浪人中の彼女にしてあげると喜ばれる事5つ

浪人生の彼女の役に立ちたいあなたへ

浪人中の彼女、大学にはきちんと合格しなければならないという重くて大きなプレッシャーがあります。

そのプレッシャーを背負いながら生活しているので、いつも緊張感で精神的にもピリピリとしているでしょう。

そんな時に彼女の支えになりたい、あなたがそう思うのは自然の流れです。

浪人中の不安をあなたと分かち合い
共有できたら彼女にとってはどれだけ心強いでしょうか。

この不安定な時期だからこそ彼女をメンタル面できちんとフォローすることは彼女に感謝される要因になります。

あなたが彼女とこの先うまくやっていきたいのなら、彼女にとって大切で大変なこの期間、彼女の気持ちに寄り添いましょう。

そして彼女とこの苦境を乗り越えたいものです。

勉強を教えたりデートで気分転換して支える

まず彼女に対してできることで鉄板なのが、彼女に勉強を教えるということです。

予備校などの集団授業と違い、マンツーマンで教えるということは彼女にとって分かりやすく、身につく勉強ができるということです。

彼女とせっかく会えたのだから遊びに行って気分転換したい、それは彼女にとってもあなたにとっても喜ばしいことです。

彼女に無理矢理勉強を教えて詰め込んでしまうと、彼女もげんなりしてしまうかもしれません。

彼女の希望を十分に聞いてから、今から何をしたいのか彼女の意向をきちんと聞きましょう。

デートも気晴らしになります。

彼女の受験があなたにとってわけがわからない分野の時はどうすればいいでしょうか。

あなたは彼女の秘書役になって、彼女にとって何がわからないのか、検索して調べるなど力になりましょう。

わからないなりに助力を惜しまない姿勢は彼女に感謝されます。

模試の結果をプラスに評価する

予備校に通う、宅浪をしていても模試は必ず受けます。

志望校に一歩でも合格可能性が上がっていればそのことについてあなたは素直に喜びましょう。

たとえ合格不可能圏から10パーセントに上がっていてもそれはあなたがほめるポイントです。

逆に成績が落ちてしまった場合もあるでしょう。

そんな時は、彼女が十分に頑張ってきたという事実について認め、そしてほめましょう。

マイナスの結果になってネガティブな気持ちになった時、不得意分野がわかって良かったと言います。

その部分をこれから勉強していったら克服できるんじゃないかな、と評価します。

ネガティブな部分をプラスに転換して、合格可能性を伸ばそうよという励ましは彼女のメンタルを強くすることに役立つます。

彼女の予備校への送り迎えをしてみよう

予備校に彼女の送り迎えをしてみましょう。

ゆるい予備校だったら自習室に一緒に入れるかもしれません。

予備校の中に入れなくても、車や電車、徒歩であなたの家と反対方向でも送り迎えをします。

彼女の授業が終わるまで付き合って、近くの喫茶店などでじっと待ちます。

彼女が苦労して頑張っている、そんな時に一緒の時間、あなたは家でテレビを見てくつろいでいるわけではありません。

彼女が努力しているその時間、できればあなたも資格試験の勉強や、何かあなたにとっても役立ちそうなことをしてみましょう。

真面目さをアピールしましょう。

彼女が授業が終わって出てきたら少しの時間、歩きながらでも彼女の努力をほめます。

予備校への送り迎えはどこの家庭でも頭が痛い問題です。

彼女が自宅浪人なら、あなたが親御さんの代わりに年ごろの娘さんの送り迎えをしたら彼女の親も喜びます。

参考書を手に入れて彼女を応援する

それから、浪人生は勉強で色々わからないことが必然的に出てきますり

そういった場合には彼女を本屋まで連れて行き、参考書コーナーで心ゆくまで過ごしてもらいましょう。

あなたが大学生ならバイト代、社会人ならお金を出して惜しげもなく彼女の参考書代を出しましょう。

彼女は志望校に合格するために必死です。

彼女が欲しいのはお揃いの指輪でもアクセサリーでもありません。

彼女が今一番喜ぶプレゼントをあげましょう。

あなたにお金を出してもらうことに躊躇して彼女が図書館に行きたいというかもしれません。

彼女の志望校の図書館に連れて行くと喜びましょう。

あまり知られていませんが、大学の図書館は一般開放されていることが多く、入試出題教授の著作も置いてあるので、彼女のためになるでしょうり

彼女のメンタルサポートを

浪人している彼女には色々な援助が必要な時期ですが、だからこそあなたが優しく接することは彼女の心の支えになります。

何より大切なのは、彼女のメンタル面のサポートです。

彼女が一番好きな人が精一杯面倒を見てくれる、献身的になってくれることは彼女を心強くします。

不安でいっぱいの彼女の相談に乗れるのは、彼女の予備校のライバルよりもあなたの方がずっと頼りになります。

進路は本当にこれで良かったのか、志望校はこれでいいのか、大学での専攻はこれでいいのか、いっそのこと専門学校に進路転換した方がいいのかなど、彼女には多くの悩みがあります。

実はそういった悩みを彼女が話す時には彼女は答えをあなたに求めているわけではありません。

あなたに十分に聞いてもらって、その上で彼女が自分で決めたいということを忘れないでください。

その上であなたが過剰に介入しないようにしましょう。