

外野から想像する限り、看護師は患者さんのためを第一に考えて、一生懸命働き、尽くし、それが喜びになる。

そんな職業だと思いますよね。

実際、もちろんそれは正解です。

ただ、彼女の仕事の話を聞く限り、現状はそんな甘い世界ではなさそうだ、ということが分かりました。

看護師の現状を全国の人に知ってもらおうと、この記事をTIAJU様に掲載していただいて発信してみます。

今は個人が情報をどんどんと発信する時代ですからね!

憧れの看護師になるには?

看護師になるには、どういうSTEPを踏めばなれるんでしょうか?

看護師の彼女に詳しく聞いてみた調査結果を皆さんにお伝えします。

高校卒業後、大学の看護学部に4年間通い、無事に看護師国家試験に合格したら、看護師になることができます。

そして、希望制で保健師・助産師の資格も一度に取れます。

看護学生時代はどうやら病院実習がかなり大変みたいで、僕の彼女も、先生には何度も泣かされたそうです。

毎日実習の記録を書く必要があり、毎晩寝たのは1時半とか言ってます(笑)

細かい文字でA4のレポート用紙にびっしり書かないと、先生は全然認めてくれないらしく、

何度辞めたくなったか分からないと。

しかし、そんな過酷な実習を乗り越え、4年生になるといよいよ受験勉強に突入し、この時期は授業もあまりなく、比較的楽みたいです。

受験直前期は流石に1日8時間は勉強したそうですが。

国家試験の合格率は約9割で、大半の人は看護学部に入学できれば看護師になれます。

気になる学費ですが、私立の看護大学に行くと、500万円以上もかかるそうで、嫌になって3年以内に辞めてしまい、ペイできない人も多いようです。

まあ、結婚して辞めて行く人も多いみたいなんで、そういう人は勝ち組なんでしょうが(笑)

看護の過酷な現場

いざ看護師になると、どこの会社もそうですが、配属部署が決まります。

循環器内科、呼吸器内科、外来、オペ室、などなど。希望部署を出しても、通るか通らないかは、その人の運次第だそうです(笑)

部署によって仕事の量、質が全然違うみたいで、例えば、病棟の看護希望だったのに、オペ室に配属になってしまい、

外科医や、上の看護師に毎日のように怒鳴り散らされ、泣いていた友達がいたそうです。

可哀想ですね。

病棟は病棟で大変で、看護師の仕事は非常にバラエティに富み、肉体労働も多いようです。

80歳、90歳のおじーさん、おばーさんの口にスプーンで食事を運ぶ食事介助、身体を自分で洗えない人には、清拭といって身体を拭いてあげたり、

陰部洗浄といって、男性のアソコも洗ってあげたりするみたいです。

若い人だと、たまにアソコが元気になっちゃう人もいるようですが(笑)

他にも、採血したり、点滴入れたり、心電図やCT、MRIといった各検査に車椅子で付き添いで連れていったり、

医者が書くカルテのように看護の記録を書く必要があるみたいです。

パソコンの台数には限りがあるので、医者と取り合いになったりもするみたいですが、

レディーファーストを主張し、医者から勝ち取っている強気な友達もいるみたいです(笑)

医療事故は本当に危険なので、というのも下手したら患者さんが死んでしまうので、現場はかなり厳しく、

特に看護師長には厳しい方のラインナップで構成されているみていです。

僕の彼女は、仕事に対して、あまりやる気がありませんでした。

そんな姿勢でやっていたため、病棟業務でミスも多く、自分には合っていないなーと感じながら、師長さんにいじめられていました。

次第にうつ状態になってしまい、仕事に行けなくなりました。

僕もかなり相談には乗っていたのですが、転職という答えにたどり着きました。

色々なサイトを探し、一番信頼出来そうなサイトを見つけたので、皆さんにご紹介します。

転職するならココなら間違いない。

あなたの”理想の職場”が見つかる!【ジョブデポ看護師】

このサイトのいい所は入職決定で最大40万円お祝い金が出て、40万円受け取りました。

この40万円は今後の結婚費用の足しにしようと考えています。

紹介案件も8万件以上あり、僕の彼女は銀座の美容クリニックに転職出来ました。

いまでは、嘘みたいにイキイキしていて、毎日楽しんでいる様子です。

看護師で今急性期病院にいて、本当に仕事が辛く悩んでいる人は、ぜひ転職も視野に入れてください。

あなたに本当に合う職場があるはずです。

人間、無理は禁物です。

あなたを必要としている所は思った以上にたくさんありますよ。

それでは、みなさん、健康には気をつけて。