彼女といると落ち着く。癒し効果のある彼女のメリットは?

癒し系女性を選ぶメリットとは?

癒し系女性と呼ばれる女性たちがいます。

芸能人のなかでもこの分類に入る女性が大勢いますよね。

癒し系の女性は見ているだけで癒されたり、ただただ会話をするだけで癒されるということがあります。

他には、女性の体に癒されたり、家庭的な女性ならば家事をこなしてサポートすることで間接的な癒しの存在になるということもできます。

あらゆる面から見て癒し系女性と出会い、恩恵を受ける可能性があるのです。

そして、彼女として付き合うならば、ゆくゆくは結婚も考えることでしょう。

もしも癒し系女性と結婚して長くともに過ごすとしたら。

そのメリットは果たしてどのようなものなのか?ということを一つずつまとめてみましたので、ここでご紹介したいと思います。

会話をするだけで癒されるならホステスを利用する

ただ一時的に会話を楽しみたい、もしくは食事を楽しみたいという要求ならばホステスやパパ活を行う女性と会えばいいだけですよね。

彼女たちは料金をもらってサービスを提供しているのですから、一時的な関係です。

もしも職業柄癒し系についている女性を彼女にしたとしても、彼女としてのその女性が癒し系のキャラクターであるという保証はないのです。

なので、プライベートで彼女にしたい女性に癒し系の特徴を求めている男性は、癒し系の女性を探すというよりも自分のファン、味方についてくれるような女性を探すように努力すればいいだけです。

彼女が自分のことを好きで味方になってくれたら、話を聞いてくれたり身の回りのお世話をしてくれることもあるのです。

男性の味方になってくれる女性を見つける

癒し系彼女を作りたい時はm自分のことを好きでいてくれるファンのように理解のある女性を見つけることが先決であるという話です。

こうした癒し系女性は、愚痴を聞いてくれたり、なだめてくれたりするほか具体的なお世話もしてくれることが多いですよね。

例えば、洗濯、食事作り、お掃除などの家事一般を引き受けてくれる女性が多いです。

もちろん、彼氏とは結婚を目的にお付き合いしていることを望んでいるからこそ、そこまで献身的にできるというのが女性なのです。

なので、将来を真剣に考えてもいないのに、男性が身の回りのお世話をさせることはやめておいた方がいいです。

彼女は将来があると期待してしまいかねませんから、そこは真面目にメリハリをつけておきたいところです。

特技のある彼女に好かれると癒される

癒し系女性と付き合うと、家事をこなしてくれたり自分の味方になってくれるというメリットがあるということなんですが、時には激励をしてくれることもあるでしょう。

相談をすると悩みを聞いてくれるようなこともあるでしょう。

弱っている時も、自信のあるときもそばにいてくれるという女性が癒し系の女性ということになるのです。

特技のある彼女の場合、疲れているとマッサージをしてくれることもあるかもしれません。

アロマテラピーが趣味の女性であれば、エッセンシャルオイルでアロマテラピーをしてもらえることもありますよ。

女性のリラクゼーション方法に多いリラックスの仕方なのでなかなか男性が体験できる機会も少なく希少価値が高いと言えます。

とにかく好みの顔や声で選ぶ

男性は女性のビジュアルについてもかなり気にする方だと思いますが、とにかくビジュアル重視で性格は二の次だという選び方でもオッケーですよね。

顔が好みで笑顔をみると癒される、声を聞くと癒されるというカップルもいます。

とくに女性の顔が好みで声をかけてみたけど、性格や中身もよく見えたので結婚したという夫婦も多いものです。

顔で選ぶことは決して悪いことではありませんし、顔で選ぶことで彼氏が癒されるのならば存分に正しい価値観と言えるでしょう。

胸が大きい女性、脚がながいモデルのような女性、瞳の大きい女性、などなど人の数ほど女性の選び方はあるものです。

資格で癒されたい男性ならでは、ビジュアル重視で彼女を選ぶと見ただけで癒されるというメリットがあります。

癒し系の形は多種多様な価値観がある

癒し系の価値観には多種多様な形があるということです。

特に男性は、視覚で感じる部分が大きいのでビジュアルを大切にする人も大勢いますよね。

なかには、胸の大きさにこだわる人も同じような感じです。

話していてとにかく心地よい感じがして、同じ空間にいても嫌じゃないという理由で癒される男性もいます。

あのイチロー選手が元アナウンサーの弓子夫人を選んだ理由も、一緒にいて楽で自然体だから、l会話をしていて心地よいという理由から結ばれたのですから、癒し系のメリットを一言で言い表すと、楽で入れて心地よくなれる相手だと言えます。

そういう相手を選ぶ条件は顔であったり胸であったり、会話のキャッチボールであったりするわけです。