彼女が未成年の場合に慎重にならなくてはならないこととは!?

未成年の彼女を好きになったら心に決めるべきことは?

もしも未成年の彼女を好きになってしまったら、必ず責任をとって結婚しなければならないとまで思い込む必要はないんです。

ただ、付き合うときのスタート時点で未成年であるということで相手側の男性にもいろいろと心に決めておかなければならないことがあります。

大人の男性であれば、ただめんどくさい事態になることを避けるために未成年には手を出さないことが多いですが、もしも好きになってしまい彼女が成人するまで待てないのならば、未成年の彼女の意志の信用度は低いと心得て付き合うようにしましょう。

逆手にとれば、未成年の彼女だから男性の思うようにあやつることも可能になるとも言えますが、背後には法律と親兄弟がいるということを念頭においてお付き合いを選ぶ必要があるということなのです。

未成年の彼女のYesは信用しない

年齢を問わないイベントや遊びに誘うなら関係ないことでも、体の関係をもつとなれば別です。

彼女が自由奔放に育っており、両親は家族公認の仲でも未成年で妊娠したとなれば家族や親族も黙っていないことも多いです。

彼女の人生に将来設計があるとしたら別れを迫られることもあるのです。

お付き合いしていた時に、こうなることも予想できたのでは?と男性側が主張しても女性側の家族や親族には通じない声となってしまうこともよくあることです。

人の気分や考えは出来事で大きく変わるのです。

もしも彼女が体を許しても、責任をとるつもりでも妊娠した時には周囲の反応はわからないという面倒があるということをよく考えてお付き合いしておきましょう。

本気なら成人するまで体は求めないこと

未成年の彼女のことが本気で好きならば、成人するまで体の関係は持たないようにしてあげるのも優しさです。

たとえ彼女から求めてきても、断るようにしてあげることも年上男性のつとめです。

それは彼女がまだ未成年であるからです。

未成年でも結婚、出産は許されていますが世間は法律と同じ目で見てくれるとも限らないのです。

冷たい周囲の視線、対応を彼女に担がせることのないように成人するまではステイタスな関係にはならないようにしたいものです。

成人するまでは仲間同志としてお付き合いを留めておく自制心も男性側には必要とされます。

両親公認の仲でも、何かが起きた後では責任の重さが違うということを念頭においてお付き合いするべきです。

仲間の1人として付き合うという方法

彼女が未成年の間は仲間のうちの1人としてお付き合いするという選択肢もあります。

その方が彼女のそばにいることもできるし、いざ彼女が彼氏欲しいなという時立候補することもできるのです。

もしかしたら、そのうちに彼女のことに興味がなくなるかもしれないし別の女性のことに関心を抱くようになる可能性も高いのです。

こうした可能性からも、ある程度は距離をおいておくことも必要なことです。

未成年の女性と付き合ってできることも限られているし、遊びにいく場所も限られていますよね。

なので、適度の距離を保ちつつも、男性自信が自分の気持ちを探るという方法がおすすめです。

年上の男性であればなおさら、成人女性とお付き合いする方がメリットが大きいですよね。

周囲を固めるという近ずきかた

まだ未成年の女性の場合では、家族関係が成人女性よりも密接である場合が多いですよね。

両親その背後に親族が口を出してくるということまであります。

何の責任をとるわけでもないのに口だけは出してくる親族はどこにでもいるものです。

彼女とのことが本気であるならばできれば、家族のうち両親との親睦を深めておくように心がけたいものです。

両親からの信頼を得るには、未成年の時期に体を求めないことです。

家族ぐるみでしか会わない、仲間としか会わないということも信頼を勝ち取る方法です。

本気で長くお付き合いをしたいのであれば、両親公認でお付き合いをするように、体の関係は早々と求めないということが一番のポイント増になりますよ。

未成年の彼女を選ぶということの責任

未成年の女性に近ずく男性は同年代の男性が多いですが、年上男性から近寄られた場合、当人はのぼせあがるくらいで済むかもしれませんが、かなり周囲の家族、とくに両親が心配をします。

弄ばれたりしないか?ということを心配するわけです。

なので、大きく年齢の差があり相手の女性が未成年である場合、家族との付き合いしかしないとか、あえて距離をとって知り合いの関係を築く方が身のためなのです。

周囲からの信頼が得ら、彼女が成人すれば家族からお付き合いの許可をもらう、そして晴れて付き合うという関係がまさに健全な関係の築き方です。

今すぐ体の欲求を満たしたいという男性ならば、自分の意思がある成人女性と付き合う方を選択するべきです。