夜はどうやって誘う?彼女を帰らせない方法

彼女といい感じに夜を迎える方法とは?

付き合っていれば日中の明るい時間にデートをすることが多いですよね。

でも、小学生ではないので日が暮れたから昼間のデートで、はい。さようなら
ということもなく、そのまま夜の時間の持ち越すことが狙いにもなります。

でも、なんとなく惰性で夜まで過ごしてエッチしてとなればだらしがなくてメリハリがないですよね。

そこで、夜は夜でムードのあるシチュエーションで食事をするという方法があります。

食事をすればおおよそそのあとの過ごし方も彼女には察しがつくことが多いです。

ホテルで食事して部屋でエッチをするというパターンに持ち越すためにも、どのくらい彼女と時間を過ごしてから、何度目のデートということもかなり重要になってきます。

ホテルデイナーと部屋を予約する

お付き合いして三ヶ月くらい経てば数回のデートを重ねて行くことになります。

そうしてやがて、彼氏が夜のデイナーに彼女を誘えば彼女もだいたい今日エッチするんだなということまで悟ようになります。

よほど鈍感な女性でもない限り、ホテルのデイナーまでご馳走してくれたあとのことを想像することができるようになります。

ホテルデイナーと部屋を予約しておけば準備は万端です。

ここで注意したいことは食事のときお酒を飲みますよね。

彼女がお酒に弱くて泥酔してしまったら、寝ている彼女を襲うことにもなりますので、意識なくなるまで飲ませないことがポイントになります。

あとからそんなつもりではなかったと言われないためにも意識のある状態でしたいですよね。

お酒はほどほどに飲ませる

お酒はないよりはある方がムードが出ますがほどほどに飲ませるように心がけたいものです。

お酒に泥酔して意識のないままベットに横たわり。

その間に彼氏に行為をされたという女性が案外多いものなのですが、あとあと必ずトラブルに見舞われるものです。

意識がないのにされた、覚えていない、そんなつもりはなかったのに、などなど後からあとから文句が出ることが多いです。

なのでレイプと言われたくないならば泥酔させた状態で襲ってはいけませんよね。

必ず意思が確認することができる状態でお互い、納得した上で行うようにします。

そうすれば一晩の思い出であっても、継続する関係でも男女ともに諍いのない良き思い出になる可能性が高いのです。

メリハリをつけたデートを心がける

いつも一緒にいていつもだらだら過ごす、というメリハリにかけた付き合い方では関係性が進んでも味わいがありませんよね。

いつの間にか体の関係になっていたなんて避けたいところです。

できれば記念日に夜のデートに誘うとか、記念日がないなら記念日をあえて作ってしまうという方法が楽しいですよ。

男性は記念日などどうでもいいし、女性が好きなものと思いがちですが女性を誘う口実としては記念日以外にはあまりありません。

何かのお祝いに誘うという方法もありますが、記念日もしくは何かのお祝いが一番デートや食事に誘いやすい方法になります。

例えば、目的が何もないのに食べ放題に行こうと行っても女性は?となりますから記念日がポイントです。

女性はお祝いされることは大好き

女性はお祝いをしてもらえることに喜びを感じるものです。

例えば、お誕生日のお祝いでもいいので自分は周囲にお祝いされる存在だということが大切にされていることだと認識できるようになります。

なんでもいいのでお祝いを口実に誘ってみるとうまくいく可能性が高いのです。

また、夜に女性を誘い出すというときはきちんとした口実がなければ難しいものです。

中途半端な用事ではなかなか相手にされないことが多いので、何処何処を予約したから食事に行こうと場所に特定して教えてあげると安心してオッケーをくれるものです。

夏であればイベントが多いので、何処何処の花火大会などと色々と口実を作っては確かな用事を提案して誘う方法が一番成功率が高いです。

夜に彼女を誘う方法はあ食事が決めて

人間お腹が空いていれば何もできません。

やっぱり、彼女を夜に誘い出だす方法としてはデイナーをともにすることなのです。

そして、焼き鳥、おでん、ラーメンなどの屋台系ではなくてレストラン、高級レストランならばなおよしです。

もしも彼女とそういう関係になりたいのならば、雰囲気のいいレストランで食事をしながらあとは、夜景を楽しみ、ホテルの部屋へ移動するというパターンが一般的な流れでしょう。

夜景の綺麗なレストランは昔から人気のスポットとしてカップルに愛されて利用されるので誰でも間単に見つけやすいことですよ。

何と言っても食事の場所が決めてになるので、雰囲気はもちろんロマンティックな雰囲気の場所を選ぶようにしたいものです。