よく泣く彼女。男はどうするのが正解?

よく泣く彼女に振り回されっぱなし…そんな時、男はこうする!

よく泣く彼女に疲れ果てているというあなた…振り回されっぱなしの状態からそろそろ抜け出したいと思いませんか?彼女がよく泣くのは元々泣き虫というだけのことなのかもしれませんが、愛情をかけているのに泣いてばかりいられると彼氏としても納得がいきません。

あなたの愛情が足りないということなのでしょうか?それとも、何か誤解をしてしまっているのでしょうか?

こんな風によく泣く彼女を持つ彼氏はどうするのが正解なのでしょう。

今回は、よく泣く彼女に対して男はどうするべきかじっくりと考えていきます。

こうやって考えてあげるところから、彼女と向き合う行為はすでに始まっています。

さらに解決に向けてもっと前進させてみてください。

うんうんと話を聞いて抱きしめてあげる

すぐに感情的になったり、気持ちが変わりやすい女性って案外多いものです。

男性からすると信じられないくらいの泣き虫に思えてしまうかもしれませんが、ただ話を聞いてほしかっただけなのに、話しているうちに気持ちが高ぶって泣いてしまうなんてことは珍しくはありません。

まずはあまり深刻に捉えないでうんうんと話を聞いてあげてください。

女性はわりと聞いてほしがりです。

すべてを話し終えたころには涙もおさまっている場合もありますし、話しながら「何泣いているんだろう」と我に返ることもあります。

男はそんな結末を期待しながらそばで寄り添ってあげることです。

優しく抱きしめながら話を聞いてあげたり、微笑や深刻な顔などを見せながらリアクションしてあげてください。

無理に泣き止ませないでめいっぱい泣いてもらう

彼女の涙にはめっぽう弱くて見ているのが辛くなってくる男性も多いでしょう。

そのため、「泣かないでよ」と慌てたり、「泣くな!」と怒り出す男性もいますがそれはしないであげてください。

涙は本人がコントロールできないこともあります。

計算高い女性でも、上手くコントロールできずに苦しむことだってあるんです。

むしろ泣き止ませるよりもめいっぱい泣いてもらった方がいい場合もあります。

「どうしたの?」と問いかけて何も言いたがらないようなら、そばで見守りながらそのまま泣かせてあげるのも手です。

放っておくのとは違い、ちゃんと寄り添ってあげていることがわかるような距離感で相手のタイミングを待ってあげてください。

めいっぱい泣いた後はすっきりしてくれるかもしれません。

気分転換になるような場所へ連れて行く

気分転換になるような場所へ連れて行くという方法もあります。

久しぶりのデートで「寂しかったよ…」と泣いてしまったなら、彼女が喜ぶような場所へ連れて行って満足させてあげましょう。

「仕事が辛いの…」とポロポロ泣いているなら、「君は頑張っているよ」と認めてあげてください。

そして、彼氏がいる幸せを感じてもらうために、手を繋いでラブラブなデートをスタートさせましょう。

空気のいい場所や、落ち着ける夜景の見える場所なんかがいいのではないでしょうか。

もし病的に泣いているなら心の病気の心配もあります。

だからって、病院になんてきっと行きたがらないでしょう。

そんな時は嘘でもいいので医者に話を聞いてもらって気持ちが楽になった人の話をしてあげてください。

そして、「一緒に行ってみる?」と優しくリードし、付き添ってあげるのもいいでしょう。

ルールを変える提案をしてみる

彼女が泣いて何かを訴えてくるのであれば、あなたへの不満や二人のあり方への不安などが積み重なっている証拠かもしれません。

涙の原因があなたにあるなら、ルールを変える提案をしてあげてください。

例えば、「メールが少なくて不安」と言うならメールは何回と決めます。

ちょっと大変かもしれませんが、それだけで彼女が満足してくれて泣き止むなら楽チンです。

ルールで決めた以上、あなただって適当にはできません。

自分を変えるためにもルールとして宣言してしまうのはやりすぎとは思いません。

ただ、できない約束をすればなおさら彼女を泣かせてしまうことになります。

ルールを変える時は慎重に、また、変えたルールは忘れないようにメモに残すなどしておきましょう。

よく泣く彼女。黙って見守る?吐き出させる?

女の涙には弱い男性が多いですし、大好きな彼女に泣かれてしまうとあなたも辛いでしょう。

ただ、彼女が泣くのはそれだけあなたに素を見せて甘えているからとも考えられます。

それって彼女からの愛情表現とも取れませんか?そう思えば泣く姿も可愛いと思えてくるのではないでしょうか。

まずはそんな風に愛情を持って見守ってあげたいところです。

また、黙って見守るのも吐き出させるのもどちらがベストかは時と場合によります。

逆に泣かせる事態になってしまうこともあるため、ちょっと仕掛けてみて反応が思っていたものではなかったらそれ以上は深追いしないことです。

今の彼女がどうしてほしいのかということを、その都度慎重に見つけていってください。

面倒でも決して放置したりはせず、彼女と真剣に向き合ってあげることが男として大切なことではないでしょうか。