八つ当たりの多い彼女がウザい!!その回避方法とは?

八つ当たりの多い彼女と接するには?

男女問わず、人間でも動物でも誰にでも気分の上がり下がりはあるものですが、ある程度の年齢にも達していれば、社会では自分の感情のコントロールもできるようにならないと大人とは言えませんよね。

社会は個人の気分をよくさせるためや、自尊心を満たして上げるために存在するのではないということを自覚していないと、みじかな人間に八つ当たりすることになってしまいます。

普段はニコニコして温和な人間でも、不満がつもり積もって周囲に当たり散らすということでは人間関係も壊れてしまいます。

そこで、もしも彼女がそのような危険な状態にあるのであれば、彼氏が手を差し伸べてあげて感情のコントロール方法を学ばせてあげる必要もあります。

機嫌の悪いときには会わないようにする

現実的な方法として、機嫌の悪い状態でいるときの彼女とは合わない、話さないようにするということが一番得策ですよね。

それでも、同棲をしていたり、彼女が話を聞いて欲しいと泣きついてきたりした時どのように回避すればいいのか?というところです。

付き合っていれば、電話の要件は概ね憶測できるようになるもの。

今日1日の出来事を話すというように彼氏であればいろんなことを予想できるようになることでしょう。

そんなときに彼女の機嫌が悪いかよいのかで、電話をするしないを決めていると神経が疲れてしまうことになり兼ねないので、できれば八つ当たりがおおい彼女とは距離をおくことが一番いい方法です。

彼女は彼氏の甘えているだけなので、周囲に八つ当たりできる人間がいなければ、進歩するかもしれません。

具体的な解決方法を見出してあげる

彼女が不満を爆発させて八つ当たりまするというとき、何かしろ問題を抱えているということが多いです。

彼氏が好きになって付き合うことになった彼女が抱える問題は、放置していい問題なのかそれとも力になるべき問題なのかということは彼氏なら見極められますよね。

彼女が彼氏の八つ当たりまでするという行動が意味することは、彼氏になんとかして問題解決糸口を探して欲しい、力になって欲しいという懇願の意味合いが含まれていることが多いものです。

それを、俺には関係ないというスタンスの一点張りであるとしたら大変なミスを犯してしまっていることになります。

女性はただ話を聞いて欲しいだけということも多いですが、八つ当たり現象まで出ているのであればそれはもう、なんとかして欲しいというシグナルなのです。

リフレッシュできる趣味に連れ出してあげる

鬱憤ばらしができる場所に連れ出すという行為は現実的で、一時的にでも彼女のためになります。

ただし、いつも彼氏が連れていくのではなくて、彼女自身でストレスの解消方法を探すように導いてあげるようにすると効果的です。

サウナとか、ジムでもいいので汗を流してリフレッシュするとか、そういうことでもいいのです。

彼女が彼氏や周囲に八つ当たりをしないようになれば、成功です。

彼女も感情のコントロールができるようになってきたら、彼氏も付き合い安くなりますよね。

普段冷静な彼女であれば、得々と説得をしながら考えかたなどを教えてあげるようにする方法もありますよね。

どちらのしても、時間がかかるので大好きな彼女であれば、おすすめできる方法です。

好きならば八つ当たりされておくという選択肢

話を聞くことを好む男性というタイプもいるものですが、彼女の愚痴、八つ当たりさえ受けて流すという方法もありますよ。

でも、これは彼女からすれば建設的ではない方法で、八つ当たりしながらもどうにかして解決したいという気持ちを組んでもらえないということになり不満のなることもあります。

当人も実は解決して欲しくて八つ当たりしてしまうことに気がつかない場合もあります。

なので、度がすぎると彼氏はいつも話はさせるけど、彼氏に話しても時間の無駄だったという結果を招いてしまうこともしばしばあります。

八つ当たりを本来回避したい彼氏にしては、結果オーライで八つ当たりしてこなくなるという結果を引き寄せることにもなるのです。

八つ当たりする彼女の心境を考えてみよう

八つ当たりをしてしまう彼女の心境はどのようなものでしょうか。

きっと気持ちよい気分でいるわけではありませんよね。

迷惑だと感じていたり不満を抱えていることが原因です。

その八つ当たり果たして正当なものなのか?という点は彼女自身も気がつかないことが多いものなのです。

そこで、彼氏の出番です。

彼女の八つ当たりの原因や内容は彼女にとって理不尽なものであるのかそれとも、彼女にとって自己責任のことであるのかを見極めて、突き放すのか相談に乗るのかを決めて行けばいいのではないでしょうか。

自己責任で八つ当たりするような彼女ならば、諭すのかそれとも、、、学ぶことをしない彼女の場合はさっさと捨ててしまう方が身のためですよ。