お互いなんて呼ぶ?二人の距離がグッと縮まる彼女の呼び方とは!?

彼氏だけが呼ぶ特別感のある彼女の呼び方は?

ステイタスな関係性に発展しようと思えば、彼女の名前の呼び方を特別感のあるものに変えると、距離が近くなりますよね。

できればカップルのお互いの呼び方を周囲とは違う名前で呼んで距離を詰めるカップルは多いものです。

例えば、クン、ちゃんをつける。

もう少しインテリジエンスのある人だと、さんを呼称につけるというように、名前に呼称をつけて呼ぶというカップルは結構いますよね。

さらに親しくなると、名前を省略させて呼んだり、もじったりしてカップルしかわからないあだ名で名前をつけて呼んでいることが多いようです。

周囲と呼び名に差をつけておきたいという気持ちは仲のよいカップルである証拠、2人だけの時間で呼ぶ呼び方を考えることも楽しみです。

彼女の名前にさん付けの呼称で呼ぶ男性

インテリジエンスがあって、女性慣れしておらず女性に敬意を払う男性は、名前にさんをつけることが多いです。

こういう男性は、女性のことを尊敬したい、自分よりも上にいて欲しいという願望を持つ男性です。

なので自制心があり頼りになる自律した女性を好むという傾向があります。

女性の方からちゃん付けで呼んで欲しいと言っても、決してちゃんつけでは呼ばず、さんにこだわる男性です。

年齢関係なく女性をさんと呼ぶ男性は希少なので、女性にとっても出会いたいタイプになります。

もしも彼女に敬意を表したいのならば、名前にさんという呼称をつけて呼んでみると大人の男性っぽいし、年上女性が対象でもさん付で呼ばれると親しみ安い呼び方になります。

名前にちゃん付けで呼ぶ男性

彼氏が年下の場合、名前にちゃん付けで呼ぶことが大半ですよね。

同年代の場合でちゃん付けで呼ぶことが多いのは、よほどお付き合いの期間がながくて家族のような親密な関係性になっている場合に多いです。

でもこれは、2人だけの間でちゃん付けする分にはいいのですが、社会性がない呼び方なのでシチュエーションをみて使う必要がありますよね。

女性の中には大人になってちゃん付けで呼ばれることを嫌う女性もいますから、ちゃんつけはよしわるしです。

男性にも同様のことが言えます。

公共の場で〇〇くんと呼ばれるより、〇〇さんと呼ばれた方が社会人として認められているということになりますから、大人であればさん付が常識的ということは覚えておきたいものです。

誰も知らないニックネームをつける

彼女にニックネームをつけて呼ぶというカップル、これはもうかなりカップルとしては成熟していますが周囲からみるとマゾとかマニアックという印象を与えてしまうことも多いです。

それでもお互いが同じ趣味をもち、2人しか知らないニックネームを与え合うということもなきにしもあらず。

それはそれで幸せなカップルであることは違いないのです。

時々職場の仲間同士でも嫌いな同僚にあえて親しみを持つようにニックネームで呼ぶこともあります。

みよじの一部をもじった呼び方からみよじにちゃんをつける呼び方までいろいろです。

呼ばれた方よりも呼ぶ方に効果を発揮するところがあるので、女性から男性にこう呼んで欲しいとリクエストすれば親しみが湧きますよ。

いつまでもみよじで呼ぶカップルの心理

彼氏が女性のことが好きでステイタスな関係になりたいとき、または男女の立場が逆転しているとき、必ず親しみのある呼び方で相手方の名前を呼ぼうとするものです。

彼女がいつまでも、〇〇さん、〇〇くんなどと公共性の高い呼び方で呼んでいるという場合、それは彼女の気持ちの中に彼氏への信頼が育っていないことの証拠なのかもしれませんよ。

大抵、親しい関係のなりたいときは、自分だけの呼び方を考えようとするものです。

でも、カップルが周囲からの呼ばれかたを一度も聞いたことがないなどの場合、いつまでもその他大勢の〇〇さん、くんという呼称をつけて名前を呼ぶことが多いかもしれませんね。

名前の呼び方は心の距離と思って、彼女に接するといいかもしれません。

彼女の呼び方でいろいろなことがみえる

彼氏の彼女に対する呼び方一つで彼氏のいろいろなことがわかってしまいます。

例えば、彼氏の社会性、成熟度、女性に対する経験、このみ、などが現れてくるのでしょう。

彼女の方も自分が呼ばれて嫌な呼称であれば拒絶してもいいのでしょう。

ニックネームをつける方は親しみの気持ちを表していても、彼女の方は嫌な気分になるのであればその呼び方は問題なのでやめてあげないといけません。

そもそも、最初は〇〇さんとさん付で呼ぶことが基本になります。

彼女であればみよじではなくて、〇〇さんと呼ぶようにしたいものです。

そうすれば尊重されてる、大事にされてるという気持ちが出てきますよ。

ちゃんは子供っぽいので、成人女性には避けたいところです。