社会人が初対面での出会いから相手をい彼女にするまでに必要なこと

初対面で一目惚れをしたときの心得

男性の多くは初対面で女性を判断するために、彼女にしたいか否かを決めていることが多いですよね。

女性にもそんなところがあるものですが、男性はより明確に第一印象で判断すると言えます。

そこで、初対面で彼女に惚れてしまったとしたら、そのあとどのような流れでアプローチしていけばいいのでしょうか。

だらだらと恋愛や結婚相手探しで時間やエネルギーを消費することは人生でマイナスなので、早々と決めてしまいたいものですよね。

スポーツ選手や歌舞伎役者など電撃結婚をするカップルのほとんどが男性の一目惚れ、もしくは数回会ってから核心する場合でも初対面で好印象を受けているものなのです。

初対面で惹かれたら、まずは直感を信じることがポイントです。

初対面で好印象なら女性が返事をしやすいアプローチをすること

初対面で出会ってすぐにアプローチするとか、告白する人は少ないようですが、しばらく自分の心を見つめて気持ちが本物であるのかどうかを考えてから、告白する人が多いようです。

それも告白やアプローチまでの時間を置きすぎてもいけません。

女性が適齢期で相手側も好意的に感じているなら、鉄は熱いうちに打つ必要が出てくるのです。

正直なところ女性側がいいなと感じても男性が臆病すぎたり、決断できない場合好みで本命であっても、気持ちがさめていくということになります。

成功しても失敗しても、決断するという勇気に価値があるので、彼氏が女性を初対面で好みだ、好きと思うなら、玉砕覚悟、何かしろ明確なアプローチで告白するようにしましょう。

初対面からお誘いまでスピード命

時々いる草食系の受け身すぎる男子は、心のうちでおもうばかりでいたって行動に移さずに時間ばかりがすぎることがあります。

これは、女性と両思いでも時間差で女性が受け入れてくれることはありません。

女性には出産などの旬が男性よりも早いので、女性の年齢は男性の年齢に8歳ほど加えた年齢が旬の年齢ということになります。

つまり女性は恋愛、結婚に適した時期は男性よりも早く早熟であるということです。

数年間も待って欲しい、仕事がうまく行くまで、自信がつくまで待ってほしいという男性側の怠慢を待つ女性は存在しておらず、もしもいるのならば20代半ばまでの男女カップルであることがほとんどです。

したがって早急に決めて行動に移すことが成功のポイントです。

男の真剣な決断力と覚悟が女性の心を動かす

初対面で好きになった女性にアプローチするならば、男性側が真剣であることが条件です。

真剣であるとは、自分の人生や選択に覚悟があるということになります。

覚悟のないアプローチは女性に見破られてしまいますし、アラサー以前の若い男子がその他の魅力でアプローチしようとしても仕方がないのです。

若さは未知の世界に飛び込むことができる勇気や行動力でしか価値がないのです。

女性はそのことをよく知っているので、どこまで将来のことを視野に入れている男性なのかという目で見ています。

人生や下した選択に責任を持つかということを鑑識して答えを出すので、男性がたじろいだり、自信がないふりをすればたちまち可能性は0になりますから注意して告白したいものです。

身元を教えるなど安心感を与えるべき

初対面でアプローチしても成功する確率が高い女性の立場は、結婚式で出会うとか身元の明確な場合が多いです。

なので、適齢期の女性であれば男子と同じことを考えていたり同様の目的で参加していることが多いです。

身元が確認できているシチュエーションで、適齢期の女性と出会ったら一番簡単にデートに誘えますよね。

既婚か独身か、彼氏がいるのかの情報は本人もしくは友人から聞くこともできるし、嘘をいう女性も少ない可能性が高いからです。

婚活で一目惚れした場合も手順を踏んでお付き合いすることになりますが身元が判明しているだけにデートに誘いやすいことでしょう。

付き合いがスタートしても成婚しやすい出会いのシュチュエーションです。

初対面で行為を抱いたらそれはチャンスだと思うべき

初対面どうしのカップルで、身元がお互いに判明している2人であれば早い展開でデートに誘うこともできるし、告白も嫌がられないということです。

ただし、こうした男女のカップルは年齢が若ければ若いほど成功率が高く、男女2人にとっても気が楽に付き合えるという大きすぎるメリットがあります。

つまり、バックボーンもお互い綺麗で、障害になるようなしがらみや事情もないという男女の方が気軽に付き合えるということです。

将来も描きやすいでしょう。

ここで、男性が、恥ずかしい、勇気がない、などとできない理由を並べたり、もっといいのがいるかもという欲を言っていると恋愛というよりも人生の負け組になってしまうので、オススメはしません。