彼女が頭痛でデートをキャンセルしたときに取るべき行動とは

彼女が頭痛でデートに来られない?その原因と対処法を考えよう

彼女が頭痛でデートをキャンセルしてきた時、彼氏だったらどんな行動を取ったらいいのでしょうか。

心配して「どうしたの?」としつこく聞いてみたくもなりますが、そのやりとりも頭に響いて辛いということもあるでしょう。

それに、原因を聞いたところで治してあげることもできません。

「病院行ったら?」と言うのもなんだか冷たいような気もしますし、「頭痛ぐらいで…」なんて思うのもかわいそうになってしまいます。

彼女が頭痛で苦しんでいるなら、まずはデートの約束はさておきその原因を考えてあげましょう。

そして、的確な対処法を見つけてあげられたら彼氏としては最高です。

今回は、そんなあなたと一緒に状況に応じた行動パターンを考えていこうと思います。

悩み事はないか聞いてみる

頭痛は悩み事が深刻な時にも起こったりします。

最近彼女は疲れていた様子がなかったですか?元気だと思っていたら急にふさぎこんだり、わけもわからず泣いたりしたことがあるなら悩みを抱え込んでいる可能性があります。

頭痛はそこから来ていたり、もしくは辛すぎてデートの気分になれないから頭痛ということにしているのかもしれません。

心当たりがあるような場合は、彼女にそっと悩み事はないか聞いてみてください。

「何でこんな時に?」と最初は素直に打ち明けてもらえないかもしれません。

しかし、優しく問いかけるうちにたまっていたものを吐き出してくれる場合もあります。

そんな時は会って優しく抱きしめながらさらに話を聞いてあげましょう。

会いたくないと言うのであれば会わないのでもいいですが、「連絡待っているよ」と伝えてあげてください。

そうすれば彼女もほっとします。

薬を飲むよう勧めてみる

デートに来られないくらい頭痛がひどいのであれば、薬を飲むように勧めてみてはどうでしょうか。

頭痛は横になっていれば治まると軽く考える人もいます。

しかし、薬を飲むことで初めて落ち着くこともあります。

普段薬を飲むのを嫌っている彼女には、「心配だから」と思いを伝えて薬を飲んでくれるように促しましょう。

また、飲めと言われても買いに行くのが面倒とか、何を買ったらいいのかわからないという彼女もいるかもしれません。

そんな彼女には薬を届けてあげたり、「この薬がいいよ」とオススメを紹介してあげてください。

彼氏にそこまでしてもらったのに、それでも薬を飲もうとしない彼女なんてなかなかいません。

過去に薬を飲んで楽になった話も聞かせてあげながら彼女に行動してもらってください。

どの程度の痛みか確認!ひどいようなら病院を勧める

頭痛と言っても二日酔いや集中的に仕事をしすぎたからなど、原因がある程度予想できる場合もあります。

そんな時は静かにからだを休めておけばいいだけのような気もしますが、原因がわからない強い頭痛ならそうもいきません。

もしかすると病気の前兆なんてことも大いに考えられますし、彼女の家系的にも危険性があるなら病院を勧めてみましょう。

いきなり病院と言われても彼女はピンと来ないかもしれないため、どの程度の痛みか確認する必要があります。

また、ひとりで病院に行くのは勇気がいりますから、すぐに駆けつけてそばにいてあげられたら理想的です。

病院に行けば彼女も安心ですし、あなたもきっとほっとできます。

今後また同じようなことが起きてもすぐに行動に移せるよう、一度経験しておくのも悪くはありません。

会いに行くか待機するか話し合う

彼女が頭痛でデートが無理という時、すぐに彼女の元へ行き看病をしてあげたいでしょう。

心配なので、とりあえず顔を見たいという彼氏もいると思います。

ただ、会いに行くか待機するかは彼女とよく話し合ってからにしてください。

午後になって頭痛がおさまり、デートのやり直しができる場合もあります。

それに、会いに行くことで彼女に気を使わせてしまうかもしれません。

自分の辛さを一番良くわかっているのは彼女本人です。

会いに行っても相手にする余裕がないならそう正直に言ってもらいましょう。

頭を冷やしたり、代わりに食事の準備をしてあげたりなど、役に立つことだってあるはずです。

しかし、彼女が求めていないならただの身勝手に終わってしまいますから、余裕がなくて辛い彼女の気持ちに寄り添ってあげるべきです。

デートをキャンセルされても怒らないこと!辛いのはお互い様

デートを急にキャンセルされるとちょっとイラっとしてしまうかもしれません。

その日の予定はぽっかり空いてしまいますし、彼女に会えないモヤモヤを抱えたまま次のデートの日まで待たなければいけないからです。

しかし、辛いのはお互い様です。

彼女だってあなたに会えないのは辛い上に、頭痛でさらに辛い思いをしています。

まずはそれを理解してあげて優しく話を聞いてあげるようにしてください。

頭痛の原因がわかれば対処法も見えやすくなりますが、わからないからって「とりあえず休んで」と言ってしまうのも危険な判断です。

勝手な意見で決め付けたりせずに、痛みの度合いによっては深刻に受け止めてあげるのも彼氏としての優しさではないでしょうか。

できればそばにいてあげて、一緒にどう対処すればいいか様子を見ながら考えてあげたいものです。